「今の生活の有難さ」ルーム rakoponさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ルーム」 > レビュー > rakoponさんのレビュー
メニュー

ルーム

劇場公開日 2016年4月8日
全338件中、34件目を表示
  •  
映画レビューを書く

今の生活の有難さ

アカデミー主演女優賞を受賞したしたブリー・ラーソンはもちろん、その息子を演じたジェイコブ・ トレンブレイも素晴らしかった。
二人とも難しい役柄だった。

最近「ある奴隷少女に起こった出来事」という本を読んだ。1800年代、アメリカ南部で奴隷として扱われてきた少女の実話だ。奴隷制度から逃れるため、祖母の家の中の立つことすらできない狭いスペースに7年もの間隠れており、冬は凍傷に、雨が降ったら全身がずぶ濡れになるような過酷な環境で生き延びた。

こうした特殊な環境に置かれた経験は癒えない傷を残すだろう。

普通に生まれ、普通に生活していること。愛すべき人々に囲まれていること。これがいかに有り難いことか。

こうした作品に触れると、改めてそう思う。

rakopon
さん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報