地獄に堕ちた野郎ども

劇場公開日:

解説

「セックス・ピストルズ」「ザ・クラッシュ」と共に1970年代後半のロンドンパンクを牽引したバンド「ダムド」の初となるドキュメンタリー。76年に結成されたダムドは、同年、イギリスのパンクロックシーンで初のレコードを発売し、ロンドンのパンクバンドでは初めてアメリカでライブを敢行、その後も複雑なメンバーチェンジを繰り返しながら活動を続けている。「モーターヘッド」のレミー・キルミスターを題材にしたドキュメンタリー「極悪レミー」で注目されたウェス・オーショスキーが製作費を全額個人負担して監督・製作・脚本・撮影・編集を手がけ、ダムドの40年間にわたる長い歴史の中で繰り広げられてきた複雑な人間関係やバンドの内情、そして現在の姿を映し出す。ダムドのメンバーはもちろん、「ザ・クラッシュ」のミック・ジョーンズ、「プリテンダーズ」のクリッシー・ハインド、映画監督のドン・レッツらが出演。

2015年製作/110分/アメリカ
原題:The Damned: Don't You Wish That We Were Dead
配給:ビーズインターナショナル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2015 Damned Documentary LLC.

映画レビュー

4.0ダムド!ダムド!ダムド!

2016年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

初期パンクの中でも今一つ認知度の低いイメージがみんなの共通分母になっている。
それでも音はズバ抜けていて、ストゥージズMC5の影響下にあっても心に響く音を製作している。映画に関してはもっとライブシーンがあっても良かったと思う。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
shanti

4.5こんなに

2016年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

レイトショー限定公開の、念願のこいつを。
動くダムドをこんなにたくさん観たのは初めて。
そして、改めてダムドとはデイブ・ヴァニアンだったのだなと思い(メンバー達はそんな風には言わないけど)、そして彼らのあまり明かされていない紆余曲折を、そのパンクバンドらしからぬ音楽性の高さを、理解した。
それにしても、他の奴ら(ピストルズやクラッシュ)は成功したのに俺らはなんで?という発言が多くて後半はちょっと辟易したね…
でも好き…

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ぱんちょ

4.0痛々しい今現在

2016年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

まだ現役に活動しているのはシカト。

新譜が出ても気にならない!?

中学の時にPUNKにハマりThe Damnedはもちろん三大ロンドンパンクは当たり前に聴いて好きになりその他大勢のPUNKを聴いた。

大人になればなる程に1stの楽曲の素晴らしさ格好良さは衰えない。

衰えたThe Damnedが観れる本作。

初期の格好良過ぎる映像はソコソコに今のThe Damnedがイヤって位に格好悪い位に見せ付ける!?

確かにPUNKの勢いは77年が限りなくオリジナルで"Machine Gan Etiquette"は傑作だが既にPUNKでは無くロックンロールだった。

それ以降、The Damnedが活動したり復活したり新譜を出したり全く興味が無かった。

今のThe Damnedを映し出したコノ映画を観ても健在とは思えないが大切なバンドである事には変わりは無い。

D・ヴァニアンのボーカルにメンバーの演奏も昔に比べて劣らない現状には驚いた。

The Damnedを語るゲスト陣が初期PUNKからハードコア・パンクと豪華過ぎて堪らない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る