オー・ルーシー!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
オー・ルーシー!
オー・ルーシー!
6%
51%
34%
4%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で上映された平柳敦子監督による桃井かおり主演の同名短編映画を、寺島しのぶを主演に迎え、平柳監督自身が長編作品として再映画化。近い将来やってくる「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの毎日を送る43歳の独身OL節子。ひょんなことから通うことになった英会話教室の授業で節子は、教室内では金髪のカツラをかぶり「ルーシー」というキャラになりきることを強いられた。アメリカ人講師ジョンによるこの風変わりな授業によって節子の眠っていた感情が解き放たれ、節子はジョンに恋をする。そんな幸せな時間も長くは続かず、ジョンは節子の姪の美花ともに日本を去ってしまう。主人公の節子を寺島が演じ、南果歩、忽那汐里、役所広司らが出演するほか、「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」のジョシュ・ハートネットが参加。

2017年製作/95分/R15+/日本・アメリカ合作
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0どん詰まりOLの凍てついた心を解かすハグ

2018年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

楽しい

あり得なさそうだけど、あり得て欲しい。人生どん詰まりのキャリアOLの爆走劇には、設定に多少の無理はあっても、映画だけに許された規格外の展開と、観る側の胸にストンと落ちる人生の真実が潜んでいる。公私共に破綻寸前のヒロインが、訳あって受講させられるハメになった怪しい英会話スクールのアメリカ人講師から受けたあくまで教育上の"ハグ"に、かちかちに凍り付いていた女心が氷解する。という、話の起点に、何ら絵空事の要素はないし、それから始まる、彼を追っかけてのアメリカ西海岸弾丸ツアーの紆余曲折は、監督がアメリカ留学経験者だけあって、その殺伐感に妙な説得力がある。基本的にこのような大胆な舞台転換が、今の日本映画に最も欠けている発想とも思うし。何しろ、主演の寺島しのぶと、英会話教師役のジョシュ・ハートネットにそこはかとない味がある。活躍した時代も分野も場所も異なる2人を出会わせる。これも映画の醍醐味であることは言うまでもない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

3.0南果歩がいいね!

としさん
2020年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年11月8日
映画 #オー・ルーシー (2017年)鑑賞
ストーリーは面白い設定で、脚本もいいと思いますが、後半迷走した感じがありますね
#寺島しのぶ と #南果歩 の姉妹喧嘩はとても見応えがあって良かったんだけどな
アメリカに行ってからがとっちらかっちゃったかな!
#役所広司 はやっぱ凄いな!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

4.0東京

nobさん
2020年11月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

東京で暮らし初めて最初に驚くのは、電車が頻繁に遅れることだった。そしてその原因として飛び込み自殺が非常に多いことに、また驚いた。最初は「こんなに人間が多ければ、仕方が無いのかなぁー。」くらいに思っていたが、そのうち“東京“という街の異様さに気づき始めた。この街は何か、“変“だ。オリンピック開催で一時的に人口が増えたこともあったろう。だが数では無い人間の“質的な異様さ“を感じていた。そこに“コロナ“が来た。
人は減った。通勤電車の乗客は明らかに減った。ただ、統計を見たわけでは無いが、電車に身を投げる人の数は減っていないように思える。そして相変わらず、すれ違いざまに肩が当たろうが、何も言わずに通り過ぎてゆく。

本作は、そんな街に暮らす普通のOLの普通じゃない物語である。
「ロードムービー」の体裁をとってはいるが、結論から言えば「非ロードムービー」と呼びたくなるような内容となっている。“アイデンティティの回復“や“自由への回帰“といったものがロードムービーのカタルシスだとすれば、本作には見当たらない。反対に、あがけばあがくほど、しがらみの糸が体に絡まる。後半の舞台となるアメリカの空も、所謂 “異化効果“ 的に作用して登場人物たちを突き放す。“救済“や“癒し“、“逃避“すら簡単には手に入らないことを繰り返し突きつけてくる。

人が自らの命を絶つ理由は様々だろう。特に今はコロナ禍も含んだ自然災害による経済的な絶望や圧倒的な喪失といったものに目が行きがちで、経済活動が構造的に内包している “コミュニティ崩壊“ に言及されることはめっきり少なくなった。2017年作品ではあるが、今だから見ていただきたい作品であるように思う。

逃れられないしがらみの中で必死に生きる主人公は、“可笑しさ“を含んだ“可愛さ“があり、愛おしい。

残念な点をあげれば、主人公が所属する会社のディティルなど、もう少し繊細さが欲しかった。ただそれも、大きなマイナスポイントでは無いような気がする。

不器用に生きる普通の私たちへ、素敵な応援歌である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nob

3.0ちょいと!

M hobbyさん
2020年10月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

寺島しのぶが痛いOLおばさんになってて、もう見てるのが辛いくらい、なんだこの人はのキャラを演じていました。
なんどoh! Lucy!!って言ってしまったか分からないくらい、Lucyは困ったおばさんでした。

ジョシュ・ハートネットもひっさしぶりにみたけど、相変わらずbaby faceって感じでした。しかしまぁ、よくこの映画のオファー受けたね。

いつの時代も恨み辛みは怖いです。
女性の嫉妬、駆け引きは見ていて見苦しいなぁと思うけれど、人間らしいといえばそうだなぁと思う。

出演者が豪華なのに、内容が今ひとつ私的には盛り上がらなかったなぁなので、星は3つ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る