「消費されない「竹中直人のキテレツ演技」の奥深さ」レオン AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「レオン」 > レビュー > AuVisさんのレビュー
メニュー

レオン

劇場公開日 2018年2月24日
全33件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

消費されない「竹中直人のキテレツ演技」の奥深さ

キザでセクハラな中年社長から、一転して中身が女性のナヨナヨ男へ。竹中直人が変人キャラを演じるのは映画やテレビで数知れず……のはずだが、不思議と見飽きた感じがしない。一見してワンパターンの芝居のようで、実は演技のバリエーションの引き出しを無数に持っていたりして。あるいは、その愛すべき人間力とでもいうべきパワーが、まずいそうにない人物を魅力的に輝かせるからなのか。

テレビの歌番組を見ないので「KARA」の元メンバーだという知英(ジヨンと読むのね)のことも初めて知ったが、日本語の台詞もほぼ違和感なく聞けるし、日本の女優で竹中直人の変人演技にここまで張り合える人はなかなかいないのでは。かなり健闘したと思う。

AuVis
さん / 2018年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報