「園子温監督の“三池崇史監督化”を懸念」新宿スワンII AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

新宿スワンII

劇場公開日 2017年1月21日
全107件中、69件目を表示
  •  
映画レビューを書く

園子温監督の“三池崇史監督化”を懸念

作家性があって、尖った表現の問題作でメジャーになった監督が、商業映画に軸足を移すと次第に角が取れて、そこそこの刺激、ほどほどの熱量の娯楽作を量産するようになる。そんな寂しさを昨今の三池監督には感じていたのだが、園監督の本作にも同様の懸念が。

綾野剛は変顔を連発した前作に比べ、スカウト会社で出世した今作の立ち位置に合わせ表情や演技に貫禄を増した。敵対する組織のボスキャラ的な浅野忠信も、冷酷なのに親しげな一面も見せる、「沈黙」の通訳に通じるキャラで貢献している。

しかし、俳優たちの健闘を見れば見るほど、園監督なら映画ファンの予想を良い意味で裏切るような、さらに過激な表現もあり得たのではないかと思ってしまうのだ。コミックの映画化だといろいろと制約があるのは理解できるが、「ヒミズ」のような大傑作もあったわけだし。

世界レベルの鬼才である園監督、どうか丸くなりませんように。

AuVis
さん / 2017年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)
トシくん
トシくんさんのコメント
投稿日:2017年2月19日

その通りです。三池化しそうで怖いです。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報