家族はつらいよ2 インタビュー: “次男夫婦”妻夫木聡&蒼井優「家族はつらいよ2」で感じた山田洋次流喜劇の妙

ホーム > 作品情報 > 映画「家族はつらいよ2」 > インタビュー > “次男夫婦”妻夫木聡&蒼井優「家族はつらいよ2」で感じた山田洋次流喜劇の妙
メニュー

家族はつらいよ2

劇場公開日 2017年5月27日
2017年5月26日更新
画像1

“次男夫婦”妻夫木聡&蒼井優「家族はつらいよ2」で感じた山田洋次流喜劇の妙

悲劇と喜劇は表裏一体だ。2016年3月に公開された前作に引き続き、山田洋次監督は「家族はつらいよ2」で“笑えない状況”の中で、矢継ぎ早に爆笑の展開を生み出してみせた。平田家の一員として丁々発止のやり取りを繰り広げる妻夫木聡蒼井優は、再びの招集に感動しきり。「山田監督の喜劇に対する気合いをまた感じることができました」という蒼井の言葉からも、常に笑いを追い求める山田組の光景がありありと浮かび上がってきた。(取材・文/編集部、撮影/堀弥生)

本作は興行収入13.8億円のヒットを記録、第40回日本アカデミー賞では優秀作品賞と優秀脚本賞を受賞した「家族はつらいよ」の続編。平田周造(橋爪功)と妻の富子(吉行和子)の離婚騒動から数年後を舞台に、平田家が直面する新たな問題をつづる。物語は周造を巡る高齢ドライバー問題から口火を切り、“無縁社会”という大きなテーマを浮き彫りにしていく。

「山田監督が考える喜劇というのは日常の中で起こりえることなんですよね。ありえないことじゃなくて、ありえるからこそ、人間も滑稽に見えるし、その姿も面白おかしく見える」と分析する妻夫木。そして山田監督自身も喜劇映画ではタブーと自認する「死」というモチーフがあえて盛り込まれていることについて「リアリティがないと死という要素が笑えなくなっちゃうんですよ。死は死で受け止めるということではなくて、全てが関連する大きな骨組みの中での物事、出来事が沢山あるのですんなり受け入れられるはず。物語をきちんと引き締める部分、そしておおいに笑わせてくれる部分の温度差のバランスが素晴らしいんです」と述べていた。

「いつの間にか自分が物語の世界に入り込んでいる。『こういう家庭あるな』と感じる位、親近感のある作品」という妻夫木の言葉に同調していた蒼井は「(前作で)この座組が終わりという感覚はなかったんです。勿論、前作が観客の皆さんに受け入れられたからこそ本作があるのですが、そのまま“平田家”の時間が続いていました」と告白。そして蒼井が抱いていた思いが実現して製作に至った本作で、彼女は重要なポストを担っている。それは山田監督が紡いだ物語の“核”である。

蒼井は第1作のテーマになった“離婚”にまつわるエピソードだけでなく、本作のクライマックスで描かれる“死”にまつわる仰天の実話を山田監督に語っていた。まさに「家族はつらいよ」シリーズは“原案・蒼井優”ともいえる重要なポジションを担っていたのだ。

妻夫木演じる平田家の次男・庄太と、蒼井演じる・憲子は、前作でプロポーズを経て結婚を約束する。クセ者ぞろいの平田家の中では“良心”のような存在だった。憲子が平田姓を名乗り始めてから数年が経過した本作では、2人の演技に対するアプローチやキャラクター像に変化はあったのだろうか。

妻夫木「相手が優ちゃんということもあるんですけど、あんまり時間経過を意識せずに役づくりに取り組めましたね。ただキャラクターとしては、庄太に周造らしいダークな一面が少し出てきました(笑)。脚本の段階では“闇”の一面はなかったんですが、山田監督が現場でセリフを足していったことでにじみ出てきたんです」

蒼井「憲子自身に変わりはありませんね。優しさと強さを兼ね備えているから、平田家の一員になれたんです。でも、憲子に対する家族の接し方に変化はありますよ。例えば周造さんは前作で『憲子さん』と呼んでいたのですが、今回は『憲子』。呼び捨てにされた時は『あ、受け入れられてるんだ』と感じて、私自身のことじゃないのになんだか嬉しくなってしまいました」

妻夫木の発言が象徴するように、山田監督は撮影現場で綿密なリハーサルを行い、脚本に描かれた物語を“更新”していく。「背景に今の日本社会の現実が見える」(妻夫木)、「脈々と続く“平田イズム”を感じられた」(蒼井)と絶賛するように、山田監督が役者の動きや表情をつぶさに観察し、現場で生み出す数々のセリフや演出は絶妙なものばかりだった。

妻夫木が特に感嘆したのは、山田監督と橋爪の息の合ったコンビネーション。頑固で偏屈な周造の人物像は「ギリギリのラインを保っていますよね。わがままで憎たらしい人物なんですが、どこか愛嬌もある。2人が少しずつ効果的なスパイスを加えていった結果だと思います」と振り返ると、蒼井は「表情がコロコロ移り変わっていく様を見るだけで笑顔になっちゃう。喜劇のベースをつくってくれていました」と補足していた。

作品の性質上、撮影現場は笑いに満ちあふれたものかと思いきや、そこはやはり巨匠・山田監督の現場。「緊張感はまだまだありますよ。“家族会議”を撮る日は始まる前から、全員ピリピリしてましたから」と妻夫木は話していた。

近年では年1本のペースで新作を発表し続ける山田監督。「撮影をしながら考え続けていらっしゃるのでアイデアが枯渇しないんです」という妻夫木の言葉を受けて、蒼井は未だに映像表現を模索する山田監督を「好奇心が止まらない“映画青年”のようです」と最敬礼。「家族はつらいよ2」は、半世紀以上監督として活躍し続ける“映画青年”の情熱、日本映画界が誇る実力派キャストたちの表現力のマリアージュによって、改めて“喜劇”というジャンルの素晴らしさを気づかせてくれる。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

家族はつらいよ2 豪華版(初回限定生産)[Blu-ray/ブルーレイ] 家族はつらいよ2[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 松竹DVDコレクション 家族はつらいよ2[DVD] 家族はつらいよ2[DVD]
家族はつらいよ2 豪華版(初回限定生産)[Blu-ray/ブルーレイ] 家族はつらいよ2[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 松竹DVDコレクション 家族はつらいよ2[DVD] 家族はつらいよ2[DVD]
発売日:2017年11月3日 最安価格: ¥4,836 発売日:2017年11月3日 最安価格: ¥4,061 発売日:2018年11月7日 最安価格: ¥2,000 発売日:2017年11月3日 最安価格: ¥3,283
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全81件)
  • 家族の大切さって意外と気づかないよね。 なぜか、シリーズ1と3は鑑賞済なのに、2だけ見逃していました…。 シリーズものですが、1作完結なので問題なく楽しめたのが嬉しい(^^) 今回はお父さんが中心の話。 年とともに車の運転技術が衰... ...続きを読む

    ガーコ ガーコさん  2018年12月2日 16:13  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 免許返納、孤独死…社会問題に斬り込む喜劇 「家族はつらいよ」シリーズ第2作。 レンタルDVDで鑑賞。2日で2回観てしまいました。 前作公開から1年後、という昨今の映画業界での続編公開スパンを考えると結構早い時期の公開となりました。個人的... ...続きを読む

    syu-32 syu-32さん  2018年11月5日 19:11  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 笑えるけれど、笑えない 人間性を封印すると楽しめるけど、人としての矜持を保ちたいと思うと嫌悪感が出てくる。そんな映画はこの映画で2作目。 1作目は『キングスマン』  でも、まあ、『キングスマン』は思春期妄想ムービー。... ...続きを読む

    とみいじょん とみいじょんさん  2018年10月23日 20:41  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi