ヒトラー最後の代理人

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヒトラー最後の代理人
0%
21%
58%
7%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦中にアウシュビッツ強制収容所の所長を務め、終戦後に死刑に処された実在の人物ルドルフ・フェルディナント・ヘスの自叙伝をもとに描いた歴史ドラマ。ナチス・ドイツ敗戦後の1946年。アウシュビッツ強制収容所で最も長く所長を務めたルドルフ・ヘスは、ポーランドの刑務所で裁判にかけられるのを待っていた。ヘスの取り調べを担当する若き判事アルバートは、ヘスが持ち込んだシアン化合物系の殺虫剤ツィクロンBによって101万人もの人間が虐殺されたことなど、収容所で行われていた恐ろしい行為の数々を明らかにしていく。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

2016年製作/84分/PG12/イスラエル
原題:The Interrogation
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Daroma Productions

映画レビュー

3.0ほとんどが取り調べ

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 「仕事をすれば自由になれる」と横断幕に書かれている写真が何度も登場する。取り調べる若き捜査官兼判事アルバートは「本当にそう思っていたのか?」という質問を何度も繰り返す。ヘス自身が投獄されたこともあり、ヒムラーから収容所の所長をやってみないかと誘われ、総統のため命令には何でも従うようになった経緯が語られる。

 アウシュビッツ所長になってからは、ソ連将校の虐殺は何にも感じなかったが、ユダヤ人大量虐殺の命を受けてからは若干人間性を取り戻したような説明をする。特に、ガス室に女性と子どもが送られるときには家族を思い出したなど。

 ほぼ語りだけで進む映画で、時折アルバートの行動も挿入されるが、なんだか意味を為してないような気もする。ヘスの絞首刑はあっけなかった。ほんの数秒で絶命したような感じ。映画そのものも呆気ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0暴力に走らせたものは

ke_yoさん
2017年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

歴史上類を見ないほどの残酷な強制収容所で大量虐殺をしていたと思えぬ淡々とした語り。
終わってもなお、自分のしたことの過ちをまるで他人事のように捉えるその雰囲気は、異常性に満ちていて、逆にとてもリアルだった。

仕方なかった、命令は絶対だった、あれは仕事だった

そうではなくて、ことの重大さに気付き、犯した罪の大きさに押し潰されて、罪の意識に苛まれ過ぎて心を病んでよ…その方がまだマトモ。何で大丈夫なの?

死ぬまでナチスの党員のままだったんだね。
それとも、そういなければ平常心すら保てなかったのか。

最後の方で、刑事を暴力に走らせたものは、彼らを狂気に走らせたものと同じか。
人の善悪や道徳は脆く、暴力性や残酷さは、容易く顔を出すのか?それを言いたくてあのシーンを入れたのだろうか。

本日、日本は終戦記念日。
世界ではまた戦争が始まりそうな不穏な情勢の中、この作品の持つ淡々とした不気味さと、人類の過去の大失態を思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ke_yo

0.5映画としては退屈。けれど見逃せない、戦争の悲惨さ。

2017年1月13日
PCから投稿

悲しい

単純

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:実体験から語られる痛ましい収容所の真実に、思わず背筋が凍るよう。戦争の悲惨さを痛感させられる。
否:物語はほぼ対話だけなので、興味があっても思わず退屈してしまいそう。

 物語は、ほぼほぼ2人が取調室で語り合う場面で進むので、映画としてはかなり退屈です。興味を持って観ようとしても、正直辛いかも知れません。
 ただその内容たるや、非常におぞましい強制収容所の真実が語られているのも、見逃せないところです。ルドルフ達が、善悪を判断することすら許されず、命令をただ実行するだけだったという実態にも驚かされます。
「“総統が命令し、親衛隊が実行する。”これはただのスローガンではない。」
という言葉には、身も凍るようです。
 戦争の悲惨さを痛感することが出来る作品ですので、深く考えたい方にはイイかも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

4.0戦争とは

2017年1月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興味深い告白が聞けて、それだけで見たかいがあった。
戦時中ではなくとも人は人を殺す。その現実と「戦争の狂気」との違いは?どちらも悪と分かりつつ何故?
戦争なんて起こらない方がいいに決まっている。ではなぜいまだ世界には戦禍があるのか?
知って、考えて、人と関わりあっていくしかない
タイトルにヒトラーを入れた方が分かりやすいのは理解するが、元は「取り調べ」ですから…

追記
もう一つのナチス犯罪者の映画を見て、こちらの方が全国公開して欲しいと思い★評価上げました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
夢は映画館の部屋を作ること。
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る