おとなの恋の測り方のレビュー・感想・評価

おとなの恋の測り方

劇場公開日 2017年6月17日
50件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

アラサーど真ん中な私からすると、面白い!!って笑って見終わる映画で...

アラサーど真ん中な私からすると、面白い!!って笑って見終わる映画ではなかった。
いつまでも、白馬の王子様描いてても駄目だよと。
人は心の目で見なさいって言ってる映画ですね。

内容はとっても見やすいし
是非、恋愛拗らせ女子(アラサー)には見て欲しい映画。

そんなに面食いでもない人でも、どこかグッとくるのではと思います。

a----ko
a----koさん / 2018年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何か物足りない、、

うーん、、(-.-;)y-~~~

予告を見たら面白そうだったのだが、
ストーリーの先が見えすぎてて
先やらエンディングが予想できてしまう

もう少し一捻りあれば良かったけど、、

私には物足りない内容だった

これで2時間超えだと、もっと飽き飽きだっただろうなあʅ(◞‿◟)ʃ

HY
HYさん / 2018年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何やらステキな缶詰を開けたような…

ユーモアとポジティブとロマンスを全部詰め込んで、クラシックやディスコミュージックで味付けしたような恋愛映画。
何だかステキな缶詰を開けたら、可愛らしい香りが自分の中に一気に広がっていくような感覚をずっと味わえた。メロドラマのような台詞に溢れているのに、決して子供っぽく仕上がらない。
まだ1月の終わりだけど、今年の恋愛映画ベスト3に絶対入ると断言したい。

誰しもコンプレックスがあるけど、大人になればある程度受け入れて前向きに生きるもの。でも全てを受け入れる事は出来なくて、時々グッと気になってオチてしまったり。ふと無理やり笑いに変えて自分を浮上させてみたり…。アレクサンドルの自分自身に対するひたむきさが凄くリアルで感情移入してしまう。
彼のドラマティックな台詞にもいちいちときめくしね!全然甘いだけのおフランス恋愛映画じゃないんだよーー(;´༎ຶД༎ຶ`)

ディアーヌも凄く良いキャラクターで、美人で賢いだけでなく気遣い屋。アレクサンドルとの出逢いの後、一瞬悩みながらも彼の魅力にどんどん引き込まれて笑顔になり、カチコチ固まってた彼女は消え去って自分から変顔を披露するまでになっていく。この時点でもうめちゃくちゃカワイイ!ディアーヌ可愛い!
関係が進んでいくにつれ2人だけの世界ではなく、周りの人の目がどうしても気になって…という葛藤と、そばにいるとやっぱりアレクサンドルが大好きというジレンマにシンパシー感じまくり。

周りを気にしても、最後は自分の気持ち、幸せが1番大事。分かってはいてもなかなか到達できない着地点ってやつですな…。
星を0.5減らしたのは、おかーちゃんのドライブのシーンがなんか凄く嫌だったから。そこだけ…(;´_ゝ`)

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2018年1月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「最強のふたり」以来の面白さ。

久しぶりに見るフランス映画。「最強のふたり」以来でした。まず、ビルジニー・エフィラ扮するディアーヌが魅力的でした。偏見と分かっているのだけれど、世間からの見た目が気になってしまう自分。そこのあたりの、彼女の心の中の葛藤に共感できました。あとはオスカー俳優ジャン・デュジャルダンのかっこいい台詞回しが心地よい。実は、彼の受賞作の「アーチスト」を未見だったことから、本当に低身長の俳優さんだと勘違いしていた私。CGでかなり加工されていることも後から知ったわけで、映画の中では全く不自然さを感じなかった。ということは監督の仕掛けや、俳優陣の演技が素晴らしかったということになりますね。所々で「え、なぜそのジョークが面白いの?」と、日本人の自分には理解しづらいシーンもありましたが、全体的には十分に楽しめました。

saitall
saitallさん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

身長の差以外にも超えなきゃいけない壁がある ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画は低身長の男と普通の女の子の恋愛をめぐるお話

現実の場合には、他にもハードルはあるよね
病気だったり、障害だったり、年齢だったり、人それぞれの個性がある

でも見た目のハードルはそうでないものに大して、乗り越えるのが難しいのか、どうなんでしょう?

映画を見ながら奥さんの自分への愛を思い出した

人は何に恋をするんだろう、改めてそう思った映画

みゃん
みゃんさん / 2017年8月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋ができない原因は白馬の王子様にあり

弁護士をする自立した女性が恋した相手は、身長が136cmの建築士。
背の高い白馬の王子様を待ち続けた彼女は、彼との恋に踏み切れない。

私が大好きなコメディ映画で「メリーに首ったけ」があるけど、これは、その男女逆転パターン。
恋愛をするのに、見た目の美しさは本当に必要なのか。
という、人の見た目に対する偏見をデフォルメして皮肉ったコメディ。

人はそれぞれ、コンプレックスを抱え、それらと向き合いながら生きている

自分自身にコンプレックスがあるから、相手にもつい完璧を求めてしまう

問題は、その欠点を補って余りある人間的な魅力がその人にはあって、私たちは、その素晴らしい人間性を好きになってしまえば、他のことは気にならないというところにあって
そのことに気付けるかどうかなんだと思う

この映画は主人公のディアーヌがそのことに気付くまでを描く

私も自分の欠点を好きな人に受け入れられなかったら耐えられないなと思ったら、涙が止まらなかった

それは、その恋が本物かどうかを試すためのテストなのかもしれない

とえ
とえさん / 2017年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

にとっても幸せな気持ちになる至極の物語

終わった後にとっても幸せな気持ちになる至極の物語。主人公アレクサンドルにグイグイ惹きつけられ観衆は彼の虜になる。また図体はデカい自分はなんてちっぽけな奴なんだって自己嫌悪に似た嫉妬まで感じる。
かつて女性の憧れ「3高オトコ」のうちの2つを欠いたロマンティックムービーには古くは『ローマの休日』、比較的近年では『ノッティングヒルの恋人』があったけど、136㎝男に出逢ってしまった美女の葛藤。散りばめられた数多の至宝の言葉が心にズキズキ刺さる。美しいフランス・マルセーヌを舞台に繰り広げられる感動のラヴコメディです

myaa1969
myaa1969さん / 2017年7月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どこが大事? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラブコメと銘打っているけど、かなり普遍的でリアルな問題点を
シュールに描いている。こればかりはその立場になってみないと
分からないことだけど、自分が優先する相手のパーツに因るのだ
ろうか。ちなみに私は高身長男性と付き合ったことが一度もなく
私より少し高いくらいの人だけなので、少女漫画で見てきたあの
身長は以前の会社で男が全員180センチ以上だったことくらいだ。
理想なんて挙げたらキリがないんだから、占い師がいうように今
隣にいる人が本当の理想の人なんだって、そう信じる方が幸せだ。
今作の主人公は半ば強引に素敵な低身長の男性に想いを寄せられ
るのだが、彼に足りないのは身長だけ。なーにが不満だ!確かに
低い。あそこまで低く設定しなくてもと思うけど、あんなに気が
合う相手をあそこまで付き合ってからフル必要があるんだろうか。
顔も財産も知性も教養も仕事も女扱いもパーフェクト(いないよ)
そのほとんどがなくたって皆さん結婚してますよ。釣り合わない
見た目カップルなんてたくさん見かけるもの。価値観はそれぞれ
だから決めるのは本人だけど、合う人を失ってからではもう遅い。
だけど相手が苦しんでいる時はゆっくり待ってあげることも大事。

(そんなことよりあのニート息子の仕事が決まって良かったよね)

ハチコ
ハチコさん / 2017年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

背が低いだけ

まぁ面白いんだけど、ただ背が低いだけで他は完璧じゃん、という思いを拭えませんでした…
エエやないか、そのくらい…

ぱんちょ
ぱんちょさん / 2017年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

障害は君の中にある

障害者じゃないけどテーマはそこなのかも、フランスですら他の人と同じでないとっていうっていうのがあるんだってね。

自由はじぶんの中にあって、誰かに自由にしてもらおうなんて、そりゃ無理なんだね。

思ったよりも、深いテーマだった。

最近のフランス映画って、ちゃんと起承転結があるんだな、なんても思った。

nomohirox
nomohiroxさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ディアーナ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フランス映画と言うよりも、ハリウッドの王道ラブコメに近い感じで、笑いも入れつつ、やっぱり、フランス映画らしく深い作品。178センチの身長だけど、背の小さい男性に特別に何も感じないですが、やっぱり、本人も彼女(奥さん)も普通は気にするもんですよね。結局は、他者(無能なお手伝いさん)を家族を大切にして、身近な人を笑顔にする人が素敵なんだと思う作品です。健常者のあなたの心の方が障害を抱えている。この一言も響いたなぁ…。人種差別する人、障害者差別する人、きっと、自分基準の普通しか認められない小さな人なんだよね。身長が低くても小さい人間にはなるなよ!。

しげはりゅ
しげはりゅさん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

も少しコメディ色が強いのかと思っていたが、かなりいい話しで深い話しだった。
心に響く台詞もいくつかあった。

あなたなら、どおするだろうか?

元より近付かないってのが一つだろう。
でも、巡り合ってしまったら?
恋だけの話しじゃなかった。
人との関わり方
先入観
愛し方
共に過ごす時間
見栄
恋愛に付随する様々な要素とか、恋愛を構成するパーツとかが浮き彫りになってた。
でもそれらは、実は恋愛以外のものであって、最後は、全てを剥ぎ取って恋愛だけが残るようなエンディング。
堅苦しい話しなんだけど、そこはしっかりエンターテイメントしてくれているから、ご心配なく。

ラストの主人公の表情が印象的だった。
この恋をやり直すにあたり、非常に複雑な表情をしてた。単純なハッピーエンドだとも思えずニヤリとする。

につけても…実際136cmって事はないよな?
全然違和感を感じなかった。
身長が低い2枚目が普通に存在してた。
ほとんど魔法である。
彼の初登場はとても潔かった。
予告でネタバレをしてたのだとしても、あまりにアッサリ。
逆にブッて吹き出した。

U-3153
U-3153さん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありのままを受け入れるって、実は難しい

私自身が低身長男性なので、これまで少なからずコンプレックスを感じていました。最初は、小さくても才能とユーモアで生きていく彼の生き方を学びたいと思って見始めましたが、いつのまにか、彼を好きになっていく彼女自身の感情と、体裁を気にする母親やあからさまに馬鹿にする元旦那といった周囲の人々の間で「素直になりたいんだけど社会的な体裁を無視できない」と煩悶する彼女に共感していました。ありのままを受け入れるって、簡単なようで難しい。

radsatzfoto
radsatzfotoさん / 2017年7月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞロマコメ。キュートでお洒落でロマンティック。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロマコメ大好きな私。個人的に、ここ数年はフランスでロマコメが熱い!と思っている。バネッサ・パラディの「ハートブレイカー」が烽火を上げて以降、リュディヴィーヌ・サニエの「恋のときめき乱気流」やダイアン・クルーガーの「バツイチは恋のはじまり」など、人気女優が軒並みロマコメ作品に出演していたり、男優でもラファエル・ペルソナ主演の「恋のベビーカー大作戦」など、いずれも90年代のハリウッドのロマコメを思わせる、清潔で洗練されてお洒落でキュートでコミカルな恋愛映画でロマコメファンの心を擽る作品が続々と日本に輸入されていてうれしくなる。
今回の「おとなの恋の測り方」もやはり、いい意味で90年代のハリウッド・ロマコメのような爽やかさと愛らしさで溢れている。ロマコメ好きの私にはお誂え向きの恋愛映画。私はフランスにロマコメの残された期待と希望を賭けているよ。

内容は至って簡単。ちょっと心惹かれた男性が、ちょっと(どころじゃない)低身長さんだったら?という、ただそれだけ。低身長と言えど、ルックスも性格もセンスも知性も文句なし。ただ一つの欠点が背が低いということだったとき、この恋心はどうなる?というお悩み。しかしこれ、同じことをハリウッドがやったりしたら、それこそ低身長を嘲笑うような喜劇が連続してしまいそうなところ、さすがはおフランス。低身長をネタに笑うというよりも、低身長の男性を目前にした人々の反応をネタに笑いを起こしている感じがして、思慮と分別を感じます。ヒロインが何を悩んでいるか、というのも、相手が低身長だから悩んでいるというよりも、低身長の男性と一緒にいる時につい周囲を気にしてしまう自分への嫌悪感に悩んでいるというところ、「障害は君の心の中にある」まさしくそれだった。

主演のジャン・デュジャルダンが低身長の男性を実に軽妙洒脱に演じていて、誰が見たって魅力的な大人の紳士。可愛いロマンティック・コメディを洗練されたものに押し上げたのは彼のウィッティな演技あってだろうなぁと感じた。もちろん、ヒロインを演じたヴィルジニー・エフィラも観客の共感を誘う人柄を感じさせる温かい演技でとてもチャーミングだった。

結末は映画を観る前から分かっているロマコメの定番。ちょっと強引過ぎる嫌いはあるけれど、なんとか許せてしまうキュートさ。上映時間の短さと比例して内容もコンパクトでシンプルになっているけど、小粒で甘くてちょっと小洒落たフランス土産のお菓子のような感じで、軽やかに楽しめる小品で好きだった。

フランスは個人主義だしあまり他人に対する決めつけはないのかな?なんて思っていたけれど、やっぱり「誰かと同じ」であることの安心感を求めてしまったり、自分とは違う他者を見かけたときの戸惑う感じというのは、何処の国でも意外と変わらないものなんだね。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年7月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

偏見と愛の間で

予想以上に面白かったし、考えさせられた。
「障害は、君の心の中にある」「理想の恋人像を植え付けたのは、君自身だ」
心しておきたい。

こばりん
こばりんさん / 2017年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

品位ある骨太ラブコメ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「障害は心の中にある」という、世界の真実を言い当てたパンチラインがとにかく印象に残ります。
ヒロイン・ディアーヌは2人きりの世界のときは問題ないのですが、他者の視点(鏡を見たときも含む)が加わると、恥ずかしい、理想とは違うといった「心の中の障害」が発生し、本当に大事なもの、本当に求めるものが覆い隠されてゆきます。
そんな「心の中の障害」を超えていくストーリーは、中々に骨太。軽やかな雰囲気ですが、結構な手応えがありました。

特に心に残ったのは、アレクサンドルの息子ベンジーが、ディアーヌと身長の件で一旦破局し、落ち込む父親を励ますシーンです。「品位がある」という彼の言葉にハッとしました。
アレクサンドルは極端な低身長という逃れられない運命の中で、腐らず勇敢に誇り高く生きています。心の中の障害にときに敗れることはあっても、屈服はせずに果敢に挑み続ける姿には、確かに品位がある。ベンジーはそんな父の姿勢をこの言葉で表現したのかな、と感じました。
心の中の障害を超えたときの晴れやかさに品位は宿るような気がします。ディアーヌの継父には品位があるように感じるし、ディアーヌの母やブルーノには品位がないように思える。

演者はおしなべて素晴らしく、特にディアーヌ役のビルジニー・エフィラは親しみやすい魅力があって好感を持ちました。
そして音楽は、キャット・パワーやアントニー等、何故か米国のインディーロックが多用されています。とてもいいんだけどフランス感はなかったかな。

ただ、ギャグがドタバタしすぎてまったく合わなかった。ディアーヌ母の逆走シーンとか犬のくだりとか、正直キツかったです。小学生向けYouTuberのセンスみたい、と思ってしまった。個人的にはここが大きなマイナス点でした。

kkmx
kkmxさん / 2017年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ひとりの人間の存在の大きさ

 人間は社会的な生き物だ。他者の存在に常に影響されながら生きている。同じ星や花を眺めて美しいという思いを共有すれば、共生感を感じ、時には互いに愛情さえ抱くこともある。感動や価値観が一致することは、自分の存在が肯定されることでもある。人間は基本的に自分を肯定してくれる人が好きなのだ。
 しかし厄介なことに、人間は憎しみや偏見も共有する。人の悪口を一度も聞いたことがない人はいないだろう。人の悪口を言ったことがない人も滅多にいないのではないか。価値観や感動を共有するのは深いコミュニケーションが必要だが、憎しみや偏見を共有するのは簡単だ。相手を理解する必要がないからである。社会は憎しみと偏見に溢れている。
 その憎しみと偏見を国家の大義名分で正当化させた思想をナショナリズムと呼ぶ。極東の島国の暗愚の宰相が全身を毒されていることでおなじみの思想だ。悪口の延長だから、コミュニケーション能力に欠ける人が陥りやすい。

 他者の存在を認め、その個性を容認するのは、他者を否定して悪口で貶めることよりもずっと難しい。ましてその他者というのが世間的に認められがたい個性の持ち主であれば、なおさらだ。人は社会的な生き物であるがゆえに、共同体の思想、世間一般の感性に抗って生きるのは大変な困難をもたらすことになる。

 本作はハンディキャップに悩みながらも挫けずに明るく生きてきた中年男とバツイチ女のラブコメディではあるが、男のハンディキャップに対する世間の感性と自分自身の感じ方と考え方の、それぞれのギャップに悩むヒロインの姿を描くことで、人間の存在とは何なのかという、フランス映画らしいテーマが底流に流れる奥深い作品になっている。

 それにしても、主人公は身長が低くてもその存在感は並外れている。抜きんでたコミュニケーション能力、行動力に由来するのだろうが、憎しみと偏見の世の中をハンディキャップを抱えて生きていくためにはどうしても身につけなければならない能力であったことが伺える。

 ある人から言われたことがずっと心に引っかかっていることがある。あるときのある人の表情がいつまでも目に焼きついていることがある。ひとりの人間は、小さな存在ではあるが、与える影響は小さくないのだ。だから世間が憎しみと偏見に満ちていても、悲観することはない。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2017年7月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

差別という概念

人は見た目が大事ってことは、もちろんあると思う。
逆に、そんなことはないと思うこと自体が差別をしているんだと思った。
見た目も個性なんだよね…。
ただ、もう少し身長を与えてあげた方が良くない?って、思ったかなぁ。せめて、145センチぐらい…。
でも、色々と考えさせてくれて、笑わせてくれた作品でした。
面白かった。

kawauso
kawausoさん / 2017年7月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 知的 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラブコメと謳ってるだけあって笑えるシーンも有り

若い男女の話しでなく、お互い一度結婚してると言うのが良かったのかも。
駆け引きもある程度解りつつ、それでも互いに惹かれていく感じは良かった。

後半は少々重くはなっていくが、綺麗にまとまっていたのでは。

toosumi
toosumiさん / 2017年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奥深いラブコメディ

人は見かけか?
見かけも大事、でも、そこにとらわれてると、本質を見失ってしまう。

好きになった人に、何を求めているのか?ってことなのでしょうか。
どんどん自分の価値観に、向き合うことになる、そういう意味では深いなあ〜

ウィットに富んでいて、一緒にいると愉しい。ルックスもキュートでハンサム。才能もあってお金持。
ただ、身長が低いだけ。

何のためらいもないけど…
ホントかな?
見終わったあとに、そう、自問自答している自分がいます(笑)
監督の手中にはまってますね〜

「君の心のなかに、障害があるんだ!」

この言葉は、人と違うことを痛感している人だからこその言葉です。

ベストフレーズでした!

ミツバチば~や
ミツバチば~やさん / 2017年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

50件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi