「終わりから始まる希望」ルーム オカマ声ちゃんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ルーム」 > レビュー > オカマ声ちゃんさんのレビュー
メニュー

ルーム

劇場公開日 2016年4月8日
全338件中、28件目を表示
  •  
映画レビューを書く

終わりから始まる希望

公開当時『埼玉少女誘拐事件』と時期が重なって考えさせられた映画。

普通の映画なら監禁に絞って、脱出したらハッピーエンドでエンドロールなのに、その後を描くとそれはもう見ていて苦しくなる。
母親の「同じ歳の少女はたくさんいるのになぜ私が?」と恨みたくないのに同級生を恨む心。
大事な娘が戻ったものの、その隣には憎い犯人の血を引く孫。
同情してる風で厭らしい質問をするマスコミには嘔吐が出た。

それでも無菌室の様な地獄から出た息子は、ドキドキしながら葉っぱは本当にあったんだと、TVと小窓で見ていた物を触れるのと一緒に世界も広がる。
歩幅も増えれば接する人も増える。
楽しいことも危険なことも増えるけど、それは部屋の中では経験できない大事なこと。

これからも親子、家族は好奇の目に晒されるだろう。
そんな中にも幸せはあると信じたい。

オカマ声ちゃん
さん / 2018年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報