劇場公開日 2016年10月22日

荊棘の秘密のレビュー・感想・評価

3.610
10%
66%
21%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

4.0母と娘の絆

2020年9月21日
Androidアプリから投稿

脚本がイイと思ったらパク・チャヌクなんですね。

WOWOWで前に見ましたが面白かったのでコピーしました。
また、見て見ようかな。

イイ映画は見返したくなりますよね。

しかし、韓国映画を見てると韓国政治の世界の腐りようにドン引きますが映画の中の世界だけであって欲しいと願うばかりです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チアゴまておチロ

3.5男たちの汚さと母の愛

mistyさん
2020年12月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ソン・イェジンの子供を思い、身なり構わず執念で真実に迫る演技が凄い。登場する男達の汚さや自分勝手さがそれと対比されて怒りを呼ぶ。重く苦しいながら、終始目が離せない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

3.0娘の友達は素行の悪い子たち。

kossyさん
2018年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5どんでん返し

2017年4月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

犯人探しのミステリーなのですが、さすがパクチャヌク監督。一筋縄ではいきません。この結末は最後まで読めませんでした。お見事。母の狂いっぷりといい、娘の死体が発見される際の演出といい、本当に凄いですよ。DVDでの観賞となりましたが、これは映画館で見たかったな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
モロッコガール

4.0反吐映画

さん
2017年4月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ポスターに書いてあります「反吐も出ぬほどの絶望の彼方」と…
反吐は出ます。反吐映画です。しかもこれが面白い。

政治家の一家。選挙活動が始まる初日前夜、娘が行方不明に・・
必死に探す母親。選挙と娘どちらが大切なのか分からない父親。

面白いはず、脚本がパク・チャヌクだった。最近では『お嬢さん』の監督。
娘を気が狂うほど必死に探す母親、その内に自分が知らなかった娘の裏の顔が見えてくる。
人の心の底にある闇部分、嫌な感じがするやりとり、妙な笑い、秘め事など小さな伏線が混じりあい反吐が出てくる結末。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
豆

4.0娘を殺したのは誰!

2017年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

興奮

夫が選挙に立候補した日に、一人娘が行方不明になる。
夫は選挙活動ばかり、妻は娘の行動を調べ始めるが、知らないことばかりで唖然とする。
警察はあてにならないと一人で捜査を始めるが、なかなか消息をつかめず、いら立ってくる。
とても面白い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0めちゃくちゃ面白かった

mamiさん
2020年10月7日
iPhoneアプリから投稿

これぞ韓国映画って感じで面白かったです
結末…そう来たか!!
最終的感想は大人ってやつはって思いました…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mami

3.5ソンイェジン

pigeyesさん
2017年1月24日
iPhoneアプリから投稿

不思議なリズムの脚本。それがちょっと狂ってて味。娘が組んでる変なバンド=ジンとオク、娘が歌う変な歌詞の歌、意外とありふらんぼ的でフリーキーな良い歌。ショートカットの微妙な顔の女の子達の物語。カッターの刃を使った変なイジメ、トンカチとノミで肋骨折る変な嫌がらせ、変な選挙、行ったり来たりの変な轢き逃げ、大統領への変な遺書、空気清浄機の変な隠しカメラに、変な真相。この変拍子なリズムが掴めるとかなり面白い。で、その変さが、随所に散りばめられた鋭いセリフで回収されて、グッと物語が締まってる。パクチャヌク今まで正直ピンと来ていなかったけれど、なるほど韓国映画の度量広さというか、懐の深さというか、いずれにせよ、ちょっと見たことない、くだらなさと紙一重な物語が書ける優れた才能。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pigeyes

3.0駄目な大人たち

2017年7月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

後味の悪い映画だった。やったらやり返すの復讐への執念はすさまじかったが、原因となるエピソードがあまりに低レベルなのでなんだかなという感じ。
映像も血なまぐさいし、何より子供にこんな役をさせて、これから健全な大人に成長していけるのかと心配になる。
映画に登場する大人たちの、ダメさ加減が際立った。生臭くて気が荒くて執念深い大人たちだ…。
ダークな世界を、すさまじい執念と復讐、さらには子供のピュアで邪悪なテイストとの融合で描きたかったのだろうか。何だか駄目な人間たちの闇の部分を見せつけられただけの映画の気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
オパール

4.0母の愛と狂気

e-pinさん
2021年1月26日
Androidアプリから投稿

予告編を見て、父の選挙絡みなんだろうか…と勝手に予想しながら観始めると、いきなり娘が行方不明に。
観ているこちらは置いてけぼりでどんどん狂気を増す母。
母目線で進むので、どいつもこいつも怪しさ満点、ついでに母も正気とは思えず、「これは観て失敗だったか…」と思い始めたところで、娘発見。

そこからの伏線回収は鮮やかで、そして母の名探偵ぶりが冴えます。ところで警察がまったく活躍してないが大丈夫なのか…?

思春期の子供の部屋やPCを親が覗けば、見たくもないことのひとつやふたつ、あるのが当然だとは思う。が出てくるわ出てくるわ…この辺りはsearchを思い出す(こっちの方が先だけど)。嫌な予感しかしない。
しかし、結局のところ子供がそうなってしまう原因は大人にあるんだよね。無邪気なままの子供でいられなくなった理由がしんどい。

結末に関しては予想できる人も多いかもしれないが、終盤にかけて母の目に宿る怒り、慟哭、決意、その勢いがすさまじく、時間が経つのが早かった。すべてを知った母の行動がいかにも韓国映画っぽくて好み(笑)
脚本がパク・チャヌクとのことなので、そこは得意分野なのかも。

韓国特有の、くら~い、おも~い胸糞展開がお好きな方はぜひ(誉めてます)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
e-pin
「荊棘の秘密」の作品トップへ