白鳥麗子でございます! THE MOVIE

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
白鳥麗子でございます! THE MOVIE
0%
31%
53%
8%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これまでにも数度にわたって映像化されてきた鈴木由美子の大ヒットコミックを、河北麻友子主演で20年ぶりに再映像化したテレビドラマの劇場版。愛する哲也と一緒に地元の静岡県下田市に帰省した麗子。しかし下田では、白鳥家が関わるリゾート開発計画に哲也の父ら地元の漁師たちが反対しており、両家は対立関係にあった。そんな中、それぞれの前に新たな恋のライバルが出現し……。人気ユニット「BOYS AND MEN」のメンバーたちが共演し、主題歌も担当。麗子に振り回されながらも離れられない哲也役をリーダーの水野勝がテレビドラマ版に引き続き演じるほか、劇場版から登場するクールな御曹司役で同じくメンバーの小林豊も参加する。

2016年製作/92分/G/日本
配給:エスピーオー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)鈴木由美子/講談社 (C)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会

映画レビュー

3.0現代版、可愛すぎる白鳥麗子でございます♡

ROSEさん
2020年1月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

tvk映画の時間版で初鑑賞。
「白鳥麗子」といえば…私は断然、鈴木保奈美さんですね。マンガのイメージとぴったりだったと思います。遠い昔なのであまり覚えてませんが…
ちなみに松雪泰子さん版はみてません。

河北麻友子ちゃんはめちゃくちゃ可愛い♡
可愛すぎる♡♡ 河北版麗子を皆が好きになっちゃうのも納得ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ROSE

3.0嫌いじゃない、むしろ好きです笑

2019年12月28日
スマートフォンから投稿

笑える

最近もう一度見たくなってドラマと映画を一気に見たら、ただ2人が傷つけあってはヨリをもどすだけの話でしたw
それなのになぜか気づいたらこの作品に出てくる人たちが大好きになっている、不思議です。
面倒くさいキャラばかり揃っているのに、愛さずにはいられません。w
あと、太田胃散胃腸薬があからさまに映るのがこの作品のポイントですねwドラマでも映画でもそれは変わりません。大きなスポンサーなのでしょうねwこの演出嫌いじゃないですw
ボイメンのメンバーがいっぱい出てくるので自然とボイメンを好きになれます。あまり知らないですけどwもしかしたらこの作品の暖かさみたいなのを作り出してるのはボイメンの子たちなのかもしれませんね笑
普通に河北麻友子ちゃんがかわいくて、水野勝くんがかっこいいです。でもキュンキュンて感じではなく、笑って見られます。元気のない人はちょこちょこ見てくださいw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
はるはる

3.0河北麻友子版て感じ

2017年2月5日
スマートフォンから投稿

寝られる

どーしても松雪泰子のイメージが先行してしまうのとメンズキャストがイマイチすぎて…困りました。
可愛いし細いし確かに松雪泰子っぽい白鳥麗子なんだけど、うーん。
でも悪気のないエイリアン美人に彼女以外、現在の女優?!タレントで板に着く人は確かにいないかもしれないけど、とにかく劇場で観なくてよかったし笑とにかく単純な時間つぶしには最適かもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ

4.0これぞ恋愛コメディの王道。単純明快な愛の物語。

2016年6月28日
PCから投稿

笑える

楽しい

幸せ

【賛否両論チェック】
賛:恋路を引き裂かれてしまった主人公達の奮闘ぶりが、コミカルに描かれていくのがとても痛快。“愛”を直球で問いかける内容も、単純明快で心に響く。
否:ストーリーはかなり荒唐無稽なので、ツッコミどころを挙げるとキリがない。展開もかなり強引なので、本格派には物足りないか。

 予備知識はあった方が楽しめそうですが、最悪なくても大丈夫。平凡な大学生と恋に落ちた財閥のお嬢様が、地元の開発計画から恋路を引き裂かれてしまい、それでも大切な愛を貫くために、2人がそれぞれの立場から状況を打開しようと奮闘する様子が、非常にコミカルに描かれていくのが痛快です。
 あまり言うとネタバレになってしまいますが、ラストで主人公達に突きつけられる究極の選択にも、“愛する者のために何を犠牲にするか”という永遠のテーマが、ストレートに観る者の胸を打ちます。
 ありがちで先が読めてしまうストーリーではありますが、それも含めてラブコメディの王道を地で行くような、ステキな作品に仕上がっています。出演者のファンの方には勿論、恋に悩む全ての人にオススメの作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る