ブルーに生まれついて : 映画評論・批評

ブルーに生まれついて

劇場公開日 2016年11月26日
2016年11月15日更新 2016年11月26日よりBunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほかにてロードショー

伝説のトランぺッターの生涯、その闇に潜む孤独を不可解な謎のまま潔く提示

70年代にアルバム「チェット・ベイカー・シングス」が再発されて大ヒットし、チェット・ベイカーのブームと再評価が起こったのはよく憶えている。あの独特の中性的なヴォーカル、とりわけ「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は絶品だった。そして80年代末には、ブルース・ウェーバーのドキュメンタリー「レッツ・ゲット・ロスト」が公開され、アムステルダムのホテルから転落死した事実と相まって、この伝説的なトランぺッターの悲劇的な生涯は半ば神話化された気配がある。

この映画は、“ジャズ界のジェームズ・ディーン”と呼ばれた50年代の栄光の時代の回想に始まり、ドラッグに溺れた失意の日々から、60年代に自伝映画に出演するも麻薬の売人に顎を砕かれ、前歯をすべて破損するというミュージシャンとして致命的な暴行を受けたチェット・ベイカーが奇跡的なカムバックを遂げるまでを描いている。

画像1

イーサン・ホークの入魂の演技が素晴らしい。冒頭とラストで、ジャズクラブ「バードランド」でのライブシーンがあり、どちらにも登場する「金と女のために演奏する奴は信用できない」と罵倒するマイルス・デイヴィスは彼にとって畏怖すべき存在だった。ウエスト・コースト・ジャズの寵児でありながらも、マイルスのような時代を超越した天才にはなり得なかった根深いコンプレックスが彼を一生、支配したようにも見える。献身的に支えた恋人を裏切って、ふたたび麻薬に手を染め、見放される、自堕落で、脆弱なろくでなし。しかし、そんなチェット・ベイカーのトランペットには、帝王マイルスにはない比類ない憂愁と哀切な響きがあるのもたしかなのだ。映画はこの不遜で自己愛にまみれた芸術家を決してモラリスティックに断罪せず、その底なしの闇に潜む孤独を不可解な謎のままに提示している。そこが潔い。見終えると、「破滅の時にも静けさを」というゴッホの書簡の一節を思い起こさせる秀作である。

高崎俊夫

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ブルーに生まれついて[DVD] ブルーに生まれついて[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】ビフォア・サンライズ/サンセット/ミッドナイト ブル...[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ウォー[DVD]
ブルーに生まれついて[DVD] ブルーに生まれついて[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】ビフォア・サンライズ/サンセット/ミッドナイト ブル...[Blu-ray/ブルーレイ] ロード・オブ・ウォー[DVD]
発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥2,873 発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥3,553 発売日:2017年12月16日 最安価格: ¥3,186 発売日:2015年3月3日 最安価格: ¥990
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全50件)
  • カネや女のために吹くやつは信用しない ネタバレ! ...続きを読む

    shimo shimoさん  2018年4月30日 21:41  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • マイファニーヴァレンタイン モダンジャズ界を黒人アーティスト達が席巻する中、一世を風靡した白人アーティスト、チェットベイカーの物語。 成功者が薬物に手を出し破滅な人生となり、ある女性との出逢いで再出発をする。 怪我をして... ...続きを読む

    Riri Ririさん  2018年3月15日 15:34  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 奏でられていない音 メール等に書く言葉は相手に分かる様に考える。絵、音楽、宗教の説教等も同様だろう。だが、日常の一つ上には、世界の何処でも語られていない言葉、奏でられていない音、説明されていない真理がある。それは、... ...続きを読む

    ひろち ひろちさん  2018年2月17日 23:06  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 犬ヶ島 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッド ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬で 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi