「バカげていることは美徳である。」キング・オブ・エジプト バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

キング・オブ・エジプト

劇場公開日 2016年9月9日
全103件中、56件目を表示
  •  
映画レビューを書く

バカげていることは美徳である。

エジプトの神々が変身して「牙狼」になる映画。キャストの中でのビッグネームはジェラルド・バトラーとジェフリー・ラッシュだが、バトラーは悪役な上に金ピカの牙狼に変身してしまうので、もはや顔とか見えない状態に。ジェフリー・ラッシュは変身しないけど、本筋とは関係のないところで終始巨大怪物と戦っていて、意外なほどの熱い演技。おそらくこの映画が一級品として語られることはないし、ストーリーも陳腐っちゃ陳腐なんだが、「古代エジプトを肴にやりたい放題やりました!」というプロヤス監督の突き抜けっぷりがいい。お仕着せで平均値を狙った大作なんかよりも、全力かつ本気でバカげたものを作ってしまった男のドヤ顔がもはや清々しい怪作だし快作でありました。

※自分は字幕版で鑑賞したので吹き替えについてはコメントできませんです。

バッハ。
さん / 2016年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報