太陽の蓋

劇場公開日:

解説

巨大地震と津波、そして福島第一原子力発電所の事故をもたらした東日本大震災が起きた2011年3月11日からの5日間を、原発事故の真相を追う新聞記者を中心に、当時の政権や官邸内部、東京や福島で暮らす市井の人の姿を対比させて描いた。2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災が発生し、福島第一原発は全電源喪失という事態に陥った。冷却装置を失った原子炉は温度が上がり続け、チェルノブイリに匹敵する最悪の事態が迫っていた。想定外の状況と情報不足で官邸は混乱を極め、市民たちは故郷から避難を余儀なくされていく。震災当時の菅内閣の政治家を全て実名で登場させ、当時の状況をリアルに再現する。東日本大震災から10年後となる2021年には、90分に再編集されたバージョンで再公開される(2016年公開版は130分)。

2016年製作/90分/G/日本
配給:Palabra
日本初公開:2016年7月16日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi

映画レビュー

3.0タイトルなし

hatoさん
2022年3月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

Fukushima 50 を見た直後に鑑賞。
こちらの方が、映画的な盛り上がり、感情への訴求力には欠けるが、誠意のある作品のように感じられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hato

5.011年目の"3月11日"に本作を観る。

2022年3月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅうへい

4.0真面目に作られています

doicchiさん
2022年1月20日
スマートフォンから投稿

笑える

悲しい

民間企業が原発を管理する仕組みを考えた先人達の浅はかさ、知見の無さが真の原因では と考えさせられる映画でした。
そして今でも基本的には構造を変えようとしない日本という国、原爆落とされたのに、アメリカに尻尾振って国際条約を批准しようとしないのですから 原発推進など当たり前なのでしょうが に減滅させられる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
doicchi

2.040点

2022年1月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

映画評価:40点

あの日から10年もの月日が経とうとしています。

あの時の悲惨さは今でも鮮明に覚えています、

この映画は
原子力発電所の問題について
出来る限りオブラートに包まず、
リアルに伝えようとしています。

この作品を観て、
私が感じた事は
悪いのは原子力エネルギーだったのか?
それとも地震だったのか?

たぶん違いますよね。
恐らく、そのエネルギーを使用するくせに
一切合切を把握せず、民間任せにしていた
担当と、担当に任せきりな首脳陣ですよね。

もしもの事を考えて行動するなんて、
運転免許を取得した人だって心がけているのに…

今のコロナもそうですが、
しっかり自覚していきたいですね。
色々と勉強になりました。

【2022.1.9観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る