ヤング・アダルト・ニューヨーク : 映画評論・批評

ヤング・アダルト・ニューヨーク

劇場公開日 2016年7月22日
2016年7月19日更新 2016年7月22日よりTOHOシネマズみゆき座ほかにてロードショー

60代と40代と20代、3世代の物語であり、不況のニューヨークだからこそ生まれた映画

ヤング・アダルト・ニューヨーク」でベン・スティラーナオミ・ワッツ演じるジョシュとコーネリアの夫婦はジェネレーションXの世代に所属している。ベン・スティラーはその監督デビュー作の「リアリティ・バイツ」(94)でジェネレーションXを代表する存在だった。大学を出ても社会に所属せずモラトリアムを続ける若者たちを描いた群像という意味では、ノア・バームバックのデビュー作「彼女と僕のいた場所」(95)とも重なる。

30代に差しかかる頃、ジェネレーションXは永遠に若い文化に居座ることに決めた。彼らのアイデンティティであるサブカルチャーの部門においてさえ、自分たちがエスタブリッシュメントになり得ないと判断したためである。ベビーブーマーが音楽や映画のメインステージで権威の座から退かない限り、彼らの出番はない。コーネリアの父であるレスリーはジョシュと同じくドキュメンタリー作家で、ベビーブーマーだ。彼の時代には、志の高い物に資金を提供しようというスポンサーと観客がいた。その背景には恵まれた経済状況があったのは間違いない。レスリーが住むのはセントラル・パークの西側に位置するアッパー・ウェストという地域で、多くの文化施設や大学があり裕福な知識人たちが暮らすエリアとして知られている。彼と違って右上がりの経済を基盤としていないジョシュたちは00年代に再開発が進んだブルックリンに自分たちの居場所を見つけた。そして2008年、リーマン・ショックが発生。ブルックリンではマネー・ゲームに疲れた、あるいは失業した人々が独自の文化を築き、レトロな文化を愛する「ヒップスター」と呼ばれる種族を引きつける磁場となった。アダム・ドライバーアマンダ・セイフライドのジェイミーとダービーの世代だ。

画像1

40代と20代のジェネレーション・ギャップを扱っているように見える本作だが、実は60代と40代と20代、3世代の(しかも同種の職業人の)物語であり、不況時代のニューヨークだからこそ生まれた映画だ。ジョシュとコーネリアスが順調にキャリアを積んでいれば、20代のカップルと同じ地平で出会うことはない。40代であるジョシュと20代のジェイミーは、実は同じストレスを抱えている。ひとつ前のジェネレーションに自分たちがやりたかったことの基盤を食いつぶされたという恨みだ。ジェイミーたちの目には、オルタナティブであることを「選択」したジョシュの世代は、ジョシュの目線で見たレスリーたちベビーブーマーと同じくらい贅沢に映るに違いない。

ジェイミーのとある陰謀を知ったジョシュが、ローラーブレードという子供の乗り物で大人の証明となるスーツも着ないままレスリーのパーティへと急ぐシーンの滑稽さが、この映画のテーマを物語っている。彼が目指すリンカーン・センターは、アッパー・ウェストの文化の象徴のような場所なのだ。アッパー・ウェストを目指してニューヨークを北上するジョシュの姿は、遅ればせながら「大人になること」に目覚めたジェネレーションXの真実だ。それをその世代の象徴的な存在であるベン・スティラーがやることに大きな意味がある。

山崎まどか

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ヤング・アダルト・ニューヨーク[Blu-ray/ブルーレイ] ヤング・アダルト・ニューヨーク[DVD] ドッジボール[Blu-ray/ブルーレイ] ナイト ミュージアム2 <特別編>[DVD]
ヤング・アダルト・ニューヨーク[Blu-ray/ブルーレイ] ヤング・アダルト・ニューヨーク[DVD] ドッジボール[Blu-ray/ブルーレイ] ナイト ミュージアム2 <特別編>[DVD]
発売日:2016年12月21日 最安価格: ¥3,963 発売日:2016年12月21日 最安価格: ¥3,236 発売日:2010年7月2日 最安価格: ¥2,571 発売日:2010年6月25日 最安価格: ¥1,532
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全36件)
  • 見終わってから少々意心地が悪い 軽いタッチだが、見終わってから少々意心地が悪い。年の差を超えた友情でずっと進んでいく、その過程はコメディタッチなところもありつつ楽しめる。 だが、その関係性をぶつりと完全にシャットアウトするとは... ...続きを読む

    okaoka0820 okaoka0820さん  2018年5月31日 22:48  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 若者に媚びたら負け? ミドルサーティーな年代のため、どっちのカップルの気持ちも良くわかるわかる。 若い彼(パターソンの彼だ!)はイケメンで人懐っこくて(結局強かなずるい男なんだけど……)媚びちゃうおじさんの気持ちもわ... ...続きを読む

    Y Yさん  2018年5月15日 21:32  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 若いだけさ。 時間は有限だが、効率的に生きることが必ずしも幸せとは限らない。 ライフハックだのコスパだの、利便性と効率を求めがちだけど それが全てではないんだよ、と言われた気がした。 この作品には他にもたく... ...続きを読む

    mar marさん  2018年4月26日 09:47  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 来る 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総て メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi