アーミー・ハマー、ジェフリー・ラッシュの再現度に驚嘆「ジャコメッティそっくり!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月26日 > アーミー・ハマー、ジェフリー・ラッシュの再現度に驚嘆「ジャコメッティそっくり!」
メニュー

アーミー・ハマー、ジェフリー・ラッシュの再現度に驚嘆「ジャコメッティそっくり!」

2017年12月26日 15:00

オスカー獲得にも期待がかかる実力派「ジャコメッティ 最後の肖像」

オスカー獲得にも期待がかかる実力派
(C)Final Portrait Commissioning
Limited 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「君の名前で僕を呼んで」(2018年4月公開)で第75回ゴールデングローブ賞にノミネートされ、「ノクターナル・アニマルズ」ではエイミー・アダムス演じるヒロインの夫に扮するなど活躍の幅を広げるアーミー・ハマーが、最新出演作「ジャコメッティ 最後の肖像」について語った。

英国王のスピーチ」や「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるオスカー俳優、ジェフリー・ラッシュが、彫刻家アルベルト・ジャコメッティを演じた本作で、ハマーはジャコメッティの絵のモデルを務める作家で美術評論家のジェイムズ・ロードに扮している。

「僕はジャコメッティの作品が大好きなんだ。スケッチ画も水彩画も最高だけど、彼の彫刻には魔法のような魅力がある。素晴らしいよ」というハマーは、「脚本を読んで、これはすごい作品だと思ったよ。それにジェフリー(・ラッシュ)と共演できるなんて最高だったし、(ジャコメッティの弟ディエゴ役で)トニー(・シャルーブ)も出演する予定だと聞いていたから、迷うまでもなかった」とオファーを快諾した理由を明かす。ラッシュとの共演では、「ジェフリーはジャコメッティ役にぴったりだった。その理由はいくつもあるけれど、彼の口の中にプロスセティックを入れてメイクでしわをつくると、本当にジャコメッティそっくりになるんだ。もちろん素晴らしい才能の持ち主でもあるよ!」と再現度に驚かされたそうだ。

「アルベルト(・ジャコメッティ)とジェイムズの関係は非常に興味深い。作家であるジェイムズは観察者だがら、どんな状況においてもほとんど自らを主張することはない。ちょっと受け身タイプだね」と役どころを解説したハマーは、「ジェイムズは、ジャコメッティについて書くため、ジャコメッティに自分の肖像画を描いてもらうためにこの場にいる。でも、友人であるジャコメッティと一緒に時間を過ごし、彼のことをもっと知りたいという思いが1番強く、彼らの会話の内容が(本作の基となった)伝記に書かれているんだ」と両者の関係性をひも解いた。

「この映画には全ての人が楽しめる要素があると思うよ。単に愉快で面白い映画を見たい人にも向いているし、ジャコメッティのことが大好きな美術学生も、おそらくこれまでにないような洞察を得られると思う。今回の作品では、1人ひとりが多層的で微妙な味わいの素晴らしい映画を作っている。それが、これほど特別な作品になった理由の1つだと思うよ」と締めくくった。

ジャコメッティ 最後の肖像」は、2018年1月5日から全国公開。

(映画.com速報)
鑑定士と顔のない依頼人 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 鑑定士と顔のない依頼人 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,330 「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。
英国王のスピーチ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 英国王のスピーチ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 人前で話せない男が、国民の望む“真の王”になるためにマイクへ向かう―。困難に立ち向かっていく英国王の真実の物語を描いた伝記ドラマ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi