サーミの血

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
サーミの血
サーミの血
17%
62%
20%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北欧の少数民族サーミ人の少女が、差別や困難に立ち向かいながら生きる姿を描いたドラマ。1930年代、スウェーデン北部の山間部に居住する少数民族サーミ族は、支配勢力のスウェーデン人によって劣等民族として差別を受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通うエレ・マリャは、成績も良く進学を望んだが、教師からは「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げられてしまう。ある時、スウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで、エレは都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。スウェーデン人から奇異の目で見られ、トナカイを飼育しテントで暮らす生活から抜け出したいと思っていたエレは、ニクラスを頼って街に出る。監督のアマンダ・シェーネルはサーミ人の血を引いており、自身のルーツをテーマにした短編映画を手がけた後、同じテーマを扱った本作で長編映画デビューを果たした。主演はノルウェーでトナカイを飼い暮らしているサーミ人のレーネ=セシリア・スパルロク。2016年・第29回東京国際映画祭で審査員特別賞および最優秀女優賞を受賞した。

2016年製作/108分/G/スウェーデン・デンマーク・ノルウェー合作
原題:Sameblod
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2016 NORDISK FILM PRODUCTION

映画レビュー

4.0自由を求めるヒロインのたくましさに魅せられる

2017年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

3.5偏見は、血だけではない。

2020年8月27日
iPhoneアプリから投稿

「血」という、実は誰にとっても身近で深いテーマです。生まれは自分では選べません。だから、出自を蔑んだり誇っても意味がないことなのに、単に「異なってるね!」だけでは終わらない。なぜか上下や優劣の評価をしたがる。人間の哀しいサガなのか。

偏見は、私たちが生きていく中で、そこら中にあります。血だけではない、家柄、学歴、経歴、性別、親の職業、容姿... なんでも縦の評価軸で捉えたい人間は、相変わらずたくさんいます。

主人公はサーミ出身、蔑まれる側ですが、一方で部族に従順な妹に対しては「自分の将来も考えられないバカ」と辛辣な言葉で蔑みます。
主人公は成績優秀、スウェーデン語もペラペラ、先生のお気に入りなのです。私、頑張ればスウェーデン社会でもやっていけるんじゃ?努力次第で。そう思うのは当然のなりゆき。
単なる無鉄砲ではない。
自信があるからこそ、いわれもない見下しに、矛盾と抵抗と正当な怒りを感じてしまう。
変な身体検査までされて、怒らない方がおかしい。

人間じゃなく、動物扱い。

そうです、本人が言うように、
バカならそこまで怒らない。
知性があるからこその怒り。

そして突き抜けていく。
想像以上の荒野へ。

偏見って非合理的なのに、社会がいったん誰かの感覚によって歪められた枠組みを設定してしまうと、歪みが常識となり、もはや己れの歪みにも気付けなくなってしまう。

でもその枠の外にいる者から見ると。
その枠型は絶対なものではなく、歪みを自慢する優生側の方こそむしろ知性が低いのではと感じる。
偏見はそういうフシギなものだと思います。

実際に本作で出てくるサーミの人たちは、民族衣装も子供達も、日本人である私から見れば素敵だし、とても愛らしい。
でもスウェーデン人は侮蔑的に見ているらしい。私は、スウェーデンは男女同権が進んだ、偏見や差別を克服した国、羨ましいとずっと思っていました。
でもどうやらそれは光の部分。
光があれば、影もある。
偏見を減らすってやはり簡単ではないのですね。

どんな社会でも、
生きにくさを感じながらも自分が今いる集団の中で、死ぬまで守られて生きる人生もあれば、
成長と共に集団のガラスの天井に頭がついてしまって、突き破って抜けていかざるを得ない人もいる。
たとえ外の世界が荒野であっても。

映画は、とにかく居心地の悪さ、いたたまれなさが延々と続きます。
主人公は突き破って荒野へ出ました。
勇気も能力もある少女。
が、終始、何か影がつきまとう。
どこへ行っても。
家族を捨てても、
名前を捨てても、
憧れの教職についても、
故郷に戻っても。
何か自分を偽っている感じ。

外向けの自分を大きくすればするほど、
隠している自分が、影を作り出すのか。
今のSNS社会とも通じるでしょうか。

サーミであることはなんら恥ではない。
けれども、スウェーデン側の教育によってサーミは劣っているという偏見を刷り込まれ、サーミである自分を認められない。
むしろ差別する側に自分も同化して、必死で見下されないようにしている。母親の「このスウェーデンかぶれが!」と娘を罵る言葉が、痛い。
主人公自身にも差別意識が芽生えた臭いに、母が鋭く反応します。

でも主人公が進学したいという気持ちは本物。
賢く、好奇心が強い。
数々の偽りも、スウェーデン社会に受け入れてもらうため、自力で生きていくための必死さゆえです。
でも、いじらしいという言葉は相応しくない。
他人がどうこう言えるような、そんな甘っちょろい道のりではなかったと思う。

映画は多くを語りません。
老婆となった主人公が映るだけ。
これで良かったのだろうか。
その問いはまだ終わっていない。

私は主人公の姉妹愛が、唯一救われどころでした。
妹も、お姉ちゃんが集団からはみ出して、みんなから疎まれているとわかっている。お姉ちゃん嫌われてるよ!と責めたりもするのですが、いかんせんまだ幼さの残る二人、無邪気に水遊びする。よくなついている妹。
お姉ちゃんも理屈じゃなく、妹のこと好きなんですね。
だから何十年も経て、妹の葬儀に帰ってきた。
主人公の寂しさに、人間らしい、血の温かさを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
xmasrose3105

4.51930年代の設定だと!

2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この物語の何箇所かは監督の祖母の話だと後で読んだ。今でも少数民族に対する差別は根深く残っていると思うが、これがいつの時代か気になって調べてみると 1930年代の話だ。14歳ごろサーミの土地を離れ、60年ぐらいたって、妹の葬儀が理由でサーミの土地に戻ってきた祖母の話。

偏見や差別、嫌いな文化から逃れるため、自分を偽ってきた。人々に蔑まれ、何ひとつ、希望を与えてもらわず、それに、頼ればそれが間違いだったと気付かされ人生を生きてきたと思う。エレ・マリャのいくつかの人を利用する行為は同意しないけど、これだけ自分の血や育ちを嫌っていきた彼女の最後のシーンの姿。血は争えないというより、60年もラップランドのサーミの土地と家族に対する謝罪と郷愁に駆られて、妹に誤り、山を登ってあがったと思う。

学校の先生『あなたはスウェーデンの子供たちと同じスキルをもっていない。エレ・マリャ、あなたはかしこい。でも家族を手伝わなきゃ。あなたたちだけが、必要なスキルがこの村にある。』

エレ・マリャ『もしここにいたくなければどうしたらいい?』

学校の先生『それにかんしては私は何もできないよ。』

エレ・マリャ『じゃああ誰が決めるの?』

学校の先生『統計が証明しているの。あなたたちは街に行って他の人と交わることができないって。あなたたちはここに住むの。そして、死んでいくの。ここで、』

この学校の先生の言葉はエレ・マリャを失望させた。こういう考えじゃ、このサーミの生徒たちを教えることができない。ただの仕事として教職についているだけなんだなあと。なんて思うけど1930年代のラップランド。しかし、この主人公、たくましいが、全く笑いがない。心に余裕がない人だったね。いや、彼女の人生がそうさせたと思う。

それに、サーミの住んでいる土地でのスウェーデンの子供達ののいじめも強烈だった。トナカイのように『耳を傷つける』て印を残す。数をあげればキリないが、Yoikingを( Yoik of the Wind  これをコピペして聞いて。自然と一体になるような音楽の文化)ニクラスの誕生パーティーで人類学を学んでいる人に無理やりハミングさせられるシーンがあるが、今流に言えば、マイグロアグレッションの典型だ。最悪。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Socialjustice

4.0遊牧民という身体性

yoneさん
2020年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

北欧の先住民でもある遊牧民の物語。

時代は1930年頃。
当時、このサーミ人の方たちは差別の対象だったらしい。

日本人である自分には遊牧民の生活は想像するしかないけど、監督もサーミ人の血を引いてる方みたいで、こういう映画が評価されてるってことは、時代が流れて差別も薄れて来てる証拠なんだろう。

遊牧民と定住民どちらが幸せか?
・・なんて問いに答えはないけど、色々と考えさせられる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る