劇場公開日 2017年12月9日

  • 予告編を見る

ビジランテのレビュー・感想・評価

3.457
13%
53%
25%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全57件中、1~20件目を表示

4.5【寒々しい関東の田舎を舞台にした暴力的なノワールムービー】

NOBUさん
2019年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

 入江悠監督のオリジナル脚本が冴え渡る作品。

<ビジランテ:自警団 もしくは己の力で本当に大切なモノを守り抜く集団>

 三人の幼い兄弟が、必死の形相で夜の河を渡る。追ってくるのは彼らの父親。冒頭から凄い熱量で迫ってくる。

 父、武雄(菅田俊)の表の顔は地元を大きく発展させた立役者。が、家庭では妻を亡くした後、子供たちを虐待する暴虐者。

 父の暴力から逃げ出した長男、一郎。

 30年後、次男の二郎(鈴木浩介)は憎悪していた父の後を継ぐように市議会議員に。三男の三郎(桐谷健太)はデリヘルの店長としてヤクザに雇われる形で過ごしている・・。

 武雄の死により、武雄名義の土地の相続問題が起こり・・・。

 そこに、30年振りに現れた4億円の借金を抱えた一郎(大森南朋)が現れ更に問題は捻じれていく・・・。

 ・二郎の妻を演じる篠田麻里子の強かな策士ぶりに驚き
 ・彼らの実家を舞台にした凄惨な出来事の数々に慄き(何人死んだのか?)
 ・関東の田舎の歪み、排他的世界のリアリティさに怯む

<人間の欲と醜さと、故郷を捨てられない哀しさを関東の田舎の寒々しい風景を背景に、見事に映し出した群像劇>

<2017年12月10日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

1.0つまらん

2019年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何が描きたいのかよく分からん。全部中途半端。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
do_nothing

3.0不完全燃焼

たけおさん
2019年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

兄弟愛憎劇。全体的に暗い流れです。
主演は、桐谷健太というイメージです。

最後の最後まで不完全燃焼で終わったのが残念ですが、見応えはありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

3.5一番の悪

いつこさん
2019年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

思うに一番の悪は二郎。お前だ。兄弟や妻を犠牲にしてまで手に入れたいものは何か。まあ登場人物は基本的にみんなクソみたいなやつばかり。全ては父親の虐待がなければ、こんなことにはならなかったか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

2.5設定の割には三兄弟の中身が肩透かし。

2019年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

地方で権力があった訳あり親父の死をキッカケに、失踪していた長男が次男と三男の元に戻り、土地の権利でひと騒動起こすお話。

三兄弟それぞれ性格バラバラで面白みのある設定ではあるのだが、次男以外の「人生揉まれて生きて来たんだろ?」的な行動も少ないし、やっと手が出て喧嘩になっても迫力無し。仲の良い事・・・。

メインの三兄弟の話より、中国人vs中国人大嫌い青年の話の方が面白く思えたりして。

1番最悪なのは篠田麻里子の演技かな。観てられませんでした。

もう少し三兄弟の荒い内容・ドロドロした内容を期待していただけに肩透かしです。
もう少しなんです😔脇役が良いだけに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
巫女雷男

3.0まあまあ面白かった

masamichiさん
2019年3月7日
iPhoneアプリから投稿

アウトレイジみたいな内容の無い(いい意味で)映画
言われてるほどバイオレンスでもないし痛くも無い
たまにこれ系を観るのもいいな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masamichi

1.0駄目だ

2018年10月27日
iPhoneアプリから投稿

おもんない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
@Jankichi@

3.5男は愚か

2018年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

単純

父親が亡くなり、残された三人兄弟が遺産の土地に振り回される。
ここにアウトレットモールを誘致しようと、地域の権力者が暗躍する。
長男は土地の公正証書を持って突然現れる。
次男は市議会議員でボスから土地をよろしくと頼まれている。
三男はデリヘルの主任。
男性陣は愚かなタイプが多いものの、女性陣はしたたかなタイプや天使タイプもいてセリフも面白い。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.0疑問

2018年6月2日
iPhoneアプリから投稿

入江監督は好きだし応援もしてますが、本作品はどうしても脚本に疑問が残るし時間が長すぎるように感じた。

一郎の土地を守りたい理由が今ひとつ
二郎の奥さんのある行為の演出がくどい(セリフでも言うし、コートを脱ぐところも鈍重だし、ラストシーンでも議員の後ろでフォーカスされたり)

うーん
もっとテンポが良ければよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アリンコ

4.0賛否分れるが個人的にはよかった。

2018年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
キッスィ

4.0桐谷健太素晴らしい

みなさん
2018年5月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

桐谷健太すごいね!!凄まじさ!!!鈴木浩平殿も、最後のプルプル涙演説グッときました。あと般若ね。まじ映画なのに二度見したよね。般若もっともっと俳優業でも広がっていってほしいよ。岡村いずみさん支持。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.0まあまあだった

2018年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.0ただの三兄弟の喧嘩映画かと思いきや。

2018年3月18日
iPhoneアプリから投稿

仲の悪い三兄弟の相続争いの話かと思っていたが、それ以上に地方都市の暗い部分がとても印象的だった。

特に中国人労働者を暴力によって追い出そうとする若者たち。
その事件をもみ消そうとする地元義委員たち。
小さなコミュニティの中で起きる事件に巻き込まれていく神藤家。

結局一郎、三郎は最悪の結末を迎え、二郎だけ救われたかのようだが、最後の演説のスピーチの涙は後悔の涙なのかなと思った。

篠田麻里子を久々に見たが、身体を張った演技でビックリ!

舞台は深谷市ですね。レンガ造りの駅でわかりました。
どうやら入江監督が深谷市出身のようで。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
だーやま。

2.0これは現代の様なのですが?ちょっと現実の時代にそぐわないけど

2018年3月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、試写会

ヤクザと政治家 風俗店が癒着 部下の出世条件に奥さんに枕接待 いったい何発の銃弾が放たれ何人死んだの?政治家が掃除屋依頼?カポネの時代の話なの?非現実な社会ならアクション映画の様な迫力ある見せ場や相棒の様な凝ったストーリーは無く いかにもマイナーっぽい雑さ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆたぼー

4.0桐谷に尽きる

隣組さん
2018年3月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

トリプル主演三兄弟と謳っているがこれは桐谷健太に尽きる。狂気に満ちた演技に圧倒されました。堕ちきった兄弟の光と影を上手く描いた作品。次々に事件や問題が発生する展開に最後まで夢中になりアッという間の時間でした。
2018-49

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

3.5元嬢ですが

害虫さん
2018年2月13日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
害虫

2.0極限の環境

2018年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

この暗さが好き。三兄弟はそれぞれに大切にしているものが異なる。30年ぶりの再会する姿を通じて、地方都市の暗部を浮き彫りにする。三男の三郎桐谷健太に愛を感じた。長男の一郎大森南朋の拘りは真似できない。次男の二郎鈴木浩介のジレンマに理解できる。三人ともそれぞれに極限の中で、それぞれの価値観の中で、それぞれの生き様に爽快さもある。監督は入江悠。熱き魂が燃え盛る渾身の1作かも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にっしん

2.0篠田麻里子微妙〜

snowballさん
2018年1月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
snowball

4.0入江悠監督のオリジナル作品。 ショッピングモール誘致や外国人労働者...

2018年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

入江悠監督のオリジナル作品。
ショッピングモール誘致や外国人労働者との軋轢など、実際に地方都市が抱えている問題、地方都市の閉塞感を見事に1つの映画としてまとめている。

離散した三兄弟が父の死をきっかけに、広大な土地の権利を巡って、それぞれの思惑をぶつけながら、物語を紡いでいく。三兄弟が運命に翻弄されながらも抗おうとする姿が実に生々しい。
三兄弟を演じた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が好演。特に、桐谷健太が、抗えない状況の中、必死に兄弟の絆を取り戻そうとする三男を熱演。

入江悠監督の作品は初めての鑑賞だったが、次回作に期待せずにはいられない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
がいすー

0.5センスの問題

2018年1月7日
iPhoneアプリから投稿

お洒落程無意味なものはないが、それとは違いこの世の中には、生きる上で”センス”というざっくりした尺度で定められる何か、がある。
その点でこの映画はあまりにも”センス”がない。
音楽的にも、演出的にもストーリーとしても。

監督がこの絵を撮りたい。こういうもので勝負したい、という気迫は大いに伝わる。
だがそこに、世に言う”センス”がない。というより、”センス”が悪い。

この圧倒的センスの悪さを評価するべきなのかもしれないが、これを評価する人は、やはり無意味なお洒落を重要視するタイプなのではないかと思ってしまうのです。

桐谷健太が好きだし、監督の代表作もみておもしろいと感じたことはあるが、この映画はあまりにも評価しづらいと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さーさー
「ビジランテ」の作品トップへ