恐怖ノ白魔人

劇場公開日

恐怖ノ白魔人

解説

「屋敷女」「リヴィッド」のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督が、女性の拉致現場に遭遇してしまった少年たちが体験する恐怖の一夜を描いたサスペンスホラー。退屈な学校を抜け出したダン、トム、ビクターの親友3人組は、廃墟となった映画ロケスタジオに忍び込む。3人はそこで、謎の男が女性を拉致しているところを目撃してしまう。少年たちは男から口外しないよう約束させられて帰宅するが、何者かが彼らの後を尾行していた。そしてその晩、彼らの身に想像を絶する恐怖が降りかかる。出演は「そして友よ、静かに死ね」のフランシス・ルノー。「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」で劇場公開。

2014年製作/90分/R18+/フランス
原題:Aux yeux des vivants
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)METALUNA PRODUCTIONS / SND - 2014 - visa n°135 987

映画レビュー

2.5個人的に合わなかった

白波さん
2022年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

無毛症の白い子供、その親子による凶事。
スタンドバイミーな友情は良く描けていますが、設定がガバガバで何故?の連続。とりわけ警察が無能すぎです。
最初から最後まで突き抜けることが無い微妙な感じでした。
あくまで個人的に合わなかった作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

3.5更に不気味なコールド・スキン

Minaさん
2021年6月20日
Androidアプリから投稿

サヴィエ・ジャン監督の「コールド・スキン」という作品に出てくるクリーチャーを連想させる白魔人。圧倒的にこちらの方が不気味だ。この白魔人の正体は後半で明かされるが、思わず「え?」と声を出してしまう存在であった。だが、随所にキーワードが出ており、注意深く観ていれば予想はつくだろう。クラランスという名で、ある程度言葉も話せる。そして、大柄な体格で一歩間違えればダークヒーローにもなり得る怪力の持ち主だが、意外にも最後はあっさりと倒されてしまう。
近年のド肝を抜かれっぱなしのフレンチホラーの中では大人しい方の作品で、中学生がメインの登場人物という事もあってか、殺害シーン等が割愛されている部分が多い。R-18+指定だが、そこまでの残虐性は見受けられなかった。
表現などフランス映画らしい部分はもちろん楽しませてもらったが、ストーリーはごくありきたりなものであり、監督の過去作と比べてしまうと「普通」感が出てしまっている。
それでも作品から伝わる異常さや恐怖度の表現はやはり上手く、やはり他国の映画では味わえない作風であり、
独特な表現にハマってリピートをしてしまいそうである。また、クラランスは異型の存在だが、エンタメ的要素という扱いではなく、人類が行って来た様々な破壊行為への警鐘の意味合いとして描かれている様に思われる。
緻密な物語ではないものの、ビジュアルの怖さや雰囲気は高水準ではないだろうか。これもまたコレクションに入れておきたい一作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mina

2.0謎だらけ

kossyさん
2019年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 クラランスという6歳の少年のはずが、恐ろしい怪力の男として暴れまわる。父親は撮影所に隠れ住んでいたのだが、クラランスの暴走が止まらなくなった・・・

 冒頭ではクラランスの母親が妊婦でありながら自殺するというショッキングな映像。トランクの女性はいったい誰なのかわからないまま。なぜ少年たちを付け狙うのかも謎のまま。謎だらけで恐怖映像だけを垂れ流している作品でもあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5.

2019年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瀬雨伊府 琴
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る