ひるなかの流星のレビュー・感想・評価

メニュー

ひるなかの流星

劇場公開日 2017年3月24日
83件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

永野芽郁ちゃんがかわいい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

漫画ならではの内容という感じ。主人公の転校先の隣の席になった男の子との恋愛、王道で良い。三浦翔平演じる先生の距離感が最初からおかしいのが笑ってしまうが、かっこいいから許せる(笑)

クールな馬村が触れるたびにほっぺが赤くなってしまうのがとても可愛い。

イケメン二人の間で揺れ動く主人公に共感は出来ないが、一度は体験してみたいシチュエーションだと思う。一緒にいて楽、なんでも言い合える関係の相手といる方が長く続きそうな気がする。私も選ぶなら馬村かなと思った。白濱亜嵐さんの演技が思っていたより良かったです。

山本舞香演じるゆゆかちゃんにたいして、「嫌な奴かもしれないけど、嫌いな奴ではない」っていうすずめのセリフが好き。男の子が絡むと女子の関係はこじれやすい。でもそれを乗り越えると一生ものの友情が生まれたりすることもある。なんでも言い合える女友達がいるってとても羨ましく思った。最終的には前に好きだった相手との恋を応援してくれる感じも良い。ゆゆかちゃんも幸せになれますように。

獅子尾先生とくっついた場合のアナザーストーリーも観てみたい気もする。なんか大人な感じ。まっすぐなすずめにあたふたする先生を見たい(笑)

全体的にすごく嫌な奴もいないし、ほんわか観れる映画かなと思いました。

smallbear
smallbearさん / 2018年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

永野芽郁さんがかわいい。でも二人の間で揺れ動いてしまうところが嫌だった。

永野芽郁さんが主演なので、公開時に劇場で見た。

年齢的なことや好み的なものもあるのかもしれないけれど、かわいさでは他の女優さんやアイドルと比べても群を抜いているような気がする。

写真で見るとあまりかわいくないのだけれど、動画で見ると不思議とすごくかわいくなる。

特に演技し始めると目がくるくる動いてかわいさ倍増。

笑顔もいいし、泣いている表情もいい。

今回はなかったけれど、ボケて笑わせるのもうまい。

細くて少女マンガから抜け出してきたような体形もいいと思う。

それから走り方がきれい。

意外に走り方が変な人が多いけど、永野芽郁さんはすごくきれいに走る。

監督もそれを解っているのか、この映画でもやたら走らせていた。

個人PVのような感じで見ていたけれど、他におもしろいところがあまりなかったので後半やや飽きた。

原作は知らないけれど、かっこいい大人の先生がちょっかい出してきてくれたらいいな、というようなところからきているのだと思う。

それは別にいいと思うし、こんな先生いないよ、というツッコミもなしだと思う。

でも、私は男性だけれども、少女マンガ原作物の場合は基本的に主人公の立場(お父さんの立場かも?)で見ているので、相手役の男優さんを見る目は女性が見る場合よりも厳しくなる。

自分から見てかっこよくて共感できないとダメ。

まあ先生役の三浦翔平さんは顔はまあまあかっこいいと思うけど、同級生の人気者男子馬村大輝役の白濱亜嵐さんが疑問だった。

この人イケメンなのか?とずっと思いながら見ていた。

イケメン風の先生の態度も我慢して見ていたけれど、やっぱり無理だった。

自分が主人公だったら「貴様!何を考えているんだ?チャラチャラしやがって、ふざけるな!!」と怒鳴ってしまうと思う。

第3の人物(できれば『君に届け』の三浦春馬さんみたいな人)が出てこないかな?と、出てくるわけないけどずっと思っていた。

主人公のすずめ(なぜかNHKの朝ドラと同じ名前)もよくないと思う。

現実はこんなもんだろうと思うけど、二人の間でフラフラし過ぎ。

ビシッと一本でいってもらわないと困る。

そこまでいかなくても同時進行はよくない。

そこんとこぶれちゃって最後妥協したみたいな感じでくっつかれても感動しない。

方向性は同じで、いろんな紆余曲折ありながら、最後くっついて終わるところがいいところ。

方向性が曲がってしまったらなにやってるのかわからなくなる。

Push6700
Push6700さん / 2018年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キュンキュン❤

カッコいい
やっぱり三浦翔平君❤
あんな先生いたらヤバい

そして亜嵐くん
あんな同級生いたらヤバい

永野芽郁ちゃんもかわいかった

LASTのシーンキュンキュンきたし❤
って言うか三浦翔平君がいちいちカッコよすぎで
キュンキュン❤

亜嵐くんも可愛かっこよすぎて
キュンキュン❤

翔平君みたいな人に出逢いたいなー❤

mami
mamiさん / 2018年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アイドル観賞用

ありえない恋愛話が、
現実の話ですよといわんばかりにマジメな顔して進行していく
まさに少女漫画

三浦翔平か白濱亜嵐か永野芽郁が好きなら楽しめる。

いもりり
いもりりさん / 2018年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キスシーンのハッピーエンドは人生に無責任 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『ひるなかの流星』(2017)

<キスシーンのハッピーエンドは人生への無責任だと思う。>

『半分、青い。』で朝の顔の永野芽郁主演で、役名も漢字は違うが、名前が「スズメ」で同じ。キャラクターも似た感じでもあり、どちらも上京する話でもある。主演の担任(演:三浦翔平)が顔をやたら近づけたりいけないと思うが、主演は担任に恋をする。主演に恋する同級生の男(演:白濱亜嵐)が出てきたり、その男に恋をする主演のクラスメートの女子(山本舞香)とか、片思いがスライドしている。担任と女子高生の恋愛というのはどういうものか、社会的に認められることなのか、そうでないのか。主演は担任に告白するが、担任は主演の知人のおじに指摘されたのもあり、教師と生徒の関係を意識して断る。内心は担任のほうも良く思っていたのに、裏腹のことを言う。失恋した後で、同級生の男と鉢合わせし、涙でふられたという主演を、男子は抱き寄せ、俺を好きになればいいんだよというときに、クラスメートの女子がさらに鉢合わせする。「こんなにみんなが傷つくなら恋なんてするんじゃなかった」。両親の海外転勤から田舎からおじを頼って上京した主演だが、母親がいったん帰国して、主演も田舎に戻る。なぜか担任やクラスにそれが通知されておらず、担任は心配したり、クラスメートの男女はそれぞれ気がそぞろだ。ところがなんだか軽いのか爽やかなのか、クラスメートの男女が主演の田舎に二人で訪ねて来る。母親と主演と男女のクラスメートとの4人で食卓を囲み談笑する。このシチュエーションは普通はあり得ないような気もするが、それだけ淡い関係の段階だからか。というより、女友達が怒っているのは、誤解のようでもあるが、なんでも話してくれるかと思っていたのにということだった。「あたしだってね。あんたのことは大事なの」
友達じゃないと言ったこともある女友達だが、女友達も男子に告白してふられたと言う。主演の部屋で枕投げになって女子生徒は眠りにつく。男子生徒は縁側で座っていて、気づいた主演が、
「気持ちに応えられない」と言い、4人とも恋愛が成就しないが、男子生徒は、学校に帰ってこいよと言う。4人とも教師と生徒や友人関係としては仲が良かった。しかしこの抑制というか、恋愛関係を尋ねたところで合致しない場合に距離を置けるというところに精神性があり、この映画というか、原作は少女漫画だそうだが、そうした掟というか、倫理性をわきまえているようだ。それがないと乱交もののアダルトビデオへと向かっていってしまう。だが、女子生徒は引き下がったようだが、男子生徒は引き下がらず、担任の前で俺たち付き合ってるんでといい、後輩に慕われすぎているから離れさせるためなのか、手をつないで歩いてあげたりしたが、約束の時期を過ぎると手つなぎをやめる。だがそのお礼だという水族館のチケットをみせると、一緒に水族館に行く。水族館で主演のほうが海の生き物が好きなのを男子のほうが変だと思う場面は、『半分、青い。』で監獄のセットに
『半分、青い。』は、この映画のオマージュ作品だっけか、そういう面もあるのだろうか。男子生徒は水族館の帰りに、好きだと告白する。主演が「わたしは・・・」といいかけると、答えは今すぐじゃなくていいと、男子生徒は去る。翌日、主演は昨日の返事をすると男子生徒に会いに行き、担任と男子クラスメートとの一緒にいるときの感情が違うんだと説明して、また断る。と思ったら、反転して「私と付き合ってください」と言い、「すっげえ、無茶苦茶だなお前、小間がそういうやつだと知ってるよばーか。今まで以上に大切にする、よろしくお願いします」と、途中断られたと思い、わかったと諦めようとした男子生徒と付き合いが成立する。しかし、ここかがらいけない。二人きりになったときに担任が主演を抱き寄せようとしてしまう。でも主演には倫理性があった。担任をふりほどいて教室を出る。これは男の未練としては担任は人間味があったかも知れないが、悪教師になってしまいそうだった。そして校内運動会で、教師チームと生徒のチームのリレーでアンカーが、担任と男子生徒になるのだった。落ち葉のシーンや湖の色のシーンなど美しい風景の場面もあり、カメラワークで遠くがぼかされたりされている。そして、担任が事故に遭い、主演は心が曇り、それを察する男子生徒が早く担任のもとへいけと厳しい表情で諭す。主演は走る。担任のもとへ走る。一足違いで電車に遅れる。急いで病院にとんでいくと、そんなに重くない事故だった。クラスメートの女子がどうして主演を担任のもとに送ったと責めてくるが、ベンチに男子生徒と女子生徒が並び、男子生徒が女子生徒に気持ちを話す。病院では担任が主演に気持ちを話す。担任は好きだよと主演に伝え、主演も同様だという。と思ったら、「私も先生のことが好き。でした」と話す。でした?
「私が今大切にしたいと思う人は、先生じゃない」。「いいんだ。ちゃんと伝えられれば。自分の気持ちをちゃんと伝える。それが相手を大切にすることだと思うよ。それが出来なかったから、だからこんなダサいことになってんだよ」「それでも誰がなんと言おうとこれは初恋です。」頭を深く下げる。
担任は微笑む。そして一人ベンチでまだいる男子生徒に駆け寄る主演。なんとも揺れ動く話だが、
主演はなんだかわからないけど、男子生徒のことばかり考えるんだよ。と、努力しなくても男子生徒のほうを向いてる。好きだよ。いっぱい傷つけてごめん。今度は私が幸せにする。よろしくお願いします」と言う。そして高原の美しい風景の背景でキスシーンになるのだが、ここであえてこういう時代にしてしまうトリックには批判しておこうと思う。婚外性行為のどこまでを許容しようと、自由社会はしようとするのか。手をつなぐまでか、抱き合うまでか、キスシーンまで受容しようとしてこうした描き方をするのか。そして、コンドームやピルが売れたり、堕胎が年間20万件ちかく年々起きるのか。こういう映画などの作り方をするならば、10年後に同じカップルが子供と一緒にいるところまで映すならば、婚前行為も婚外行為も仕方ないとすればよいのか。キスは性行為でないなら、誰としてもかまわないのか。了承を得ないといけないのか。新城毅彦という監督はそこまで考えられずに、良いだろうと思って作っているのだろう。この二人がその後性行為を婚外交渉しながら別れてしまったとしてもこうした芸術家たちは責任を取らない。たしか『高校デビュー』なんかも同様だったと思う。他にもあった、キスシーンでハッピーエンドにみせる演出は、無責任ではないのか。『ただ、君を愛してる』なんかは片方を死なせることによりキスシーンを美化させるが、生きて別れたらやり逃げだからだろう。未来にはこうした現在の制作は、婚前交渉に疑問を呈していない映画業界の限界の時代とされるのではないか。昔のガラス越しのキスシーンの時代から迷走する一方である。離婚や不倫やシングルマザーなどが増大してしまった。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年6月1日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

タイトルの、よかった には複数の意味を持たせてます。
まず、本作を大事にした構成でよかった。
キャストティングも個人的にイメージ通りでよかった。なによりも猫田さんがよかった!
最近EXILEグループのメンバーも演技に挑戦するのが増えて来たなーと思っていて、実はEXILEファンだったんだけども岩ちゃんの演技にちょっと違和感を感じてから、亜嵐くんの演技も似たようなもんだろ、顔偏差値でしょ?とめちゃくちゃ偉そうに考えてたんですが、、亜嵐くん!いい!
(岩ちゃんファン、亜嵐くんファンすみません)
この考えがあったから、ひるなかの流星好きだけど映画館で観ることもせず、DVDになってからも観ず…と時が流れてました。もっと早く観ても良かったな。

原作でも映画でも同じことを感じました。
好きって定義じゃないんですよね。
こうだからこう!みたいな。
ドキドキして切なくて苦しいのが恋。っていうもあれば
私が私でいられて自分を分かってくれる、そんな相手がとても安心。そんな人と一緒に歩んでいきたいっていうのも恋。

いろんな恋や愛の形があって当たり前なんですよね。
他の人が言う、たかが少女漫画かも。
でもとってもストレート。濁りがない。

こんな気持ちに戻ってみたら何か変わるんじゃないかと思わさせてくれる作品です。

24rie
24rieさん / 2018年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少女マンガですね

半分、青い!の主人公 永野芽郁が主演なので観ました。少女マンガですね。芽依ちゃんはここでも『すずめ』で経験が足りないから仕方ないけどNHKのドラマと同じ演技で何を観ているのか解らなくなって、佐藤健さんを探してしまいました。
いろんな意味で都合が良すぎて、むしろ猫田さんの方が、好感が持てました。

おちとしひろ
おちとしひろさん / 2018年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気持ちを伝える事

学校の先生がチャラ過ぎて現実味がなくて、そんな先生を好きになる展開がイマイチ入ってこない。
でも、自分の気持ちをちゃんと伝える事が、相手を大切にするという事って最後の先生の言葉は刺さった。

トタ助
トタ助さん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ 楽しい 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

R.Y.U.S.E.I.🌠の如く楽しくてエレガントな映画でした! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全体的にヒロインの演技が良かった。最後は白濱亜嵐の方に恋が傾いて感動した!

ライジングサン竹
ライジングサン竹さん / 2018年3月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読んでます

原作では、先生を選ばなかったところを「なんで!?」って思いました。
この実写では、馬村くんがより可愛く見えて納得。
亜嵐くん演じる馬村が観れただけで、私には見た価値がありました。

Mi-ku
Mi-kuさん / 2018年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

永野芽郁がピュア

永野芽郁が出てるから観てみた。損はしなかったけど、徳もない

おのもん
おのもんさん / 2018年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ファンタジー

毎度おなじみの高校生ラブストーリーで、今回は男の先生(三浦翔平)と同級生(白濱亜嵐)に好かれる転校生(永野芽郁)が主人公。
青春時代はこんな浮いた感じだったかなぁ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこにあるのに見えない

いつもそこにあるのに見えない真昼の星のような存在の彼を選んだ。
きっとこれからはひるなかの流星のように、いつもそばで輝いている。

上みちる
上みちるさん / 2018年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

先生!…好きになってもいいですか?←いや、ダメです

見たってどーせ毒にも薬にもならないし、アホな事しか書けないのは分かってるけど、それでも暇潰しや主演の可愛い女の子目当てでついつい見ちゃうのが少女コミック実写化。
本作もそんなもん。

両親が海外転勤する事になり、何故か一緒には連れてって貰えず、東京の叔父さんの所に世話になる事になった田舎の女子高生・すずめ。
ちょいと迷子になって、公園で昼の流れ星を見てたら、不意に目眩が…。
そこを後ろから抱き止めてくれたのが、イケメン!
そしてこのイケメン、転校する高校の担任なもんだから、運命の赤い糸!フォーリン・ラブ!
この担任、いきなりすずめを“ちゅんちゅん”ってあだ名付けたりして、女子高生キラーか!
それにしても、不倫だの教師と生徒の禁断の恋だの、今の日本映画界は不道徳の広場か!

で、隣の席には、クールぶってるけど女子に免疫が無いこれまたイケメン同級生!
何故か仲良くなって…。
勿論現る恋のライバル!
気の強そうなライバルに対し、すずめはおとなしそうな…いやいや、すずめもなかなか気が強い!
田舎で過ごした幼少時は山の中で忍者遊びをし、ウシガエルを20匹も捕まえたくらいの野性児!
ライバルと取っ組み合いになって、ちょっと突き飛ばされた時、そこにイケメン同級生が…。
そこを巧く取り繕うすずめ。
それが縁でライバルと仲良くなる都合のいい展開。
でも、このライバルの去り際の「ごめんね」がちょっと良かった。意外といい娘。(この娘も結構可愛い)

すずめも担任も不道徳にも想いを寄せ合い、すずめは思い切って告白するが、その前に先生は常識を咎められ(咎めたのはすずめの叔父、自分からじゃない)、すずめはフラれる。
そんな時、イケメン同級生から告白され…。
ライバルともぎこちなく…。
田舎の女の子には厳しい恋路!

で、色々あって一応丸く治まって、すずめはイケメン同級生の告白は受け入れるんだけど、やっぱり先生が好き!
…いや、同級生にしとけよ。同級生でいいじゃん…。

春なのか夏なのか正月なのか全く季節感ナシ。
一体何処の田舎なのか、メッチャ標準語。
一年から突然三年に飛び級。
このいい加減な作り、監督誰かと思ったら、『僕の初恋をキミに捧ぐ』のアイツか…。

「先生、大好き!」「ちゅんちゅん、俺も好き!」…と、最後はワイドショーでニュースになりそうな“事件”にはならず、ちゃんと落ち着く相手に落ち着いたのは辛うじて良かった。
一応ピュアな初恋ストーリーで締め括り。

イケメン二人は名前が浮かばん。
なので必然的にお楽しみは、永野芽郁。
三つ編みヘア、ダサい制服の垢抜けない序盤は田舎差別かと思いつつ、メイクで見違えるように垢抜けてからはマジ可愛い。
こりゃ参ったね。

近大
近大さん / 2018年1月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

うん。って感じ。

キャスティングでなんとなく予想はつくけどでも、、、観ていて最後までハラハラした!

いわし
いわしさん / 2017年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吉祥寺の隣が森林地帯!!

少女漫画の映画化の中ではかなり見やすい映画だと思います。序盤は楽しかったですが、先生は大人だなあとか考え方がしっかりしている等とは感じなかったので、やはり空想で描いた感じが否めません。濱田岳に似た男の子も何が魅力か分からなかったので、先生と男の子が両方いるために内容じたいが薄味になってしまった感じです。吉祥寺の隣が森林地帯であるかのように錯覚を起こします。帰省したら母親が久しぶりと言ってきて友達かよと思いました。山本舞香を久しぶりに観ましたが、「マダム・マーマレードの異常な謎」(2013)で共演した杉咲花と何故ここまで差がついてしまったのか。高校生にとっても恋愛は生きるか死ぬかなのに薄味だし、常にどちらかの男を待たせている訳ですが切なさもなく、高校の時は勉強がキツかったですが、この勉強を全くしていない感じは高校時代を全く描写しておらず、(作った側が)バカになりそうな映画だと思いました。タイトルが象徴的なので最後にタイトルに絡めて何かあると良かったです。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちゅんちゅん

王道のラブコメディで若者向き自分の世代の映画ではなかった。

Takashi
Takashiさん / 2017年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちゅんちゅんの鼻が!! 笑

いや〜永野芽郁さん。普段気にならなかったんだけど、(噂ではあったが)こんなにお鼻が大きく観えるとは思わなかった。
屋外の映像だと強調されますね。

鼻ばかり気にしながら観てしまいました。

内容は田舎から東京へ引っ越してきた女の子のお話で、高校生カップルか女子高生向けの映画です。三角関係お約束映画。
開始30分ぐらいまではスローペースですが、その後ガラリと変わり展開も速いです。ボリュームは意外と有りました。
「ありえね〜」と思いながら観るほかありません。笑
ただ、正直に絶好期のタイミングで恋愛したい人には背中を押してくれる映画です。「恋愛して〜!!」と。笑

今後、永野芽郁さんは今後純粋系の役は厳しくなると思いますので、純粋な永野芽郁を見たい方にもオススメします。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

漫画見てる人でも大満足 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

漫画が大好きで実写化を見ました。
田舎から出てきたチュンチュン役の永野さんも演技が上手いし純粋なチュンチュンがとても表現されていて適役でした!!
先生も真村も似てますね!!
出てる人たちも演技が上手い方ばかりで、漫画の実写にも関わらず、詰め込んだ感はあまりなく的確に大事なシーンを再現してくれてました。
先生がいかんせんいちいち顔が近いなーってなりましたが、もうチュンチュンがとっても素直でいい子で本当に満足な実写化でした!

完成度高くてよかったです。
面白かったです。

よしこ
よしこさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画原作

胸きゅん

sy
syさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

83件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi