劇場公開日 2018年1月19日

  • 予告編を見る

ジオストームのレビュー・感想・評価

3.4272
12%
49%
31%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全272件中、1~20件目を表示

3.5一年に一回くらい観たい大バカスペクタクルというジャンル。

村山章さん
2018年1月29日
PCから投稿

笑える

楽しい

興奮

底抜け超大作の権化エメリッヒと長年コンビを組んできたディーン・デブリンの初監督作、だそうだ。期待に違わず、盛り上がること最優先のハチャメチャな内容をきっちり形にしていて、エメリッヒよりも手堅いと言っていいかも知れない。

そういえば昔、自然変動を止めるために地球の核に核ミサイルを撃ち込もうとする『ザ・コア』なんて映画もあったが、とにかく広げた大風呂敷をどこまで視覚化できるかがキモで、CMでも流れているブラジルのビーチのシーンも含めていちいちやり過ぎていて気持ちいい。

普段はこの映画はどこがいいだのあそこがダメだの偉そうに食っちゃべっているが、この映画に対してはそういう気持ちにまったくなれない。なんだかアッパレと思わせてくれるだけでいい。毎週こんなのばっかり観てたらバカになりそうだが、バカな娯楽を浴びるように楽しむのもたまには精神衛生上大変よろしいのではないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 21 件)
村山章

1.0タイトルなし

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0ディアフタートモロー以来の気象パニック映画

2020年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

気象コントロール衛星が大暴走というあらすじ。気象パニック映画といえばディアフタートォモロー以来です。
ハリウッドの力技の要素が強いです。日本で撮ったらトホホ作品になってしまいます。
とにかく大きなスクリーンで観てもらいたい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

5.0映画館でみて大正解

2020年5月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ド迫力に最後まで夢中で観れました!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
レモン🍋

3.5超異常気象

たけおさん
2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

知的

作品の発想は面白く、展開がスピーディーで楽しめました。
バトラーにしては、アクションがほぼ皆無です。
アンディー・ガルシアの和、ら「結婚しろ」は笑えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

2.0新しいアイデアが全くない

川柳児さん
2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ま、おそらく面白くない、と予想してた。
他の方のレビューでもある通り、ホント、よくある話。

こんなの、よく作ろうと思うよなぁ~。
かつての作品を見たことない人=新しいユーザーを開拓するためなんやろうか。

子供の頃、いや成人になるまでは、日本映画に比べてアメリカ映画ってすごいよなぁ~
って思ってたけど、今は日本映画の方が、アイデアがいっぱい詰まってて面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
川柳児

3.0思ったよりまとも

mikyoさん
2020年1月4日
PCから投稿

偏見はよくない。
飛行機内で鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo

4.0【ジェラルド・バトラー主演作に外れなしの法則がぎりぎり継続された作品】

NOBUさん
2019年11月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

幸せ

 近未来の異常気象をテーマにした(2019年時点で、現実的な問題となっている)映画製作の視点も面白いし、”苦境から立ち上がる男を演じさせたらこの男”ジェラルド・バトラーの演じる役柄(今作では、気象制御のための衛星ネットワークをかつて構築した凄腕エンジニア、ジェイク・ローソンを演じる。ある画策のため任を解かれ、離婚し娘の成長だけが生きがいという黄昏れた生活を送っている)も良い。

 アンドリュー大統領を演じたアンディ・ガルシア、レナード・デッコム国務長官を演じたエド・ハリス(この人が役者を辞めたら米国映画界は相当な痛手であろう)も良い。

 只、兄弟の確執だけで、そこまでやるかねジム・ステータス君(ジェイクの弟、マックス・ローソンを演じる)ということと、ジェラルド・バトラーがエンジニアという役柄だったので、ややアクションシーンが物足りないと少しだけ思ってしまった作品。

 エンタメ作品だから、細かい事は良いのだけれどもね。

<2018年2月6日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU

3.5「お約束」のオンパレード

ZAKUさん
2019年7月21日
スマートフォンから投稿

楽しい

パラメータMAXの災害は見てて楽しかったけど、ストーリーが漫画のような怒涛のお約束展開。
例えば普通に死亡フラグ立てて、特に捻りもフェイントもなくフラグ通りに死ぬといった感じ。
ただ逆に、始終お約束なので安定して楽しめるとも言える。

台詞回しも洋画でなく日本の漫画を読んでるかのような…まぁこれは翻訳側の趣味かも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ZAKU

1.0よくあるやつです

2019年7月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
海辺のカフカ

2.5よくあるメリケン映画(笑)

2019年5月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

要するに、地球滅亡の危機を、偉大なアメリカ人が救うっていう、

いつものパターン

の映画。
それだけ。

特筆すべき点はないが、内容が薄いので誰でも解ります。
音声がなくても、早送りでもオッケー。

いやー、アメリカ人ってのは本当に映画を娯楽にしてるんだなぁ。
日本人はこういうところを見習ったら国が滅ぶな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぢょにぃ7566

4.0.

2019年5月1日
PCから投稿

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瀬雨伊府 琴

3.0大雑把なヤツ

2019年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どははは、あは、あは、ぐははは!(感想)

SFアクションは地球破壊にかぎる。人類滅亡のカウントダウンがほんとによくあう。

たぶん、滅亡系で一本やってくれ、というオーダーがハリウッド内ではコンスタントにあるのでしょう。あと、偉大なアメリカをアピールするのも忘れないでくれよ、ていう。

頭脳労働で疲れているときには、こういう大雑把なヤツがちょうどいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0短い時間で良くまとめてある!面白かった!

sさん
2019年4月3日
iPhoneアプリから投稿

短い時間で良くまとめてある!面白かった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
s

3.0駆け足

REXさん
2019年3月31日
PCから投稿

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REX

4.0面白い

たけしさん
2019年3月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

面白い。
若干CGがしょぼいところがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけし

2.0感情移入できない

てるさん
2019年3月7日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
てる

4.0期待せずに観たら。。。

9885さん
2019年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

期待せずに鑑賞しましたが、ストーリーは単純でしたが、
映像はよくできており迫力はありました。

主役の3人ほどで世界を救う点は笑ってしまいました。
特に女優さん大活躍です!!

ラストの「メキシコに感謝」の一言も皮肉っぽくて良かったです!
期待せずに楽しみましょう^^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
9885

3.0ディザスタームービー

さん
2019年1月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

かと思いきや?サスペンス寄りで少々肩すかしをくらいました

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
来

4.0異常気象

kossyさん
2019年1月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

『不都合な真実:放置された地球』を観た直後でもあったため、このディザスター・ムービーも同じような目的で作られたのではないかと予想していましたが、地球温暖化による異常気象のさらに上をいくとんでもないストーリーでした。

まるで『アルマゲドン』や『デイ・アフター・トゥモロー』、『ディープ・インパクト』、挙げればキリがないが、そうした映像を想起させるカタストロフ。ただ、少し違うのは宇宙人が飛来してきたり、彗星が飛んできたり、突発的な自然現象によって引き起こされる災害ではないという点だろう。元々は度重なる異常気象による大災害に悩まされ続けた人類が、2019年に天才科学者ジェイク・ローソン(ジェラルド・バトラー)が生みの親となり、全世界で協力して天候を管理できる“ダッチボーイ”と呼ばれる気象コントロール衛星システムを完成させた。そのダッチボーイを一握りの人間が悪用して、未曽有の大災害を引き起こすという人災パニック映画であるという内容だ。

 最初に被害にあったのはアフガニスタンの砂漠地帯。ここには瞬時に冷凍庫の中に入れられたような集落があり、300人の命が奪われてしまう。さらに香港では摂氏57度という異常な気温となり、地下からマグマのような熱の塊が噴き出してくる。香港に住む科学者チェンはすぐさまダッチボーイの責任者となったジェイクの弟マックス・ローソン(ジム・スタージェス)に連絡を取り、直接アメリカで会うことになっていた矢先、故意の交通事故で即死してしまう。マックスは不仲となっていた兄に頼み、国際宇宙ステーションISSへと飛んでもらう。

 全体的には面白いのですが、ISS内にいとも簡単に格納される衛星だとか、スペースシャトルですぐさまISSに到着するとか、昔のSF映画並みの短絡的なドッキング。まぁ、600人ものクルーがいると言うから、ISSも巨大化していたのは理解できるが、せめて『ゼロ・グラビティ』や『オデッセイ』なんかも参考にして欲しいところだ。地上の災害風景では、瞬時に人間が凍ってしまうこと以外はほぼ受け入れられる。

 要は、次期大統領になりたかったデッコム(エド・ハリス)がISSの英国人クルーの1人ダンカンを使ってダッチボーイ内にコンピュータ・ウィルスを混入した結果である。大統領(アンディ・ガルシア)をマックスと婚約者サラ(アビー・コーニッシュ)が誘拐してカーチェイスを行うところも見どころのひとつだ。また、ダッチボーイの主権を握ろうとする、独善的なアメリカを批判するような内容もあり、アメリカ万歳映画にはなっていないところも良いところだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy
「ジオストーム」の作品トップへ