劇場公開日 2015年11月7日

  • 予告編を見る

午後3時の女たちのレビュー・感想・評価

3.17
2%
45%
44%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

0.5マッケナに、キチンと謝れ!

jadeさん
2021年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

マッケナが壊れたのは、レイチェルの裏切りから、起きた。表では、マッケナに子守りを頼んだ友人に同意しながら、裏では夫にマッケナは子守りをする資格が無いから、あなたからキャンセルしてと糸をひく。女の子達の子守りを任せられたマッケナは純粋に喜び、ネイル💅等、女の子達の為に、おもちゃを買いに行くシーンは素晴らしい。マッケナの他人から子守りを任せられた喜びは、凡人には判らないだろう。キャンセルの理由は、レイチェルが直接、マッケナに話すのが、人としての常識である。信用していた女友達に、理由も話して貰えず、子守りを断られた事は、今、問題になっている人種差別と同じだと思う。売春を止めろ!とアドバイスしておきながら、部屋の提供だけで援助は中途半端。挙げ句の果てに、子守りの仕事も、売春婦だから相応しく無い!と支離滅裂。せめて、最後に車で、マッケナに会いに行ったなら、レイチェルは、傷付けて、ゴメンなさい!と謝って、和解して欲しかった。バーの前で、マッケナが笑っていたのは、泣いてても仕方が無いから。レイチェルの最後の会話から、レイチェルは、ただの欲求不満の偽善者。最悪な女。Sex worker だと分かった時点で、家から出で行って貰うのが筋。マッケナを助けたい!とか、結局、全部、嘘で、彼女を泊めたのは、ただ、ただ、自分の興味本位。暇つぶし。マッケナ役のジュノー・テンプルの迫真の演技が台無し。レイチェルは、マッケナを助ける事が出来たはず。これが無理なら、戦場カメラマンなんて、夢もまた夢。笑っちゃう。せめて、戦場カメラマンだった!位のエピソードにしてくれ。夫に相談もせず、売春婦を泊めて、プールで泳がせ。飽きたら、彼女を陥れた、自分の子供の面倒も見れない哀れな裕福層の母親役は、やって欲しくなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jade

4.0女は、いつまでたっても女でいたい。

ガーコさん
2017年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

女はいくつになっても女でいたいのでしょう。

夫とのセックスレスで悩む妻。

このまま枯れて行きたくないと願う余りに飛び込んだ風俗店で、何故かストリッパーの可愛い女性と出会います。

自分にないものを持つ彼女に魅入られてしまった妻は、彼女を家に住まわせるのですが、それが良くなかったのです…。

ドロドロとした男女のもつれが展開されていく後半。

ママ友との別れ、夫との別居など悲惨な結末になるのかと思いきや、意外とすんなり収まってしまったことにビックリでした。

でも、これが逆に現実的なのかもしれないと感じる結末でした。

魅力的な女でい続けるって難しい…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

3.0当たり前の毎日が平凡

Ririさん
2017年12月1日
iPhoneアプリから投稿

何不自由なく当たり前の生活が退屈で苦痛。
そして自分は主婦と思ってない。

不倫!という題材ではない。
夫婦の関係も仲良く見えるが、マッケナが最後にヤンチャして、周りを巻き込み、夫婦仲が一変する。

当たり前の毎日を失って、何が大切なのかを気づく映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Riri

3.5辻褄の合わない女の物悲しさと可笑しさ

2016年6月7日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
天秤座ルネッサンス

3.0終わり方が興味深いってか新鮮

2016年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

萌える

レイチェルの苦悩に不満など共感出来ないし充分幸せな生活の筈が?贅沢極まりない。

夫婦共々、自由奔放で若いカップルみたいだ。

笑えるシーンもあるし登場する主婦仲間が皆人生を満喫している感が素敵。

そんなレイチェルの毎日が退屈で不満だらけで大人に母親に未だなれない幼さが残る。

劇中のベッドシーンでは見せないレイチェルのバストをラストに持ってくるのは新鮮だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5現代の象徴か

おまめさん
2015年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おまめ

3.5監督は何をしたかったのか

島田庵さん
2015年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

サンダンス映画祭監督賞なのだそうな。
タランティーノ監督が2013年のベスト10に選んだのだそうな。

面白い設定だな、と思って観に行った。

キャスリン・ハーン演ずるレイチェルがセックスレスな夫との関係とかユダヤ人婦人会的関係とかで悩んでいるのは分かる。
2組の夫婦でたまたま行ったストリップ・クラブで若くて可愛いダンサーの女の子にレイチェルが一目惚れしたのも分かる。
さりげなくその女の子に接近したくなったのも分かる。
たまたまその女の子が住む所をなくしたのでこれ幸いと自分の家の空き部屋に住まわせたのも分かる。
そして娼婦だったその女の子を改心させようとしたのも分かる。
でもそれが無理なのも分かる。

分かるのはここまで。
その後の展開で、ジル・ソロウェイ監督がどうしたかったのかが分からない。

収拾がつかなくなっちゃったのか?
最後まで我慢して観るのが辛かった。

三十代後半からアラフォーの既婚女性になら通じるのだろうか。
あるいはユダヤ人になら通じるのだろうか……

ちなみにオフィシャルサイトの「日常に宿るユーモアを拾いながらリアルに描かれる」というのは正しいが、
映画コムいわく「コメディドラマ」、Yahoo!映画いわく「ユーモアたっぷり」は、
嘘か、まちがい。

そして、
「キル・ビル」とは全然違う分野だから、
タランティーノは信ずるに足らん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
島田庵
「午後3時の女たち」の作品トップへ