クライモリ デッド・パーティ

解説

人喰い一族に狙われた人々の恐怖を描くスプラッターホラー「クライモリ」シリーズ第5弾。ウェストバージニア州の小さな町フェアレイク。ハロウィンに開催される音楽フェスティバルに参加するためこの町を訪れた若者たちが、謎の男とトラブルになり警察に連行されてしまう。この男の正体は、人喰い一族を手懐けて人々を襲う殺人鬼だった。人喰い一族は留置所に入れられた男を助けるため、邪魔者を手当たり次第に惨殺していく。出演は「ヘルレイザー」シリーズのピンヘッド役で知られるダグ・ブラッドレイ。シリーズ3作目より監督をつとめるデクラン・オブライエンが引き続きメガホンをとった。

2012年製作/91分/アメリカ
原題:Wrong Turn 5: Bloodlines

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

0.5つまらない

2018年5月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
にゃっこ

2.5阿鼻叫喚を期待したが

2017年9月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今回はハロウィンに開催されたロックフェスティバルに参加した若者が被害に遭う。この主人公らはやはりバカでイライラすること必至だ。
しかしもう慣れたものでそんなことはどうでも良い。本作は殺害のバリエーションがより一層豊富だった。一部「SAW/ソウ」を彷彿とさせるシーンもある。チープさはあり、もうSFにでもしない限りマンネリ化から抜け出すことはできないだろうがそれでも毎回異なる切り口で期待を裏切らないように工夫してあるのは好感触だ。奇形狂人は3人の兄弟。それだけでなく奇形兄弟を支援(?)している男が登場する。ここが一番新しい展開だ。レビューの題名にも記載したが、ロックフェスティバルには地元住民含め観光客が大勢押し寄せる。その環境で食人奇形一家が登場するとなると想像できるのはフェスの会場で彼らが暴れまわり阿鼻叫喚の地獄絵図になるという事。しかしそんなことはなくそこはいつも通りの展開で残念だ。あれだけ「殺し要員」がいるにも関らず主人公ら以外は途中からきれいさっぱり消えていなくなる。停電とはいえどこにもいないなんておかしいではないか。そこが不満で仕方ない。また、このシリーズはサバイバルホラーだったが、今回は捕まり殺されの繰り返しだった。全体的に面白くなりそうな要因を残しておいて調理不足な印象だ。
1つ思ったのだが、シリーズを短期間に急ピッチで製作しすぎではないか。だからいつも通りの範疇を超えて来ないのではないかと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Mina
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「クライモリ」シリーズ関連作品