カタプタリ 風の村の伝説

劇場公開日

カタプタリ 風の村の伝説
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ネパール映画研究の第一人者である東京情報大学の伊藤敏朗教授が、日本人として初めてネパール映画の監督・脚本を手がけたファンタジードラマ。ネパールの山奥にある小さな村に、牛車に乗った人形芝居の夫婦がやって来る。村では祭りが開かれており、カトマンズから祖母マヤの家に一時帰省中の6歳の少年ラメスが遊びに来る。人形芝居に心を奪われたラメスは夫婦から風車を買うが、友だちと遊ぶうちに風車は川に流されてしまう。やがてラメスの前に、民族衣装をまとった不思議な少女ニサが現われ……。ネパール政府国家映画賞やネパール短編映画祭批評家賞を受賞するなど評価された。2016年4月、前年に起きたネパールの大地震の復興支援のため、伊藤監督が手がけた「カトマンズに散る花」とともに日本公開。

2008年製作/51分/ネパール
原題:Kathputali: The Angel of the Himalayas
配給:フィルム・クリエーション・ネパール

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5かざぐるま

Bacchusさん
2018年4月30日
Androidアプリから投稿

幸せ

楽しい

カトマンズに住む幼い子供が親の実家がある山村を訪れ、牛車で旅する操り人形芝居の一座に出会う話。

6歳の少年期、10年後、25年後と話は展開していくが振りがハッキリしていて早々にオチが読めてしまう。

とはいえ長くないし昔話的なストーリーでなかなか楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全1件)