チリの闘い

劇場公開日

  • 予告編を見る
チリの闘い
33%
56%
11%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「光のノスタルジア」「真珠のボタン」で知られるチリのパトリシオ・グスマン監督が、1975年から78年にかけて手がけた3部構成のドキュメンタリー。東西冷戦下の70年代、チリでは選挙で選ばれた社会主義政権が誕生し、「反帝国主義」「平和革命」を掲げて世界的な注目を集めた。しかし、その改革路線が国内の保守層やアメリカ政府などとの間に軋轢を生み、やがて民衆の生活は困窮。73年9月11日、米国CIAの支援を受けた軍部がクーデターを起こし、サルバドール・アジェンデ大統領は自殺。陸軍のアウグスト・ピノチェト将軍を中心とした軍事独裁政権が生まれる。同クーデターをきっかけにフランスへ亡命したグスマン監督が、当時のチリにおける政治的緊張と社会主義政権の終焉を記録した。映画は、75年製作の第1部「ブルジョワジーの叛乱」(96分)、76年製作の第2部「クーデター」(88分)、78年製作の第3部「民衆の力」(79分)の3部作になっている。日本では2015年の山形国際ドキュメンタリー映画祭などで上映。16年、3部作をあわせた263分(4時間23分)の作品として劇場公開。

1975年製作/263分/チリ・フランス・キューバ合作
原題:La batalla de Chile
配給:アイ・ヴィー・シー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1975, 1976, 1978 Patricio Guzman

映画レビュー

4.0まず第三部を。

花火さん
2016年10月9日
Androidアプリから投稿

『チリの闘い 第三部 民衆の力』 深刻な状況だ、と彼らは言う。しかしその顔は絶望や諦念には染まっておらず、むしろ誇りが宿っている。彼らにとっての闘いとは、横に連帯し通常の労働に従事することなのだ。演説中に話者から聴衆にフォーカスすることから明らかに、これは史上最高のジョン・ドゥ映画である。ストを終演させたあとの祝祭感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花火
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「チリの闘い」以外にこんな作品をCheck-inしています。