ジャコメッティ 最後の肖像

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジャコメッティ 最後の肖像

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスで活動した芸術家、アルベルト・ジャコメッティが最後の肖像画に挑んだ様子を描いたドラマ。1964年、パリ。ジャコメッティはアメリカ人青年のジェームズ・ロードに肖像画のモデルを依頼する。ロードはジャコメッティの頼みを喜んで引き受けるが、すぐに終わると思われた肖像画の制作作業は、ジャコメッティの苦悩により、終わりが見えなくなっていた。その中で、ロードはジャコメッティのさまざまな意外な顔を知ることとなる。監督は、「ハンガー・ゲーム」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズなどで俳優として活躍し、本作が5作目の監督作となるスタンリー・トゥッチ。ジャコメッティ役に「シャイン」でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのバルボッサ役でも知られるジェフリー・ラッシュ。ジェームズ・ロード役に「ソーシャル・ネットワーク」「コードネーム U.N.C.L.E.」のアーミー・ハマー。

2017年製作/90分/G/イギリス
原題:Final Portrait
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)Final Portrait Commissioning Limited 2016

映画レビュー

1.5ジャコメッティの日常

2019年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

フランスの芸術家ジャコメッティが最後の肖像画である青年との数日間を映画化。

私個人の話になってしまいますが、小学生の頃肖像画のデッサンで褒められ、コンクール出品用で友人の肖像画を描く事になり、上手くいかず終わった(描きたくなかった)過去もあるもので、「肖像画を仕事としている人ってどんな感じなんだろうな?」と思い鑑賞。(その後、小中と美術の道を示されましたが行きませんでした。はい。)

ジャコメッティの芸術についてでは無く、芸術家としての青年との数日間の交流である事は分かってはいましたが、ここまで肖像画について映画作品として絵心が無いとは・・・。
作品過程も観たかった事もあり、残念で仕方ありません。

ジャコメッティの日常。酒を飲み、語り、娼婦と遊び、たまに肖像画を書く。
「気分など乗らない時は、こういうものさ。」
「完成品になるかは分からない。」
と画家の心情は味わえたが、淡々過ぎる映画。

もう少し彼の絵描き部分を映像化して欲しかったな。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
巫女雷男

2.5予習が必要かも

2019年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

アルベルト・ジャコメッティ、高名な芸術家とのことで、おのれの不勉強を反省する。
最期の肖像画のモデルを頼まれたアメリカ人の青年が経験する、いかにも芸術家らしい事象を見せていく。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0芸術家は

Takashiさん
2018年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Takashi

4.0キュートなおじいさん

ふわりさん
2018年2月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

芸術家らしいわがままさを持ち、けれど嫌いになれない可愛らしさも持ちつつ。
離れられない妻と支える弟の気持ちがわかる。
恋人?の登場で映画の中の雰囲気が軽くなり見やすかった。
音楽も可愛い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る