レオンのレビュー・感想・評価

メニュー

レオン

劇場公開日 2018年2月24日
30件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

消費されない「竹中直人のキテレツ演技」の奥深さ

キザでセクハラな中年社長から、一転して中身が女性のナヨナヨ男へ。竹中直人が変人キャラを演じるのは映画やテレビで数知れず……のはずだが、不思議と見飽きた感じがしない。一見してワンパターンの芝居のようで、実は演技のバリエーションの引き出しを無数に持っていたりして。あるいは、その愛すべき人間力とでもいうべきパワーが、まずいそうにない人物を魅力的に輝かせるからなのか。

テレビの歌番組を見ないので「KARA」の元メンバーだという知英(ジヨンと読むのね)のことも初めて知ったが、日本語の台詞もほぼ違和感なく聞けるし、日本の女優で竹中直人の変人演技にここまで張り合える人はなかなかいないのでは。かなり健闘したと思う。

AuVis
AuVisさん / 2018年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画やぁ。

おもんない。

コンブ
コンブさん / 2018年7月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まぁ、ありきたりコメディ。

竹中直人が好きなので見たけれど、ストーリーはありきたりで面白くない。

竹中直人は、たまーに訳わかんないことをぶっ込んでくるから面白いんだと理解した映画。笑

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知英は頑張っている。しかし竹中アクが強い。

農業関連の社長と派遣社員女性の身体が入れ替わり会社騒動に巻き込まれるドタバタコメディ。

前半は竹中直人のアクが強いアテレコのせいで凄くつまらなかったが、中盤からは普通に楽しませてもらった。

元「KARA」メンバー、知英は凄く頑張っていた。
しかし、竹中アテレコ&韓国(いや中国に近いかな)系独特のリアクションのせいで1人浮いている感が強かったです。残念。

物語も男女入れ替わりの王道ものですので、無難に観れるが新鮮さは無い。
だが、邦画の映画すれば合格点には入ると思う。

とにかく竹中アクが強いので、それを気にしなければ視聴どうぞ。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年7月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

馬鹿馬鹿しいけど、面白かった☺️

竹中直人らしさ満載。ネタ、ストーリーはベタだが、徹底していて、底抜けし、面白かった‼️知英も頑張ってオヤジ演じたね😁

シゲ
シゲさん / 2018年7月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知英がまぶしい

ヒップダンスの大ヒットの頃から、ゆる〜く成長を見てきましたが、見るたび実力を上げていくジヨンがまぶしい。芸能人力も日本語力も。今回、竹中直人さんとの共演で、また新たな引き出しを作ったのではないでしょうか。ストーリーは馬鹿馬鹿しいの一語ですが、暇つぶしには文句なくおすすめ。とにかく笑えます。セクハラが爆発しているのでお子様には不向きです。

Betty
Bettyさん / 2018年3月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純に楽しめる作品です。

入れ替わり系はよくある設定ですが、単純に楽しめました。
主役の2人の演技力は本当に素晴らしく、知英さんの振り切りっぷりには、脱帽です(笑)

いのくん
いのくんさん / 2018年3月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても面白い

竹中直人さんの演出・演技に何度も笑いました。
知英ちゃんの演技、とっても上手。

さき
さきさん / 2018年3月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑ったぁ

楽に見れるコメディ映画です。
知英さんに竹中さんのコメディタッチの演技、両者とも素晴らしかったです。

腹痛かった。笑

Nobito
Nobitoさん / 2018年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知英ちゃんサイコー

単なるオチャラケかと思いきや、感動あり涙あり笑いあり、そしてキチンとオチがついている。素晴らしい作品でした。
なかでも知英ちゃんの熱演が光る作品だと思います。もっと上映館増やした方が良いのでは?と思いました。
是非映画館で❗

タイガー力石
タイガー力石さん / 2018年3月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可もなし不可もなし

デートムービーに不向き!予告編を見て期待したほどには、大して笑えない!
ここのサイトは、相変わらず評価が高過ぎ。過度な期待は禁物です…貴方が知英のファンと言うなら、話は別ですが(笑)
*ストーリーはコメディとして良い素材なのに、今ひとつの仕上がり。また、竹中直人のキャラクターを活かしきれていない。

stoneage
stoneageさん / 2018年2月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

神キャスティング‼︎

出演者全員がハマり役だった。期待通りの笑いを提供してくれる作品は、やはり心地が良い。特筆すべきはジヨン(知英)。過去の名声に恥じない「はじけっぷり」で、彼女だけで星⭐️🌟✨🤩を進呈したい。細かい事は抜きにして、竹中直人の狂喜の演技に負けない熱演は立派の一言。正統派の美人コメディアンなる路線が存在するなら、彼女は今間違いなく先頭集団を走る資格と資質があると思う。
私は産經新聞の読者だが、彼女だけは支持したい。まだまだ、この国での活躍を期待したい。

どんすけ
どんすけさん / 2018年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台挨拶も楽しかった

バルトの主題歌ライブ付き舞台挨拶に行ってきたが知英が美しかった。
映画は超ナンパ氏が強烈な印象だった(笑)
どうして入れ替わったのかがイマイチ不明確な気もするがコメディとしては子細な事かも(笑)金蹴りのとこは入れ換えず知英にやってほしかったかなぁ(笑)

toshi
toshiさん / 2018年2月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろい!!

めっちゃおもしろい。
知英のスタイルもエロい。

けーちゃん
けーちゃんさん / 2018年2月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全体的笑える

入れ替わってる時の実際はこうです的シーンが竹中さんだからこそ成り立つなって思った!

リョウタ
リョウタさん / 2018年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知英最高

レオン最高に面白かった爆笑
ジヨンの変顔と走り方が面白すぎるけど可愛さもあってほんとに良かった!!女優だけどあそこまで振り切って演技するジヨンさすがだわ👏
あと竹中直人のシーンほとんど面白かった🤣

何もかも最高。こんなに映画館で笑ったの始めてだわ爆笑
面白いだけじゃなく感動する所もあってほんとに良い映画でした!!
キャストがこのメンツで良かった💖

あゆ
あゆさん / 2018年2月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルに隠されたオチに、"なるほどね"とひざを叩く ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いきなりマイナスイメージだったりする。というのも、オジサンとOLの身体が入れ替わるという陳腐な設定だし、タイトルがリュック・ベッソンの代表作「レオン」(1994)を連想させるのはいかがなものか…と。

しかしフタを開けてみると、意外と面白い。原作はスマホマガジン 「Hot-Dog PRESS」の連載マンガなので、映画化など想定外だから、名画とカブるとは思いもよらなかっただろう。そして観ればわかる、"重大なオチ"がタイトルには隠されている。

OL・小鳥遊玲音(たかなし れお) は派遣社員で、彼氏にフラれたうえに派遣契約を解除される。その玲音と身体が入れ替わるのは、玲音がクビになった会社の社長・朝比奈玲男(あさひな れお)。一代で会社を立ち上げたワンマン経営者で、典型的なオンナ好きのセクハラ上司である。

OL・玲音を演じるのは、一世を風靡した韓国の少女アイドルグループ"KARA"の元メンバーである知英(ジヨン)。映画初主演である。

KARA脱退後はソロ活動と並行して、たびたび日本のドラマに出演している。スタイル抜群のジヨンだけに、地味で引っ込み思案のOL玲音がファッションで見違えるように変化する様子はダイナミック。何よりも"ジヨン"だと言われないと、韓国人であることすら忘れてしまうほどの流ちょうな日本語。失礼ながら、韓国人タレントの"ごじゃいます"発音は悪寒が走る。なのでジヨンの演技に大拍手である。

セクハラ社長を演じるのは、竹中直人。そのオヤジっぷりはイメージ通りといえば、その通りで新味はない。しかしその共通認識を逆手にとって、ジヨンのシーンをそのまま竹中直人で演じさせる。

男に迫られるジヨンが、スカート姿の竹中直人だったりして、たびたび劇場は笑いに包まれる。これは劇場版の「ぼくたちと駐在さんの700日戦争 」(2008)や、テレビドラマを数多く手掛ける塚本連平(れんぺい)監督の笑いのツボがいかんなく発揮されている。

タイトルに隠されたオチに、"なるほどね"とひざを叩く。

(2018/2/24 /ユナイテッドシネマ豊洲/ビスタ

Naguy
Naguyさん / 2018年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろそうな予告編から

全く期待を裏切られることなくおもしろかった。
知英さんがすごくよかった。

reo13
reo13さん / 2018年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気楽に見られる一本 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何にも考えずに観られる映画ないかな?
と思った時に見かけて鑑賞。

頭を使わずに始終「ふふっ」と笑える映画でした。

知英さん、あまり存じ上げなかったのですが(すみません)、可愛くて強くてはっちゃけた演技に楽しませてもらいました。
スタイル抜群で何を着ていてもカッコイイ!

君の名は。のパロディのあとの

「第一部 完」

に笑う。
前半の細かいモチーフ(伏線)が後半一気に回収されるのも面白かった。
竹中直人さん相手に演技する共演者の方々がよく吹き出さないなぁとそこにも感心(笑)。

センシティブ過ぎるかも知れませんが、性の表現はちょっと眉をひそめる方がいるかも、と感じた。
(女は年をとったらどうの、という表現や男性の描き方など)

この辺りの感覚がもっと現代に寄り添っていればもっと多くの観客を見込めるのではと感じました。

あえてのチープな演出も、自分は楽しく観られました。

友達とワイワイ観たい一本。

彬
さん / 2018年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありえない。古い。受け狙いすぎ。

映画なので、笑っておもしろかったと
何も考えないで楽しめれば良いけれど
男女が入れ替わる的なネタは、おおげさに
驚いたり、知らない事を知っていて不思議
がられたり、しかし、お互いの立場や本当の
その人の全てを知ってしまって動揺したり
するのは、現実的に考えれば、何も話せなく
なったり、かえって混乱して、死ぬ事も
考えるかもしれないのに、コメディ映画
ならではのお決まりパターンで、おおげさ
に振る舞ったり、笑いを誘うのはどうかと
思う。何も話さなくても、サイレント映画
の目の動きや手の動きで笑わせる事だって
できると思う。あまりにも台詞で笑わせよ
うとするので、新しさがなくて転校生の映画
から35年過ぎているのに、またこれかと
思ってしまう。入れ替わる映画はうんざりだ。あと、ジャンレノのレオンと同じ
タイトルにも、腹立たしくて許せない。
好きな映画なのに。

カマッチ
カマッチさん / 2018年2月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

30件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi