ビジランテのレビュー・感想・評価

メニュー

ビジランテ

劇場公開日 2017年12月9日
49件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

疑問

入江監督は好きだし応援もしてますが、本作品はどうしても脚本に疑問が残るし時間が長すぎるように感じた。

一郎の土地を守りたい理由が今ひとつ
二郎の奥さんのある行為の演出がくどい(セリフでも言うし、コートを脱ぐところも鈍重だし、ラストシーンでも議員の後ろでフォーカスされたり)

うーん
もっとテンポが良ければよかった。

アリンコ
アリンコさん / 2018年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

賛否分れるが個人的にはよかった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず、兄弟の名前が覚えやすいので、え?誰だっけ?とはならないのはとても良い。

久々の骨太ないい映画を見た。
タイトルは自警団という意味だが、自警団として保安警備する中国人街、そこの土地を所有する神藤家(相続権は一郎が所有)が権利をめぐって兄弟間の争いに発展する。

父親の死をきっかけに30年振りに地元に戻ってきた、薬物中毒の一郎。
市議会議員になり、会派のトップから父親が所有する土地を再開発のために市に譲るよう圧力をかける。
地元でデリヘル店長をして兄弟の中で一番人情深い三郎。

一郎の薬物中毒なのかアル中なのか、不気味な演技、
二郎は父親の跡を継ぎ市議会議員になったものの、いろいろな狭間で苦しむ演技、
三郎はデリヘル嬢や兄弟に対して慈悲深く、体当たりの演技、
特に桐谷健太の演技は圧巻である。引き込まれる。

ツッコミどころもある。なぜ一郎が父親の死を知ったのか。なぜ公証書を持っていたのか。
それを踏まえても、兄弟の堕落ぶり、翻弄されっぷり、何かに支配される恐怖をうまく描いていて、行間でも心情や行動を想像させる感じは、ザ・映画という印象。

これは2時間ドラマでは描けない心の闇である。

キッスィ
キッスィさん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

桐谷健太素晴らしい

桐谷健太すごいね!!凄まじさ!!!鈴木浩平殿も、最後のプルプル涙演説グッときました。あと般若ね。まじ映画なのに二度見したよね。般若もっともっと俳優業でも広がっていってほしいよ。岡村いずみさん支持。

みな
みなさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 原題を舞台にバイオレンスや物騒な雰囲気を描く試みはすごくいいのだけど、肝心の物語の中心にあるものが土地の相続問題で、あまり機能していなかったように思う。あんな狂った男が政治家であったことにも驚きで外面がよっぽどよかったのだろうか。次男がその後を継ぐのが変だし、立場に執着しているのも変だ。長男がなぜ土地に執着しているのか、もしや冒頭で埋めた缶をずっと探しているからという理由だったら嫌だなと思ったらそうでなくて安心したのだが、だとしてもおじいさんが頑張って買った土地だからというのもあまり腑に落ちない。

 男たちが争っているのは土地なのだが、あまりぐっと来なかった。三男の雇っている女の子の脱ぎっぷりがよかった。彼女たちの個性をもっと感じたかった。般若さんの存在感が素晴らしかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2018年4月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただの三兄弟の喧嘩映画かと思いきや。

仲の悪い三兄弟の相続争いの話かと思っていたが、それ以上に地方都市の暗い部分がとても印象的だった。

特に中国人労働者を暴力によって追い出そうとする若者たち。
その事件をもみ消そうとする地元義委員たち。
小さなコミュニティの中で起きる事件に巻き込まれていく神藤家。

結局一郎、三郎は最悪の結末を迎え、二郎だけ救われたかのようだが、最後の演説のスピーチの涙は後悔の涙なのかなと思った。

篠田麻里子を久々に見たが、身体を張った演技でビックリ!

舞台は深谷市ですね。レンガ造りの駅でわかりました。
どうやら入江監督が深谷市出身のようで。

だーやま。
だーやま。さん / 2018年3月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは現代の様なのですが?ちょっと現実の時代にそぐわないけど

ヤクザと政治家 風俗店が癒着 部下の出世条件に奥さんに枕接待 いったい何発の銃弾が放たれ何人死んだの?政治家が掃除屋依頼?カポネの時代の話なの?非現実な社会ならアクション映画の様な迫力ある見せ場や相棒の様な凝ったストーリーは無く いかにもマイナーっぽい雑さ

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2018年3月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

桐谷に尽きる

トリプル主演三兄弟と謳っているがこれは桐谷健太に尽きる。狂気に満ちた演技に圧倒されました。堕ちきった兄弟の光と影を上手く描いた作品。次々に事件や問題が発生する展開に最後まで夢中になりアッという間の時間でした。
2018-49

隣組
隣組さん / 2018年3月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

元嬢ですが ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

三郎みたいな店の女の子を大事にする店長、そして男前な姿にグッと来てしまいました。
あんなに楽しそうで仲の良い風俗の待機所なんてないぞ(笑)と。

様々な問題が交差するなか、はやり話し合うって大事だって思いました。
話し合ってたら全然違う未来が見れたんじゃないかな。

兄弟、それぞれ大事な物が違って…それをどうやって守っていくのかが見物でした。

結局一番バッドなエンディングを迎えてしまった訳ですが…次郎には本当に政治の汚い所をみせられ、自警団に加わる若者の本質も見れない他力本願のお前が残るのかよ!!と思ってしまいました。

害虫
害虫さん / 2018年2月13日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

極限の環境

この暗さが好き。三兄弟はそれぞれに大切にしているものが異なる。30年ぶりの再会する姿を通じて、地方都市の暗部を浮き彫りにする。三男の三郎桐谷健太に愛を感じた。長男の一郎大森南朋の拘りは真似できない。次男の二郎鈴木浩介のジレンマに理解できる。三人ともそれぞれに極限の中で、それぞれの価値観の中で、それぞれの生き様に爽快さもある。監督は入江悠。熱き魂が燃え盛る渾身の1作かも。

にっしん
にっしんさん / 2018年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

篠田麻里子微妙〜 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あんなに浅く埋めた缶
20年?30年?そのままで
すぐ見つかった(笑)

錆びまくったナイフ
あんなに
するっとささるの?

焼肉屋で箸?を
手に突き刺さして
テーブル突き抜けるって
有り?

長男一郎が何かにつけて
意味不明〜

泣きながら逃げ出したくせに
戻って来る女にイライラ

デリへ○は
危ない仕事だねっ‼︎

吉村良かった‼︎
中国人をチャリで追いかけて
逆襲するシーン
もっと見たかった‼︎

なんか
全て中途半端な感じだった

演者良いだけに
残念...

般若ってラッパーなのね

snowball
snowballさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

入江悠監督のオリジナル作品。 ショッピングモール誘致や外国人労働者...

入江悠監督のオリジナル作品。
ショッピングモール誘致や外国人労働者との軋轢など、実際に地方都市が抱えている問題、地方都市の閉塞感を見事に1つの映画としてまとめている。

離散した三兄弟が父の死をきっかけに、広大な土地の権利を巡って、それぞれの思惑をぶつけながら、物語を紡いでいく。三兄弟が運命に翻弄されながらも抗おうとする姿が実に生々しい。
三兄弟を演じた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が好演。特に、桐谷健太が、抗えない状況の中、必死に兄弟の絆を取り戻そうとする三男を熱演。

入江悠監督の作品は初めての鑑賞だったが、次回作に期待せずにはいられない。

がいすー
がいすーさん / 2018年1月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

センスの問題

お洒落程無意味なものはないが、それとは違いこの世の中には、生きる上で”センス”というざっくりした尺度で定められる何か、がある。
その点でこの映画はあまりにも”センス”がない。
音楽的にも、演出的にもストーリーとしても。

監督がこの絵を撮りたい。こういうもので勝負したい、という気迫は大いに伝わる。
だがそこに、世に言う”センス”がない。というより、”センス”が悪い。

この圧倒的センスの悪さを評価するべきなのかもしれないが、これを評価する人は、やはり無意味なお洒落を重要視するタイプなのではないかと思ってしまうのです。

桐谷健太が好きだし、監督の代表作もみておもしろいと感じたことはあるが、この映画はあまりにも評価しづらいと感じる。

さーさー
さーさーさん / 2018年1月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

賛否両論になりやすいけど私的にはいいね!

賛否両論あると思う作品ですが、私的には良かった。まずは、桐谷健太さんは何時見てもそれなりの雰囲気が有っていいよな、元AKBの篠田麻里子が出ていますが、なんかいまだにGet lostの状態かな、「紙兎ロぺ」でのお姉さんでは良い味を出していますが、女優さんを目指す以上は、このままではな・・・
前田敦子もいまひとつだけど、大島優子だけは、あの世代の普通のねーちゃん役をそっけなく演じられるんだけどね・・・・
で、お話の方ですが、よく考えたね、ある意味有りそうな感じである意味単純なんだけど、実はあまりおう言った作品はないし、よく考えて作ったかな・・・
私的にはテンポも良かったし、強いて言えば、もう少し強烈に作り上げた方が良かったかな、もっと良かった気がするけど、出ている役者さんが良いので、使いきれていますが、もっと思いきり使っても良かったかな・・・
しかし、入江悠さんの作品でしょ、日本映画界って、なんでもっと思いきり映画を撮らせて上げないのかな・・・いつまで経ってもマイナーなままだと思うけど・・・・

sally
sallyさん / 2018年1月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暴力シーン最高!

役者が良い。
般若と桐谷さんの暴力描写が凄かった。篠田さんも良かったね。
最後の方の、車が軽っぽいのからいつものワゴン車に、いつの間にか変わってた感じがするが、気のせいか?それがなぜか気になった。

khapphom
khapphomさん / 2018年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今年最悪の映画

こういう露悪的な映画を作れば受けると思うな禿げ!
内容ゼロだし、ただ映画にバイオレンスやエロや葛藤を盛り込んでればいいのか!?日本映画は!?大丈夫??これ評価されてるけど?

マーティー
マーティーさん / 2017年12月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目的不明な作品でした

とにもかくにも必要性を感じない展開。親が親なら子供も大差なし。筋が通っている登場人物がいません。
後味も悪い。

タイガー力石
タイガー力石さん / 2017年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

明日はどっちだ?

長男力石、次男マンモス西、三男ジョーによる明日はどっちだ?ローリーローリーハレルヤ・・・。

約400年ものあいだ、村社会を背景に和を以て尊しとする事をモットーに、滅私奉公に励んできた我々は、その考え方、カルチャーをリセットすべきなんでしょうか・・?
明日はどっちだ?

蛇足軒瞬平太
蛇足軒瞬平太さん / 2017年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

社会の裏を抉った快(怪)作

商業施設計画の底地を相続してしまったがゆえに、利権に群がる人たちに運命を翻弄される三兄弟を描く。皆見て見ぬふりをしているが日本のどこかしこでもありそうな暗黒譚をこれ程リアルに描いた作品を寡聞にして私は知りません。もう少し説明が欲しいなと感じるシーンもありましたが、先が読めない緊迫感溢れるストーリー展開に目が釘付けになってしまいました。三男役の桐谷健太さんが秀逸。それに端役でしたが篠田麻里子さんに妙な存在感がありました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2017年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

唯々煮染められた土地・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

かなり心をやられる作品である。それは三兄弟の話ということ。モデルとなったロケーションが隣の町ということ。そして、余りにもドラマとしての濃すぎるテーマであること。
ディテールの部分、ストーリー展開等、ご都合主義的要素は存在しているのだが、しかしそれを超える程の熱意を観客にぶつけてくる力を持った展開である。ファムファタールとしての篠田麻里子のしたたかな存在感、それぞれの兄弟のキャラのアクの強さ、周りを囲む脇役達のドス黒さ、そしてそんな人物達が跋扈する寂れ掛かる町・・・ マッチポンプのように利権を創り出す政治家と裏で暗躍するアウトロー。土地に縛られる兄弟達の滑稽なほどの右往左往は、まるで自分の人生を投影されているようでかなりの身震いが止まらない上映時間であった。ただ、自警団の件、そして作品名、その自警団に入団する若者と、出稼ぎの中国人の件がどうも本分の軸とはあまりリンクしないように思えるのだが、この辺りの繋がりが知りたいものである。
いずれにせよ、この年の瀬も押し迫った中でこれだけの強烈なカウンターパンチを浴びせられた作品を鑑賞できたこと、感謝以外に発する言葉がみつからない。手に汗握るストーリーの進み具合、人生の理不尽と抗う情熱、そして泥を啜ってでも生き残ろうとする浅ましい人間共の悲喜交々。ラストのデリヘル嬢の疲れ切って眠る車中のみが幸福である皮肉をしみじみと感じ取れた良質の作品であった。辛いけれど目を背けてはならない・・・

いぱねま
いぱねまさん / 2017年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ひたすら重く、切ない映画

親から虐待を受けた3兄弟に襲いかかる、過酷な現実。
大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、3人が見せる狂気的な演技に圧倒される。
篠田麻里子の演技も印象的だった。
地方都市ならではの閉塞感は、観ていて息が詰まる。
そこで生きていくしかない、そこから逃げることができない。
経済、血縁、因習、暴力、性欲、絶望。
さまざまな理由で八方塞がりになっていく人生は、たとえ映画とはいえ、観ていてつらい。
しかし、そういうつらさを味わえるのが、映画の醍醐味でもある。
万人にお勧めはしないけれど、観てよかったと思う。

とみしゅう
とみしゅうさん / 2017年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

49件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi