劇場公開日 2016年5月14日

  • 予告編を見る

ひそひそ星のレビュー・感想・評価

2.923
8%
33%
32%
19%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全23件中、1~20件目を表示

2.0俺感

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

セピア調の昭和風屋内シーンから始まりますがパンすると宇宙船内です。
なぜか1Kアパート的な台所がありなぜか昭和風な女性がなぜか茶を飲んでいます。
宇宙船の操作パネルは手づくり感に溢れています。
レトロラジオのような箱の船内アナウンスが意味不明の航路を伝えてタイトルが出ます。
タイトルが出たあとの状況説明文は怪しいものでした。

『人類はあれから何度となく大きな災害と大きな失敗を繰り返した。その度に人は減っていった。宇宙は今、静かな平和に包まれている。機械が宇宙を支配し、人工知能を持ったロボットが全体の8割、人間は2割になっている。すでに宇宙全体で人間は、滅びていく絶滅種と認定されている。科学のほとんどは完結しているが、人間は昔と同様、百年生きるのがせいぜいだ。人間の人口は、宇宙の中でしだいに消え入るローソクの火のようだ。』(本編より)

国語力に乏しいのに加えて、率直に言って、とても馬鹿っぽいと思います。
機械が宇宙を支配、8割と2割、絶滅種と認定、科学のほとんどが完結、百年生きるのがせいぜい、消え入るローソクの火。
どうみても、他の言いようがあるんじゃなかろうか。

乗組員であるスズキヨウコは宇宙航行中の日記として音声を録音しています。
その録音として、現在の状況や立場などが説明されます。たとえばしつこいほど挿入される天井照明に囚われた蛾が、何とかいう惑星に着陸したとき入ってきてしまった虫だとか、例えば惑星間宅配サービスで十数年航行しているとか、などです。
それらが総てひそひそ声です。
やがてひとつの星に着き、とことこ荒野を歩いて廃墟のようなところに荷物を届けます。
普通のおじさんがそれを受け取ります。

そんな配達を何件かこなすのが映画の粗筋です。

予感していましたが、音声日記の録音によって、映画として訴えたいことも説明されます。例えば、テレポーテーションなら配達も瞬時だけど、「思い」を伝えるために、何年もかけて運ぶ、とかなんとか。

家での視聴だったゆえ、このへんで私は映画が何分経ったかを見ました。そしてあと何分あるかを見ました。映画が終わるまでにそれを4、5回やりました。

ここで、荷物をテレポーテーションによって一瞬で運ぶより、宇宙を旅して何年もかけて運ぶほうが「思い」が伝わる、という主張が出てきます。
おそらく機械的より人間的であれかし、というシンボルなのでしょう。ただし、それを呈示するには描写が足りません。説明として言ってしまうなら、映画である必要がないのです。スカーレットが、タラのテーマとともにいきなり出ててきて「明日には明日の風が吹くわ」と言えばいいのです。
あるいはテレポーテーションだって「思い」が伝わるかもしれません。なぜそうでないと言えるでしょう。いずれにせよ情緒がいきなり過ぎ、象徴へ導くには短絡過ぎ、なのです。
映画文法を無視というような問題ではなく、これが映画ではないということに、気付かされたわけです。

誰もいない浪江/南相馬でのロケ、またその住人たちの出演は免罪符になっています。素人感も意図的に隠していません。大震災を思い遣っている、彼らに寄り添っているという気配が、冷評を回避するのです。抜かりはありません。

これは、承認欲求で描かれたアートハウス風のプロモーションビデオです。プロモートするのは監督自身です。俺が描く俺の世界です。
言うなれば、桐島の前田涼也が、押しの強い先輩の隣で、先輩のつくった映画を観ている、ようなものです。
鑑賞中、先輩はずっと「どうだこのペーソスは!」とか「どうたこの映像美は!」とか「アルミ缶が靴に噛んだまま歩き回るのって楽しいだろ!」とか、絶対に、それを自負しているに違いないと思わせるねつこさにおいて、同意を強請してくるのです。
とりわけシルエットの回廊のあざとい愁嘆的雰囲気は凄まじいものがありました。
同意はしませんが、これが映画だとするなら、ありふれた体験ではないと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0影絵の意味するものは?

mittyさん
2019年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mitty

3.5素敵。

2017年5月31日
PCから投稿

まるで一編の詩のように文字どおり静かに語られる映画でした。

嫌いな人が大半だと思いますが私は大好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

4.0これこそが

いつこさん
2017年1月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

園子温が伝えたいことが詰まった作品なのだろう。今の人間がしていること、今の環境がこのまま続くとどのような世界が待っているのか。想像もしたことないけど、昔のものと未来のものが混在しているところがリアルだった。一周回って良いとされるもの、結局愛するものの本質が、人間だけが住む星に表されていたのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

2.0タイクツ

2016年12月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

園子温はわからない?
どこに向かってるのか!?
これはショートムービーならいい感じの1本。
自主製作だから嫁を主演にしたのだろうけど、悪いけど彼女に映画1本背負う魅力はない。
タイクツで、タイクツでコマッタ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花形右京

2.5今年ワースト

2016年11月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

映画の日に、デッドプールを観るまでの時間稼ぎに駆け込みで入った。
園子温映画だったので選んだが、全然ダメだった。
まぁ好みの問題なのでしょうがないのだが‥
いろいろ震災に対する想い等、意味が織り込まれているらしいが時間稼ぎ以外の何物でもなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うんこたれぞう

3.0静かなる衝撃

異紅狐さん
2016年11月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
異紅狐

3.5郷愁に浸る

ゆうらさん
2016年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆうら

5.0映像詩人園子温が好きな人にはオススメ

さん
2016年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よ

5.0タルコフスキーの時間感覚

naoさん
2016年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

タルコフスキー映画のファンにとっては、長回しやオマージュショットもあり、タルコフスキーと同じ時間感覚に浸れる、予期せぬ 癒しの作品。
アンドロイドの宅配業者とずっと旅を続けていたい!
(≧∇≦)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
nao

2.5妙にココロに残る映画

星なれさん
2016年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

1回目に見て寝落ちして、今度こそはと気合を入れていった2回目もほとんど寝てしまった(笑)

こんな映画も映画らしくていいんじゃないかと思う。土地の記録にもなってるしね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星なれ

1.5ショートムービーにすべき

2016年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

園子温さん、ショートムービーにできなかったのかな。あの尺はいらないでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヒロモチ

3.5すごい映画なのかもしれない

kousukuさん
2016年5月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kousuku

3.5夢の世界

HigeKoboさん
2016年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

寝られる

夢のような素晴らしい世界、というわけではない。
脈絡のなさそうな光景や状況がつながっている。
これは園監督の夢なんだろう。夢だと思いたい現実だったりするが…。
寺山修二の田園に死すを思い出してしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HigeKobo

4.0詩的

Scottさん
2016年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

寝られる

園監督 詩を書いてた頃は「ジーパンを履いた朔太郎」と言われてたらしいんだけど、その部分が前面に出てたね。

主演の神楽坂恵さんが映像に合ってて「さすが嫁さんの活かし方知ってんなあ」と思ったよ。

「これは映像の詩なんだな」と思って観てたから、ストーリーは気になんなかった。動きの少ない映像が続くから、途中何回か寝落ちしたんだけど、まあいいんじゃないかな。ゴダールだってみんな寝るしさ。

「これは詩の世界なんだな」と思ってい観ている草原に漁船が転がっている光景が「現実の光景だ」と気づいたときに、少しヒヤっとしたなあ。

もう一回みたらもう少し色々感じると思うから、また行こ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

4.0やりすぎなまでのSF設定が映画なんだなと思わせ、福島のカラーがやは...

2016年5月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オドオド

1.5「記録」として撮るだけというのは果たしてどうか

2016年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しんざん

2.5空き缶

2016年5月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
saikimujin

3.0音よりも匂いを感じる

2016年5月14日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
イケマン

2.0は、ハードルが・・

2016年5月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

私にはハードルが高過ぎた作品でした。あと1回見直せば、評価が出せたのですが・・。
それより、右隣の席の携帯が鳴ったり、左隣の席の男のイビキが館内に響いたりと、散々な視聴環境でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち
「ひそひそ星」の作品トップへ