アクトレス 女たちの舞台 : 映画評論・批評

アクトレス 女たちの舞台

劇場公開日 2015年10月24日
2015年10月20日更新 2015年10月24日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにてロードショー

ラストシーンの主人公の表情は、あらゆる人生を集め映し出すスクリーンそのもの

原題は「シルス・マリア」というスイスの山岳地帯の地名。自分の育ての親とも言える演出家の突然死もあって、主人公の女優はシルス・マリアにある演出家の家で暮らすことになる。そこでは「マローナのヘビ」と呼ばれる、渓谷をまるでヘビのように動く奇妙な雲を観ることができる。死んだ演出家にも「マローナのヘビ」という戯曲があって、若き日の主人公はそれに出演することで「女優」としての地位を築いたのだ。それから20年が過ぎた今、リメイクされようとしているその戯曲への、別な役への出演を彼女は承諾した。その戯曲には、20歳の女性と40歳の女性というふたりの主人公がいて、当然、今回は40歳の方を演じることになるのである。

彼女が新たな役を演じる時、彼女にはかつて自分がやった別の役の記憶が流れ込む。当時の現実の記憶も流れ込む。さらに新たな役の役柄の人生も流れ込む。今の自分の人生も引き受けている。目の前には若さを身体中にみなぎらせるアシスタントと若手女優がいる。死んでしまった演出家はもちろん何も言わず、残された家だけが彼女を現実に引き止めている。いや、そここそが次の一歩への出口でもあるかのように、彼女はその家にいる。いくつもの時間を集め、じっとそこにとどまりつつ、気がつくとヘビのように流れ出す。

画像1

時間は雲のようなものであるのかもしれない。いくつも水滴のような小さな時間=記憶=予感が集まりひとつの形をなし流れを作る。その意味で女優もまた雲のようなものであるのかもしれない。彼女の中に集められるいくつもの小さな時間とそれを観るわたしたちの間に雲が流れ始める。わたしたちの現実の時間が彼女の中にも流れ込み、そこにわたしたちだけの映画が生まれることになるだろう。映画を観るとはそういうことだ。この映画の最後、もはや何もやることもなく考えることもないといった表情でこちらを見つめるジュリエット・ビノシュに、ちょっとドキドキする。それはあらゆる人生を集め映し出す、スクリーンそのものの表情だとも言いたくなる。

樋口泰人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

月刊フューチャーアクトレス 佐原あき PURE LOVE[DVD] アクトレス ~女たちの舞台~[DVD] 月刊フューチャーアクトレス 原田まり WINNING LAP[DVD] Yoshi原作『翼の折れた天使たち』第三夜 アクトレス[DVD]
月刊フューチャーアクトレス 佐原あき PURE LOVE[DVD] アクトレス ~女たちの舞台~[DVD] 月刊フューチャーアクトレス 原田まり WINNING LAP[DVD] Yoshi原作『翼の折れた天使たち』第三夜 アクトレス[DVD]
発売日:2005年4月20日 最安価格: ¥4,104 発売日:2016年4月27日 最安価格: ¥3,283 発売日:2005年6月15日 最安価格: ¥4,104 発売日:2006年6月21日 最安価格: ¥3,024
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全25件)
  • 私はあまり レビューみて見て見たけど私はあまり…でした ...続きを読む

    mami mamiさん  2017年11月18日 13:29  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人間が生きていく上での普遍的なテーマでもありましたね 老いは人間生きていれば誰にでも訪れるもので、それを避けて通ることは不可能な訳ですが、分かってはいてもどこで線引きをしていいのか、どう折り合いを付けていけばいいのか、誰しもが一度は悩む問題だろうな... ...続きを読む

    スペランカー スペランカーさん  2017年5月2日 05:46  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 退屈な印象 静かな映画で2時間が長く感じた。 クロエモレッツの出番がもう少しあったらなぁ ...続きを読む

    けんぞー けんぞーさん  2017年3月29日 08:08  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi