太陽の蓋

劇場公開日

16%
56%
23%
1%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

巨大地震と津波、そして福島第一原子力発電所の事故をもたらした東日本大震災が起きた2011年3月11日からの5日間を、原発事故の真相を追う新聞記者を中心に、当時の政権や官邸内部、東京や福島で暮らす市井の人の姿を対比させて描いた。2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災が発生し、福島第一原発は全電源喪失という事態に陥った。冷却装置を失った原子炉は温度が上がり続け、チェルノブイリに匹敵する最悪の事態が迫っていた。想定外の状況と情報不足で官邸は混乱を極め、市民たちは故郷から避難を余儀なくされていく。震災当時の菅内閣の政治家を全て実名で登場させ、当時の状況をリアルに再現する。東日本大震災から10年後となる2021年には、90分に再編集されたバージョンで再公開される(2016年公開版は130分)。

2016年製作/90分/G/日本
配給:Palabra
日本初公開:2016年7月16日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi

映画レビュー

3.5当時の状況、緊迫、苦悩が臨場感と共に伝わりました。 後世に残すべき...

tunaさん
2021年4月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

当時の状況、緊迫、苦悩が臨場感と共に伝わりました。
後世に残すべき作品と感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

3.0報道とは?真実とは?なんなんだろ?

2021年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

不勉強な僕は本作で語られる内容は新鮮でした。
「え?そーなの?」って感じ。
今の今まで民主党に批判的でした。
しかし、頑張ってたじゃん!
元凶は仮名で描かれてた会社の隠蔽体質じゃん!
と。
そして、党への印象を操作した(ように見える)仮名で描かれるマスコミが拍車をかけている。

「右向けって言ったら右を向く国民ですよ」

ま、そーかもね。僕自身、右向いた一人ですよ。

青臭いこと言いますが、世の中で見聞きすることに、完全なる、人の手垢のついていない真実なんてないんだ、ということを改めて我々は認識しなくてはならないと思いました。

昨年見た映画「さよならテレビ」の中でも葛藤が描かれてました。ドキュメントと言っても作り手側の思慮が入り編集される。それがドキュメントといえるのか?と。

で、思うのです。本作で描かれる内容はどこまで真実?忠実?他の福島原発で描かれる民主党は、本作と印象が異なります。
また、ユーロスペースさんでトークショー付きで鑑賞しましたが、監督自身もそうですが登壇者は反原発論者や作品内で、実名で出ていらっしゃった方々。

それがあると、なるほど、反原発訴求映画なのね?って印象を持ちます。
これまた、右向け右の論理じゃないか?と。

たしかに発生した事故により、原発の「もしも」の事態が起きた場合の恐ろしさは十二分に伝わります、本作。
だったらなぜ、原発がなくても電力が十分だ、原発を作る理由なんてないんだの事実を描かないのか?が疑問です。

本作はドキュメントではないです、セミドキュメントです。ですから、メッセージを込めることはありなんでしょう。しかし、正否ともに描かないとそのメッセージも希薄、ただの訴えになってしまうのではないでしょうか?

原発の万が一が発生した時の恐ろしさを知るには秀作です、社会派ドラマとしても緊迫感、緊張感の描き方はよいです、物語の終わらせ方も。感度ストーリーにしあげてない骨太ドラマである点も良いです。
ですが、ドキュメントとしてとらえないほうが良いと思います。メッセージが強いので。

しかし、原発について個人的に調べてみたい、と思うキッカケを作っていただけたのは感謝です。

色々あって差し引き3.0。良作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

4.0復興と喪失の輪廻

ちゆうさん
2021年3月13日
Androidアプリから投稿

生物は危険な目にあうと一目散に退散するのだが、時が経ちほとぼりが覚めると、恐る恐るその危険に近づこうとする。危険は同時に快楽とも背中合わせなのだ。

そしてあの苦い思い出を忘れ、それに興じてまた痛い目にあう。

人間も含めて全ての生物がこれは、もう、どうしようもないのだ。

行きつく先はなんなのか?

この世は復興と喪失の輪廻である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

4.0安倍晋三の「想定外」

2021年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 映画「Fukushima 50」が福島第一原子力発電所の現場を舞台の作品だったのに対して、本作品は内閣総理大臣官邸を主な舞台にしている。当然ながら、登場人物は官邸で働く職員と政治家と、それに政治記者たちである。
 福島第一原発では、緊急事態に備えた日頃の訓練を遥かに上回る津波が到来して、全電源を喪失、原子炉の冷却が不可能になった。原子炉の圧力が高くなったためにベントと呼ばれる排気作業が必要になる。バルブは原子炉に近く、高濃度の放射能を浴びながらの作業となるため、作業員は命の危険にさらされる。

 菅直人の扱い方がFukushima 50とかなり異なっている。Fukushima 50では佐野史郎演じるヒステリックな総理大臣が現場に来るということで作業が遅れたとなっていたが、本作品では本店と呼ばれる東京電力の本社が情報を官邸に出さないため、自分で現場を見に行くしかないという判断になったようだ。
 原子炉容器への海水注入は必須だったが、海水を注入すると原子炉は使い物にならなくなるので、東電としてできればやりたくない。当時官邸に詰めていた東電の重役が官邸から現場に電話をかけて海水注入は待てと言ったらしい。この期に及んでまだ原発を守ろうとする利権主義には呆れ返ってしまうが、割とこういう精神性の人間は多いと思う。原発の現場がマスコミに、官邸から海水注入を待つように指示があったと伝えたため、官邸が海水注入を妨害したという報道になってしまった。
 後にその報道が間違いだと知れたが、調子に乗ったのは安倍晋三である。メールマガジンに「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」などとアップしたのだ。
 そもそも菅直人政権が原発を進めた訳ではない。自民党政権が原子力村という利権集団を形成し、原発を強力に推進した。政官財学、それにマスメディアが一体となった原子力村は、鉄腕アトムなどのプロパガンダキャラクターを上手く利用して「原子力、明るい未来のエネルギー」というキャッチフレーズのもと、日本中の沿岸に原発を建設したのだ。
 野党が何もしなかったわけではない。東日本大震災の5年前、2006年に共産党の吉井議員が、10メートル以上の津波が来たら原発はどうするのかと質問している。当時の総理大臣安倍晋三は、10メートルの津波など考えられないし、全電源の喪失など想定できない。想定できないことについて対策など考えようがないと、吉井議員の質問を一蹴したのだ。

 大震災発生当時に何度も記者会見を繰り返した枝野官房長官の「想定外」という言葉が耳に残っている。震災よりも5年前の吉井議員の「想定」を当時の安倍政権がまともに受け止めて対策を考えていれば、福島第一原発事故は違った結果になったかもしれない。
 その後の総選挙では自民党が勝ち、安倍晋三政権が7年8ヶ月も続いた。原発事故を招いた張本人である安倍晋三を支持した日本の有権者は、これからも原発事故を繰り返したいのだろう。
 タイトルの「太陽の蓋」は、太陽に蓋など出来っこないという意味だと思う。太陽は水素がヘリウムに変わる核融合反応で燃えているが、原子力発電は核分裂のエネルギーで原子力爆弾と同じエネルギーを使っている。両方とも核のエネルギーで、人間に制御できるものではない。映画「地球で最も安全な場所を探して」で紹介されているように、高レベル放射性廃棄物の捨て場所は、地球上で未だに見つかっていない。廃棄物にさえ蓋ができないのが世界の原発の現状なのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
耶馬英彦
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る