ミス・シェパードをお手本に

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ミス・シェパードをお手本に
4%
38%
47%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのイギリスの名女優マギー・スミスが、16年間にわたり主演してきた舞台劇の映画化で、スミス扮する風変わりなホームレスの老女と劇作家の奇妙な絆を描いたドラマ。北ロンドン、カムデンの通りに止まっている黄色いオンボロの車で暮らすミス・シェパード。近所に引っ越してきた劇作家のベネットは、路上駐車をとがめられているミス・シェパードに声をかけ、親切心から自宅の駐車場に招き入れる。それから15年、ミス・シェパードはベネットの家の駐車場に居座り続け、ベネットは、高飛車で突飛な行動をとるミス・シェパードに時折、頭を抱えながらも、なぜかフランス語に堪能で、音楽にも造詣の深い彼女に惹かれていく。脚本を手がけた劇作家アラン・ベネットの実体験に基づく物語で、舞台版に続きスミスがミス・シェパードに扮し、ベネット役をロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなど舞台で活躍するアレックス・ジェニングスが演じている。

2015年製作/103分/G/イギリス
原題:The Lady in the Van
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) マギー・スミス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5我々は皆、人に語れる物語の主人公たれ!

MPさん
2016年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

幸せ

瀟洒な住宅が並ぶ北ロンドン、カムデンで、黄色いおんぼろワンボックスカーで暮らすホームレスの老女、ミス・シェパードを、なぜ、劇作家のベネットは車ごと庭に招き入れたのか?ベネットが単に物好きな男だったからではない。ミス・シェパードのシビアな人生経験に裏打ちされた頑固さとユーモアが、彼の作家魂を否応なく刺激したからだ。あんな頑固婆なんか放っておけ!というコンサバな自我と、その状況を思わず文字に置き換えてしまう作家の性(さが)とが、つまり主観と客観が格闘する様子を、このジャンルでは珍しい合成を駆使した俳優の1人2役で描いているのは、終始主人公の自問自答方式で展開する映画の方法論としては理に適っているわけだ。一方で、シェパードとベネットは共に社会の倫理を逸脱した者同士独特のシンパシーと、深い孤独を共有し合う仲である。ベネットにとってシェパードとの出会いは、作家の創造力を誘発する千載一遇のチャンスであり、同時に、淋しい自分と向き合い、そこから脱却するステップボードでもあった。ラストで引用されるフレーズに耳を傾けて欲しい。「物語を書くのではなく、自分の中に物語を見出すのだ」。そう、作家ばかりではない。我々は皆、人に語れる物語の主人公たれ!それこそが、基になっている舞台劇の、本作のテーマである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MP

2.5想像よりは面白かったし結局最後まで気になってみちゃった どこか行き...

ぴょんさん
2019年10月9日
iPhoneアプリから投稿

想像よりは面白かったし結局最後まで気になってみちゃった
どこか行きたいとか悲しいとか感情は特にないけどこういう人もいるんだなってかんじ
人生何が起きて誰が何をしているかなんて本人でさえも気づいてなかったりその思いは間違っていて勘違いだったりすることがあるなと思った

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴょん

3.5タイトルなし

lilyroseさん
2018年12月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実話に基づくお話
孤独を共有し淋しい自分と向き合う。
誰かとふれあいたくなる素敵な映画
最後がまた😌マギースミス素敵だなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

1.0実際のお話。だから何的。

2018年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

昔映画館で予告編だけ観て面白そうだなと思ったまま、今頃思い出し鑑賞。

劇作家ベネットの庭にオンボロワゴンにて15年住み着いたお婆ちゃんシェパードの話。

実際のお話らしいのだが、日常にて偶然起きた話でありつつもストーリーがパッとしない為、面白みが無い。

シェパードお婆ちゃんの過去も明らかにされていくのだが、お涙ちょ〜だい話でも無くオンボロワゴンに住み着いてなければ、ただの夢破れたお婆ちゃんである。

ホント「だから何言いたいの?」的。
タイトルにもある「お手本」とは「何が何でも自分を貫き通せ!」って事かい?

これが街で愛された感動のお婆ちゃん話だったら良かったのにと、現実路線まっしぐら映画だった事に観た後後悔しかなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全20件)