「茶道と華道」花戦さ いやよセブンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「花戦さ」 > レビュー > いやよセブンさんのレビュー
メニュー

花戦さ

劇場公開日 2017年6月3日
全80件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

茶道と華道

池坊専好(野村萬斎)が主人公で、千利休(佐藤浩市)と豊臣秀吉(市川猿之助)との関係がドラマとして展開していく。
池坊の全面協力で生け花はすべて見事な感じ。
武士階級は茶道と華道を止まり木にしたのか、免罪符にしたのか。

いやよセブン
さん / 2018年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報