ロング,ロングバケーション

劇場公開日

ロング,ロングバケーション
12%
61%
24%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドという2人の名優が共演し、人生の終着点を見据えた70代の夫婦が旅する姿を通し、過ぎ去った時間への慈愛や人生を謳歌する姿を力強く、ユーモラスに描いたヒューマンドラマ。アルツハイマーが進行中の元教授のジョンと、末期がんに侵されている妻のエラ。夫婦生活は半世紀を迎え、子どもたちも巣立ったことで人生の責任も果たしきり、夫婦水入らずの自分たちだけの時間を過ごすことができるようになった。ジョンが敬愛するヘミングウェイが暮らした家のあるキーウエストを目指し、愛車のキャンピングカーで旅に出た2人は、毎晩思い出のスライド写真でこれまでの人生を振り返りながら、ひたすら南を目指して進んでいく。監督は「人間の値打ち」「歓びのトスカーナ」などで知られるイタリアの名匠パオロ・ビルツィ。

2017年製作/112分/PG12/イタリア
原題:The Leisure Seeker
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ヘレン・ミレン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2017 Indiana Production S.P.A.

映画レビュー

4.0名優2人の真に迫った演技に見惚れる。

村山章さん
2018年1月29日
PCから投稿

笑える

悲しい

楽しい

年老いた夫婦が、自分たちがどんな最期を迎えるべきかを考えながら、人生最後の旅をする。夫はアルツハイマーで妻は末期がん。よくあるといえばよくある老人話だし、痛切といえば痛切な話である。

ところが、夫婦を演じたヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドは老いというテーマと真正面から向かい合い、決して悲しむべきものとして演じていない。人生には必ずや訪れる局面と折り合いをつけようとする夫婦(主導権を握っているのはボケていない妻の方だが)を、溌剌と、そして楽し気に演じているのである。

やせ我慢というのではない。老いたからといって心が老いるわけでもない。いや、老いる部分もあればいつまでも瑞々しい部分も、どちらも持っている。そんな当たり前であるべきことを、あくまでも平易に、これ見よがしの熱演に頼らず、愛嬌をもって描き切った監督と出演者たちに拍手を送りたい。

ちょっとよくある感動話だと思って舐めていた。これはかなりの拾い物である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

3.5二人の大俳優の人間的迫力に気持ちよく酔いしれる

2018年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

夫は認知症、妻は末期ガン。そんな高齢夫婦をヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドが体当たりで演じ、決してお涙頂戴ではない、人生の酸いも甘いも散りばめたロードムービーが出来上がった。何よりも年輪を刻んだ二人の人間的な迫力が、破天荒なまでににじみ出ているのが素晴らしいところ。一路、目指すはかつてヘミングウェイが暮らしたフロリダ州のキーウェスト。寄せては戻る夫婦や家族の思い出を8mm映像などで蘇らせながら、なおかつキャンピングカーは選挙戦真っ只中の「変わりゆくアメリカ」の姿さえも車窓に鮮明に映し出そうとする。彼らはまるで目的地までの距離のみならず、時間さえも旅しているかのようだ。あらゆる意味での人生のトラベラー。求道者。本作を手がけたのがイタリア人監督のパオロ・ヴィルズィだという点も興味深い。なるほど、こういった視点でアメリカを描くという難しい所業も、外国人監督だからこそ成し得たのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

2.51人で置いていくわけにはいかないという思い

yuyuさん
2021年6月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
yuyu

4.0アルツハイマー・ドライビング

kossyさん
2021年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 車の運転はさせちゃダメだろうと批判的になりつつも、ついつい見入ってしまうロードムービー。その運転に関しては、死期も迫り、人生をどう終えるかを考えていた妻エラにとってはどうでもいいことだったのだろう。エンディングを見てそう感じた。

 ヘミングウェイをこよなく愛する元大学教授。教え子の評判も良かったようで、卒業後も彼の自宅に遊びにくる子が多かった。目的地も未だ行ったことのない、ヘミングウェイの家があるキーウェスト。泊りはほとんどキャンプ地で、夜になると、息子が作ってくれたスライドショーを楽しむ二人。毎夜、ドライビングシアターで映画鑑賞を楽しんでるかのような老夫婦の後ろに人が集まってきたりするのだ。

 ユーモアあるシーンも全ては、認知症ではあるがヘミングウェイを語りだすと止まらない夫ジョンの姿があってこそ。でも、実際に認知症患者を家族にもってる人にとっては笑えない。失禁シーンも多かったが、ブリーフ派、ボクサーパンツ派よりもオムツ派をお勧めしたくなってくる。なぜオムツにしなかったんだろうな・・・そこだけは疑問が残る。また、トランプ支持者たちのデモに交じって「make America great aggain」などと一緒になって叫んだりするシーンなんてのは、旬を逃すと面白みが半減しそう。

 二人の絆を確かめるためのロードムービー。「また戻ってきてくれたのね」というセリフも多かったりするが、昔に戻ってしまうと、まるで別世界に存在しているかのような症状。最後には私の元に戻ってきてねというエラの気持ちが伝わってきて泣けてくる。しかし、病魔は彼女の方が深刻だったのだ。

 終盤、夫の浮気が発覚する。それも40年ほど前の浮気。許すことができるのか?と心配にもなるのですが、ヘミングウェイの家が観光地化されていたことのショックの方が大きかったかもしれない。まぁ、知らない方がよかったですね・・・

 キャロル・キングから始まり、ジャニス・ジョプリンで終わる。懐かしき音楽の旅もいい。選曲のセンスの良さも光ってました。海の上の橋がとても美しかったので、ついグーグルで検索。キーウェストって島じゃん!とビックリしてしまいました。

 最後はどうなるんだろうかと思っていたら、なんとなく『きみに読む物語』を思い出してしまうエンディング。殺人罪まで問われそうだとか、賛否両論ありそうですが、残された子どもたちにとってはとても良いことだと思います。認知症患者を死ぬまで介護するしんどさを取り除いたのですから、息子たちの電話には出なかったけど、これが思いやりだったのだと感じました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る