猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)のレビュー・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

劇場公開日 2017年10月13日
209件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

オリジナルを越えていく決意

オリジナルの『猿の惑星』に繋がっていく前日談なのかと思いきや、独自の大河ドラマとして発展していった今回のシリーズが、いよいよ佳境。評判もよくヒットもしているのだから、まだまだ続くかと思いきや、一旦ちゃんとストーリーに決着をつけてきた。

マット・リーヴスが監督を引き継いでから、明らかに人間より進化した猿側がメインになっていったが、人でないものを主人公にして、実写でここまでちゃんとドラマとして楽しめるのは凄い。技術面もそうだが、アンディ・サーキスを筆頭にしたモーションキャプチャー俳優たちには相応の演技賞があっていい。

そしてオリジナルから名前を引き継いだキャラクターたちが出てくるのはオールドファンの心をくすぐるが、役割が異なることで、また違う未来像が開けているのだと感じさせてくれるのがいい。世代を重ねていくこの先の物語も、できることなら観てみたいものである。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

リーダー不在の時代にシーザーの勇姿が眩しい

オリジナルの1作目から半世紀。間を置いて続いてきたSFシリーズは、遂にパフォーマンス・キャプチャーという最先端技術を得て演技力を手に入れた猿たちが、素顔で演技する人間の俳優たちを完全に凌駕して、もしかしたら1作目のラストに繫がるのか?つまり、再リブートの可能性もあり得なくもないと感じさせて、一応幕を閉じる。描くのは、人類が開発した妙薬によって高い知能を得てしまった猿たちが、その人類によって抹殺されようとする強烈な皮肉と、そこから立ち上がろうとするシーザーが垣間見せる理想のリーダー像だ。種族繁栄のために自己を犠牲にしようとするシーザーの有り様に、リーダー不在が極まる今の時代が重なって見えるのは、愚かな一国民の幻覚だろうか?

MP
MPさん / 2017年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

言葉を失う人類が平和をもたらす“新種”であるという皮肉

シーザーたちが旅の途中で遭遇する人間の少女は、人類を激減させたウイルスの影響なのか、話すことができなくなっている。エイプたちが彼女に与えた名はNova。ラテン語で「新星」を意味する(スーパーノヴァ=超新星という言葉で耳にする機会が多いはずだ)が、映画では逆説的に、言葉を話せない少女こそが(エイプと共生する)新しい人類だと示唆している。

人類は意思伝達の道具として言葉を獲得し、知識を共有して次世代に伝えることで文明を発展させたが、優秀になるほど競争心も高まり、政治的・経済的・軍事的に競争相手よりも優位に立つことが至上命題となってしまった。それに対し、シーザーらは「エイプス、トゥギャザー、ストロング」と訴える。団結こそが力なのだと。人類は知識の使い道を間違っている、という強烈な風刺が込められている。

AuVis
AuVisさん / 2017年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

普通位

まあ普通位の映画でした☆。

hide1095
hide1095さん / 2019年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脱力猿の惑星

コンセプトも何もなし。
人間の一部のアホな軍人と、アメリカの軍人ですが、猿よりアホであると証明されたとゆうお話。
脚本が稚拙です。
猿以下だとゆうと猿に失礼。
前半一時間がとても見れない。
ほとんど闇夜で、黒い猿、見えんがな!
後半は動物園でアホな軍人と猿のいざこざ。
軍人たちは上官殺して、指揮系統を失うから、武器を持つならず者集団でしか無い。
現在のアメリカ南部の差別集団と変わらんがな、猿以下ゆうたら猿に失礼、毎度。
アメリカ人がハエ以下のゴミだと証明した話である。
くだらん映画見ると、感想も下品になる、失礼、ごめんなさい🙏🙇🙇‍♀️

アサシン
アサシンさん / 2019年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

メッセージ性の強い映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

雪雪崩で人間が滅び猿が生き残るシーンで個人的に感じたことかもしれないですが、自然の摂理はおそらくこれからどんだけ人類が進化を遂げても解明、または支配することは不可能だというふうに勝手に解釈して鳥肌が止まりませんでした。まさに猿の惑星という生態系の頂点が交代するような映画には最適なラストだと思いました。最終的な決定権は自然にあるだな〜と

アルフレッド・ディ・ステファノ
アルフレッド・ディ・ステファノさん / 2019年2月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作が良作だっただけに

平均点はとっている。しかし前作が良作だっただけに物足りなさを感じてしまうのが、見る側の心理というもの。

構成はおおまかに三つに分れている。どことなく西部劇ぽい仇討ち行進、歴史スペクタクルぽい捕虜奴隷、そして近代戦ぽい戦争。

どうだろう。これ「猿」か?
何度も刷られた物語テンプレートを人から猿に置きかえた感じがしないか。
こう考えると猿の惑星でしか表現できない世界観を提示していた前作がいかに優秀だったか明らかである。(レビュー見返したら一応星4にしてたけど、もうちょい誉めたくなったわ)

おもしろいけど、そんな感じです。あと、さすがにこのシリーズ映像はきれい。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2019年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作を観ていなくて、ネットであらすじだけ見てから鑑賞。 エイプ視点...

前作を観ていなくて、ネットであらすじだけ見てから鑑賞。

エイプ視点か人間視点、猿の惑星は本来人間の視点で見るものでしょうが、本作はエイプ視点で描かれてるので、エイプの応援するのは必然。頑張った。

じゃがいも王子
じゃがいも王子さん / 2019年1月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きなシリーズです。

大好きなシリーズです。

oracion
oracionさん / 2018年11月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4

人間が今までしてきたことへの
報復なのか、自然が人間に厳しすぎる(笑)
シーザーへ忠誠を捧げるモーリスたちに
涙が止まりませんでした。

さあああん
さあああんさん / 2018年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リーグーの威厳

最初の猿の惑星シリーズを観たのが、小学生の時。チャールトン・へストンが最後にたどり着いた海岸で目にしたものに大きな衝撃を受けたのを鮮明に覚えてます。

あれから50年…。場面設定やシリーズも変わりましたが、その根底には、悲惨な争いや醜いエゴ等、人間の愚かさについて、風刺しているのは変わらないのかな。そして、最後に残ったものは…⁈

その中で、リーダー無き現代社会に、改めて求めているリーダーとしての在り方を、シーザーの感情と言動と共に描いていました。

途中から、シーザーやモーリスの顔が人間の顔に見えてきました。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

有終の美 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

リブート版猿の惑星シリーズもこれで最終回。そのせいか今までにない傑作に仕上がった。略奪者と守る者、猿対人の争いもラストとなった。淋しい。
まず、全体に初代のトリビュート感が満載で昔ながらのファンにとって涙もの!
相変わらずのモーションキャプチャーでのCGも優れており下手な作品より人間味(猿味)のある表情がリアル過ぎる。
そして初代に続くエンディング。
お見事です。

としぱぱ
としぱぱさん / 2018年9月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

オマージュの数々に感動。

『猿の惑星』リブートシリーズの最新作。これが最後…で、いいんだよね!?
一度本編を観てからすぐに特別映像を見てからもう一度本編に戻ってみると、なるほど歴代作品に捧げられたオマージュの数々が面白い。
キャラクターの名前や台詞に、製作陣の歴代作品への愛が滲み出ているのがひしひし伝わってきて感動してしまった。

本編の感想は、かなり戦争にスポットライトが当たっていて、緊張感のない和みのシーンがかけらもない という感じ。見ていて辛くなるような痛ましいシーンもあったけど、シーザーが大佐に憎しみを抱いて執着するきっかけになるシーン(妻と子の死)はややパンチが弱い。冷静で和平派なシーザーがそうではなくなるというのがこの映画の醍醐味である筈なので、もうちょい衝撃的な演出があっても良かったと思う。
ノバ役のアミア・ミラーが可愛くて可愛くて!喋らないから、あどけないまなざしで演技をするっていうのかな。ずっと見つめていたくなるキャラクターでした。

幸ぴこ
幸ぴこさん / 2018年9月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リブート版ラストにして最高のエンディング

驚愕のVFX映像、余りにもリアルで猿と対面する恐怖すら伝わる
人対猿という大きな本流の中にある様々な感情が描かれていて、最高の3部作の締めくくりになったと感じた
猿が主役であるため、ウイルスで賢くなったといえど突拍子もない展開ではなく、リアリティのあるシナリオや、飽きさせない展開で終始驚きと映像表現に魅了されていた
本気のリブートを目の当たりにした

GOODMAN
GOODMANさん / 2018年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつのまにか

第1作の作品から比べると、いつのまにか人間は完全に悪者になってしまっていることが残念。
もっと対等な立場で描いて欲しいかな。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2018年8月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ

よく出来てるけど惜しい。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかの結末とは・・・

大ヒットSFアクション・シリーズ最終章!!

あの伝説のリーダー!!
チンパンジーの「シーザー」がまさかの結末とは・・・

「聖戦記」は「創世記」・「新世紀」よりもリーダーである「シーザー」の偉大さが凄かったです!!

CAESAR
CAESARさん / 2018年7月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シーザーがリアル

映像が凄く、シーザーがリアルで良かった。
ストーリーの展開はとても良かったと感じた。

toshi
toshiさん / 2018年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらなかった

2作目がスゴく面白かったから来たいしてしまったのが失敗だった。人間達の争いに利用されただけのエイプ。
見たかった人類とエイプの戦いはこういうのじゃない。

おこげ
おこげさん / 2018年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時間配分わるし

無理やり感動させようとBGMやアップがくどい。鈍重でテンポ悪い。その割には結末はかなりあっけない。
これでもかと言うくらいのアクションを期待していたし、あの猿やあの猿がどうやって散るのかなど楽しみでしたが、期待ハズれでした。
本編の大半が脱獄モノというのも期待ハズれ。

アリンコ
アリンコさん / 2018年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

209件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報