映画としての音楽

劇場公開日

映画としての音楽
0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ミニシアターで繰り返しアンコール上映が行われている自主映画「眠り姫」をはじめ、「DUBHOUSE:物質試行52」「ホッテントットエプロン-スケッチ」といった作品で知られる異才・七里圭監督が、「映画を音から作る」というプロジェクトの第1弾として手がけた作品。その試みのため、2014年4月26日に一夜限りで実験的ライブを開催。そこに参加した音楽家など12人による、オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」(日夏耿之介による日本語訳「院曲撒羅米」のテキストを使用)を朗読する声や音楽を収めて構成されている。

2014年製作/56分/日本
配給:charm point

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

「音から作る映画」シリーズ関連作品