「松田龍平の惜しい使い方」羊の木 アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「羊の木」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

羊の木

劇場公開日 2018年2月3日
全225件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

松田龍平の惜しい使い方

殺人犯六人の更生物語ヒューマンドラマかと思いきや、前半と後半は別物語。
前半の人物像が鮮やかで際立つ持ち味が、良い。特に優香の崩れた色気とか、北村一輝の薄い悪さとか。
後半は驚いたが、松田龍平の個性に頼りすぎだな。
彼の持ち味は外見から中身が見えない事。
彼だから成り立つ進行だ。異常者がいました。これで済ませるなら、全ての仕掛けが台無しになる。
松田龍平だから、良いのか悪いのか、普通なのか、何かあるのか底の見えない姿を見て、後半にかろうじて繋がるのだ。
他の人がしてたら間違いなくぶち壊しです。
錦戸亮や木村文乃の迷いや苦しも生きてこないのはとても残念なことです。

アサシン
さん / 2018年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報