劇場公開日 2018年3月21日

  • 予告編を見る

曇天に笑うのレビュー・感想・評価

2.9107
15%
22%
33%
18%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全107件中、1~20件目を表示

2.0興味ないのに見てしまった

2020年2月15日
スマートフォンから投稿

興味ないけど友達が見たいって言うから映画館に見に行きました(笑)
元から興味ないし見終わったあとも「あー終わったー」くらいにしか思いませんでした
福士蒼汰と中山優馬はかっこよかったけど、別に特別ファンでもないので私的に見る価値はあまりなかったです。でもイケメンと子役で画はもってたし寝るほどではなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるはる

2.5これは、ちょっとひどい。

ガーコさん
2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

単純

萌える

『踊る大捜査線』の監督とは思えない…。
なんで、この映画作ったんだろう…。

イケメン集めちゃいました、って感じで、ストーリーはよくある展開…。

ひたすらにイケメン達を愛でるための映画でした。

映画館で観たいと思っていた過去の自分へ、観なくて良かったねと言いたくなる…。

ジャニーズの組織票と、今流行のイケメン達がわちゃわちゃしている、大人の事情が絡み合っている感じの映画。

300年の八岐大蛇の呪いもこりゃ霞んじゃいますね…ʅ(◞‿◟)ʃ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

2.5うーん?

2019年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

うーん?

原作未読者です。

◯300年に1度現れる大蛇(オロチ)。それを倒すために立ち上がった曇家と他の仲間たち。それに対して、大蛇復活を成し遂げるために立ち上がった別の集団。そのため、弟を捕らえた。この結末は…。

正直に言って、ありきたりな昔のヒーローのような話。

予告で「るろうに剣心」や「銀魂」と同じ時代を生きたもう一人のヒーローと謳っていたが、だったらそっちを見る方がいい。

アクションは良かったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムービーブラザーズ

4.0自分は好き

2019年9月21日
スマートフォンから投稿

楽しい

動画配信サービスで無料になっていたので
視聴しました。
他に見るものがなく、少し暇潰し程度に
と見始めましたが、
軽くさっぱりとした内容で、
私はマンガ的、純粋なエンターテインメントとして楽しめました。

キャストも、確かに女性陣は少ないですが、華やかでないというわけではありません。
男性陣は若く、かっこいいので
題名の通りの明るさがきちんと全面に
出ていると思います。

感情の表現としては、
確かに、セリフがさむい!となる場面も
ありますが、これに関しては
感じ方は人それぞれ…という印象。
アニメの実写化ではこういった、あくまで
「かっこいい」台詞は仕方ないのではないでしょうか。
逆に普通の、リアルな映画では、日本人が
小っ恥ずかしくて出来ないことをアニメや
漫画で表現してきたのですから。

作品の構成も、分かりにくい裏の背景や
設定、少しありきたりな展開もありますが、
最初から最後まで、一貫した登場人物達の
明るさや、元気の良さがあります。

見ていて気持ちのいい作品だと自分は
感じました。
深く考えたいミステリー等を見たい時には
おすすめ出来ません。
しかし、エンターテインメント性の強い、
さっぱりした、良い映画です。
ここにきて評価の低さにちょっと驚いたくらいには、楽しめました人もいますよ!

渋い映画や演技の俳優がほとんどを
占めるような、考えさせる系の映画を
見たい時はやめましょう。
そういうのにちょっと疲れたとき、
曇り空ばかり続いて、晴れた空がみたいときに全力でオススメします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なしりん

1.0クオリティの低さと安っぽさに笑う

2019年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

曇天に笑う
鑑賞日 2018 3/29

原作未読で、もともと見に行く予定はなかったのだが、とても暇だったのでなんとなく見に行くことに。「踊る大捜査線」などの本広克行監督が今作の監督なのでそこそこの期待を込めていた。ところが、とんでもなく眠い退屈な映画だった。まず、CG、VFXが酷い。まるで仮面ライダーを見ている気分だった。そして一番の売りであるアクションも同じことの繰り返しで全く迫力がないし、安っぽかった。何より福士蒼汰の演技がとても下手だった。セリフがいちいち寒いし、仮面ライダーフォーゼの時の福士蒼汰のようだった。子役の演技も下手だし、福士蒼汰演じる主人公の雲 天火(くもう てんか)の周りの登場人物の容姿も漫画が原作なだけにありえないし、しかもそのメイクがまた安っぽかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カトソラ

2.0そうなるだろ

marin2000さん
2019年9月18日
Androidアプリから投稿

とんでも設定なんだから、これで良いだろうが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
marin2000

1.0残念の一言

2019年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆいゆい

2.0演技がへたすぎる

2019年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

演技ができる俳優がいない映画は
かなり珍しい。
ストーリーもつまらない。
アクションくらいしか評価できない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
デルフィニューム

2.5曇三兄弟と風魔一族

2019年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

大津の安全を守っていた曇三兄弟の前に、風魔一族が現れ暴れ放題、もうすぐ現れる大蛇を待ちわびる。
岩倉具視(東山紀之)は直属戦闘部隊の犲を出動させる。
曇家三兄弟はどちらにつくのか。
短くていい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0脚本が悪い

ふわりさん
2018年11月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

萌える

厳しいレビューを見てからの観賞。
役者さんは悪くないです。
脚本が大事なところをはぶきすぎて、原作の良さが伝わらない。
はじめっから3部作品位の予定で仕上げるべきでした。
天下兄ちゃんイケメン過ぎて白子が霞む・・・
そこが最大のミス。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

2.5噂通りのひどさ

2018年11月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

原作を知らずに見たが、ストーリー展開にもひねりがなく、一定した流れを観ている絵本のようだった。
キャストはよかったが、これなら写真集で十分のような感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コスモス43

2.0軽い

みみずさん
2018年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

何とレビューしていいのやら・・・・・。

話は極めて単純だし、演技は稚拙。
原作未読ながら、序盤からまんが?という雰囲気が漂う。
実は映画館で観たいと思っていたのだが、
なかなかその機会がなく、結果ラッキーだったとしか言いようがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みみず

2.5曇り空でも涙は降らず

2018年10月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

『踊る大捜査線』シリーズや『亜人』の本広克行監督作。
舞台は明治時代。300年に一度復活して災いをもたらす怪物“大蛇(オロチ)”を
封印する使命を負った曇(くもう)家の三兄弟の活躍を描くアクション作。

予告編の雰囲気から、この映画は王道の時代劇として観るより一種のマンガ、
言うなればチャンバラファンタジーとして観るべきなのだろうと思っていた。
実際、衣装は新品のようにパリッとしてピカピカだし、見栄えは良いがやたら
アクションしづらそうな衣装もあるし、逆にやたらピッチリ&肩も露な衣装もある。
普段の自分なら「汚しが足りん!」とか「ハイ時代風俗考証ォ!キエエェェ!」とか
書くところも、今回は「そこは本作の目指す雰囲気じゃなさそうだし許容範囲かな」と。

...

映画の見どころとしては――
まずはとにかく、顔ぶれがフレッシュですね。てかイケメンばっか出てますね。
福士蒼汰を筆頭に、敵も味方もマジで細マッチョイケメンしか登場しないので
そんなイケメン好きな女性の方は鑑賞中に奇声を発しないようご注意ください。
メインキャストの最年長も東山紀之なので、まあ空気感が若い若い。
悪く言えば重厚感はないが、良く言えば非常に雰囲気がフレッシュ。

そしてアクション。
冒頭、カメラが祭りに沸く群衆を上から捉え、その後お堀の上を抜けてそのまま
チェイスへと移行するシーンは「おっ」と驚いたし(あれはドローン撮影で
実現したらしい)、その後の主観視点をはさんだ格闘シーンなども凝っている。
同監督の『亜人』並のアクションの量・質・密度は期待しない方が良いし、
肝心のクライマックスのアクションもスローを使い過ぎだと思うが、
悪くはない。出演者のアクションもバシッと映えるように撮られてるし。
特に福士蒼汰のアクションはいつもながらキレが良いね。終盤なんてあの
動きづらそうな衣装でよくあれだけ動けるなと。毎度頑張っとるよね、彼。

...

だけどやっぱり、アクションだけじゃ感情は乗ってこない。
曇三兄弟の絆、主人公と政府直属部隊“犲(やまいぬ)”の確執、
“犲”がオロチ討伐に懸ける想い、そして曇家の使用人・白子。
これらがドラマ的な軸だと思うのだが、正直言って、
そのあたりのドラマに全く心を動かされなかった。

理由は……セリフや感情表現が大味な点に尽きると思う。
どのセリフもどの感情表現もどこかで聞いた書き割りみたいなものしか登場せず、
兄弟・旧友・仇敵へ抱く愛憎入り交じる気持ちがちっとも伝わらってこない。
終盤のあの人の退場シーンも「え、なんで急に善人みたいな扱いになってんのこの人」と釈然とせず。

それと、『亜人』レビューでも似たことを書いた気がするが……
メインキャスト以上に、周りの脇役が失笑するレベルで大袈裟。
なんでこの監督の映画はいつも脇役がこんなに嘘臭いのだろう?
敵の戦闘員はいかにもな悪人ヅラでニヤニヤ絶叫して宙返りしまくる。
これまた『亜人』レビューでも書いたが、雑魚キャラは『北斗の拳』
の世紀末ヒャッハー!モヒカンみたいなテンションの奴ばっかである。
町民たちも、鳥のヒナみたいに一斉に似た台詞をピーチクパーチク……。
どこかで似たものを見た気がすると思って考えてみたのだが、あれだ、
TVショッピングの観客席に座ってる奥様方が隣と顔を見合わせて
「まあ安いわあ!」とか言いながらガヤガヤしてる画にそっくりだ。
白々しいし雰囲気も台無しなので本当に勘弁していただきたい。

物語的な突っ込みどころも、
主人公の天火はなんでわざわざ不利な扇子で闘うのかとか、
あの人は終盤あんなに刺されてどうして生きているのかとか、
なんで政府はあんなところに刑務所を建てちゃったのかとか、
士族=犯罪者くらいの勢いで描かれるのはどうなのかとか、
最大の脅威“オロチ”が弱過ぎるしモヤッとし過ぎてるとか、
まあ色々とあるが、やっぱり個人的に一番の不満はドラマの大味さ。

...

というわけで、原作や出演陣のファンの方には申し訳ないが、
イマイチの2.5判定です。うーん、2.0判定でもいいくらいかも。
メインキャストは衣装もアクションも含めてかっこよく撮れているので
ファンの方々には良いだろうが、逆にそんなアクション面での頑張りが
勿体無いと思えるほど、ドラマ面の出来が残念な映画だった。

<2018.10.25鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
浮遊きびなご

1.0なんじゃこれは?学芸会か?

2018年10月14日
PCから投稿

福士蒼汰と東山紀之以外は素人以下の演技ですわ。
こんなんでよく公開できたな。
福士蒼汰が出てるから最後まで見たけど、時間の無駄ですわ。
服や小道具も貸衣装かパーティーグッズみたいに見える作りだし。
勘弁してくれと思いますわ。
福士蒼汰の汚点になる映画だと思います。
福士蒼汰のスローの殺陣が観れるのでフアンには涎ものではあるかも。
しかし、こんな映画でも、福士蒼汰は雰囲気作るのうまいですな。
こんなクズ映画でも、何か意味があるように感じさせるところはさすがだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

0.5衣装が新品過ぎる!!

2018年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

萌える

キャラが多すぎて一人一人は薄く、散漫な印象です。ストーリーも日曜朝の特撮レべルで緊張感もなく、スポンサーが想像し易い漫画を安易に実写化すれば良いという訳では全くないという事を教えてくれます。どの人の衣装も新品過ぎて笑えます。史実の岩倉具視は伊藤博文と共に孝明天皇を殺したので、もっと極悪な感じか黒幕で良かったと思います。オロチ様が復活するとどう良いのか、組織の高揚感が全く伝わって来ませんでした。ヤマイヌの部隊服も新品で戦っている感じが全然しませんが、葛葉ライドウみたいで良かったです。ロケ地や食事の内容は良く、日本の良い雰囲気を少し味わう事ができました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

2.0駄作で笑えない…

2018年10月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作知らず。映画のみの感想です。

なかなかに駄作っぷりを発揮してました。
個々の俳優ファンには楽しめるのでしょうか。
イケメン揃えた、と触れ込みでしたが、古川なんちゃらとか雰囲気イケメンっぽいのが多くて微妙に感じました。

原作を知っている人には人気あるのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
てらっこん

1.0うぅん。。

さとさん
2018年10月3日
iPhoneアプリから投稿

本広さん昔はもっと面白い演出できてましたよね…
役者さんも、作品の背景や設定も悪くないと思うんですけど、イマイチ…なんか薄い…全然響いてこなかった。

全然ストーリー知らずに本編前にスピンオフ見たけどそっちのが面白かったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さと

2.0期待外れと大コケに笑えぬ

近大さん
2018年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

またまた全く知らぬ人気コミックの実写映画化。
アニメ化、舞台化もされているらしい。

明治維新後の滋賀県大津。
300年に一度、世に災いをもたらすオロチが復活しようとしていた。
オロチ復活を阻止しようとする岩倉具視直属の政府部隊、オロチを復活させて政府転覆を目論む忍者集団、そしてオロチを“護る”3兄弟、三つ巴の戦い。

OPのアップテンポの音楽と祭りの雰囲気は良し。
戦いに笑いに熱いドラマとエンタメ要素たっぷりな筈なのに、う~ん、残念な作品…。

題材も設定も悪くない。が、コミック実写の邦画あるあるの典型。演出や脚本が不味いのだろう、一作品として話に面白味が全く無い。
“オロチの器”とか狐のお面を被った敵ボスの正体とか、すぐ読めてしまう。
100分弱の尺ではダイジェスト的でキャラ描写も紹介すら出来ず。
イケメンたちも揃いも揃って皆、大根。
となると唯一の見せ場となるのが、そのイケメンたちによる身体を張ったアクションのみ。
確かに華麗な大立回りを見せてくれるが、お顔も衣装も決して汚れず。
昨今の時代劇はいずれも泥臭さは無く、先日観た『散り椿』もそれがあったと言い難かったが、それでも殺陣に気迫さはあった。が、本作は…。小綺麗なチャンバラ・アクションに過ぎない。

話の面白味も派手なアクションも今一つ。
笑いもダダスベリ。
女性ならばイケメンたちによる兄弟愛や友情にキャーキャー盛り上がれるのだろうが、それさえも…。
それでもまだ本作に期待していた点が一つあった。
ズバリ、オロチ。
オロチとは言うまでもなく、ヤマタノオロチ。
『日本誕生』『ヤマトタケル』など特撮好きとしては、どんなオロチが登場するか期待していたのに、それなのに…。
原作通りなのかもしれない。
でも、期待を裏切られた。
ビミョーな凡作に一応最後まで付き合ったのに、せめてオロチを見たかった。

どんな時でも“笑え”と、曇長男は教える。
でも、この期待外れ、肩透かし、消化不良…。
何より大コケに、笑ってはいられないだろう。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

3.0晴天の元で笑う

2018年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何で扇子だけで戦うの?
シンプルで分かりやすいし、
見応えはあるんとけど、
原作読んだ方が面白いのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.0音楽が良かった

2018年9月25日
PCから投稿

原作未読で観ました。
結末が予想つくようなシンプルなストーリーですが最後まで楽しめました。
サカナクションの音楽が特に良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー
「曇天に笑う」の作品トップへ