サーミの血

劇場公開日

サーミの血
17%
63%
19%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北欧の少数民族サーミ人の少女が、差別や困難に立ち向かいながら生きる姿を描いたドラマ。1930年代、スウェーデン北部の山間部に居住する少数民族サーミ族は、支配勢力のスウェーデン人によって劣等民族として差別を受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通うエレ・マリャは、成績も良く進学を望んだが、教師からは「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げられてしまう。ある時、スウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで、エレは都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。スウェーデン人から奇異の目で見られ、トナカイを飼育しテントで暮らす生活から抜け出したいと思っていたエレは、ニクラスを頼って街に出る。監督のアマンダ・シェーネルはサーミ人の血を引いており、自身のルーツをテーマにした短編映画を手がけた後、同じテーマを扱った本作で長編映画デビューを果たした。主演はノルウェーでトナカイを飼い暮らしているサーミ人のレーネ=セシリア・スパルロク。2016年・第29回東京国際映画祭で審査員特別賞および最優秀女優賞を受賞した。

2016年製作/108分/G/スウェーデン・デンマーク・ノルウェー合作
原題:Sameblod
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2016 NORDISK FILM PRODUCTION

映画レビュー

4.0自由を求めるヒロインのたくましさに魅せられる

2017年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
ぐうたら

3.5特に変わったことは無いような内容な感じがした。何を感じさせたいかが分からない。

2020年1月19日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
䨺龘さんがあなたのレビューにコメントしました

4.0先進的福祉国家として名高く、異民族にも寛容なスゥェーデンで起きてる矛盾

琺瑯さん
2020年1月14日
iPhoneアプリから投稿

サーミ人はスゥェーデン、フィンランド、ロシアコラ半島に住んでいる先住民族である。
物語は主人公の老婆の少女期1930年代のこと。
スゥェーデン人は同じ国に暮らすサーミ人を酷く毛嫌いしていた。サーミ人は不潔、知能が劣ってる、文化的には暮らせない。サーミの人々は代々テントに暮らしてトナカイの放牧をして暮らしているしかなかった。
サーミ人の少年少女は同じ寄宿舎で教育を受けるのだが、そこでは間違いを犯したら打ったり、スゥェーデン人のアイデンティティを一方的に教え込む教育。更には生態検査としてサーミ人の子供たちを裸にさせて写真を撮る人権無視。
サーミとしてテントで生きるよりも、自由に生きたいと願う主人公の全力の足掻きとそれを阻む虚しさ。
同じサーミ人との確執やスゥェーデン人に未だ残るサーミ人に対する不快感など。
映画にしなければきっとスポットライトすら当てられなかったスゥェーデンで起きていた人種差別。
この映画が多くの人達に周知のされたらと願うほどの良作だと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琺瑯

3.5民族差別

2018年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

結局、民族として誇り高く生き様としていた母妹達を差別してたのは他でもない自分自身だったんですね。
しかしヒロイン役のおばあちゃん&少女、眼光鋭く力漲り凄かった。対照的に常に姉を心配し老いてまで一途だった妹が可愛く素晴らしい、一緒に水浴びするシーンが良かったですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
褐色の猪
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る