「ラストが残念」花戦さ みみずさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「花戦さ」 > レビュー > みみずさんのレビュー
メニュー

花戦さ

劇場公開日 2017年6月3日
全82件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ラストが残念

先ずは、野村萬斎の演技が圧巻!
あっと言う間に専好に魅了された。
また、佐藤浩市演ずる利休もまた素晴らしく、
2人が対峙する茶室のシーンには言葉もない。
凛とした張り詰めた空気がありながら、
どこか温かい風が穏やかに心に入り込んでくる。
取り巻く人々との交流も何やらほんわか心地よく、
大したストーリー展開のない前半だけでおなか一杯になった。

後半は一転して話は大きく展開していくものの、
さしたる意外性はなく、個人的には少々ガッカリだった。
それでも、演技は変わらず見応え十分。
アカデミー男優賞に誰もノミネートされないのは大いに不服。

みみず
さん / 2018年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 知的 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報