アメリカン・バーニング
ホーム > 作品情報 > 映画「アメリカン・バーニング」
メニュー

アメリカン・バーニング

劇場公開日

解説

俳優ユアン・マクレガーが長編監督デビューを果たして自ら主演を務め、アメリカ近現代史を背景に描いたフィリップ・ロスの小説「American Pastoral」を映画化。1960年代のアメリカ。手袋製造会社を経営するユダヤ系アメリカ人の長男として生まれたシーモアは、高校時代はスポーツのスター選手として活躍、社会に出るとビジネスで成功して美しい妻と娘にも恵まれ、順風満帆な人生を歩んでいた。ところがある日、妻の不倫が発覚し、さらに思春期の娘がベトナム戦争反対を掲げる過激派グループに加入してしまう。娘は爆弾テロ事件の直後に行方がわからなくなり、シーモアは何年にもわたって彼女を探し続けるが……。妻役を「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、娘役を「17歳のエンディングノート」のダコタ・ファニングがそれぞれ演じる。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17年7月15日~8月18日)上映作品。

作品データ

原題 American Pastoral
製作年 2016年
製作国 香港・アメリカ合作
配給 ツイン
上映時間 108分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全5件)
  • 結局他人はわからない 非常にいい映画。妻も娘も、結局は別人。娘の吃音、変化する夫婦関係、反戦運動という社会背景、リアルで非常に現実的な人間ドラマを通じて、人生の意義を考えさせてくれる。 ...続きを読む

    素子 素子さん  2018年4月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 父と娘 主人公(ユアン・マクレガー)は革手袋メーカーの二代目社長の好青年、同じ高校のミス・アメリカ(ジェニファー・コネリー)と結婚、娘(ダコタ・ファニング )が一人できるが、吃音症に悩む。 娘は成長して... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2018年4月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 重厚 ネタバレ! 袋製造会社を経営するユダヤ系アメリカ人の長男として生まれたシーモアは、高校時代はスポーツのスター選手として活躍、社会に出るとビジネスで成功して美しい妻と娘にも恵まれ、順風満帆な人生を歩んでいた。... ...続きを読む

    Takashi Takashiさん  2017年10月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アメリカン・バーニング」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi