エベレスト 3Dのレビュー・感想・評価

メニュー

エベレスト 3D

劇場公開日 2015年11月6日
192件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

エベレストの恐怖 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エベレストの迫力!というよりも人間のドラマが感じられた作品。

登頂のタイムリミットが過ぎてるのに、遅れて来た彼を連れていったために戻れなかった人…

逆に、救出しようと戻り、落下…でも生きていた人…

今回取り上げられた一行の他にも同じようなドラマが繰り広げられているんだろうなぁ…

恐ろしや登山…恐ろしやエベレスト…

yupppiii
yupppiiiさん / 2018年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観た自分が悪い

そもそも、彼らが自ら好きで登っているということ

アリンコ
アリンコさん / 2018年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像の美しさが魅力です

自然の壮大さを痛感する。

やはり人間は自然に抗うべきではないのかも知れない。自然を支配してきた人類の高慢さは、神の山の前に砕ける。

それは天に到達しようとしたバベルの塔をも思わせ、芦原義信だか原広司が言った、山登りは山を制するのではなく山と友達になるという事だという名言も、都合の良い妄言に過ぎないと思わされてしまいそうである。

ジェイク・ギレンホールは相変わらず素晴らしい俳優です。キーラ・ナイトレイの無駄遣い感もややあるが...

nagi
nagiさん / 2018年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何故登るのか

こんなにも演技派俳優達を使った作品なのに何故彼らはあそこまで山に惹かれ登るのか、という部分がいまちい釈然としない。
色々な娯楽がこの世に存在しているのに決死の娯楽に何故惹かれてしまうのか。多分、この映画だけじゃなく他の登山映画やドキュメンタリーを見てもわからないのだと思う。
午後2時を過ぎてからのデスゾーンが如何に死地と化すか。後半の恐ろしさは観てる側まで寒気と空気の薄さを感じる程でした。

字幕 アンゼたかし
字幕 アンゼたかしさん / 2018年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

山は美しくもあり恐ろしくもある

世界中の登山家がチームを組みエベレスト登りる実話

不運が重なり下山が困難になる

本当に山は恐ろしいと感じました

そのチームの中には日本女性の登山家がいて亡くなってるとは知りませんでした。

mami
mamiさん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ登るのか

素人目から見ると山の怖さを感じる作品。映画の前半で数人が登ってしまうので、あっさり終わっちゃうのか?と思ったが、後半のひやひや劇にいつのまにか固唾を飲んで見守っていた。実際にいた人物を元に作られたというところが切ない。そうまでしてなぜ登るのか。その答えにこだわりすぎて命を落としては何もかも終わりなのだが、その葛藤を見事に表した作品。
景色は素晴らしく、山が好きなら映像を観ているだけでもおもしろい。

ニック
ニックさん / 2017年9月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

金持ち臭がプンプン

1996年、エベレスト登山は商業化していた。
20ものパーティがひしめき合う中で事故は起きた。
リーダーシップの欠如が直接的な原因だと思うが、登山好きの金持ちというイメージが強く、集中できなかった。
私には、何故、山に登るのか、ということが理解できない。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年8月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アマチュアが運試しで登る山ではない

荷揚げをガイドに頼りきりで、使用済酸素ボンベの回収すらできない体力の人間が挑む山ではないと思います。それは冒険ではなく無謀というもの、山に対して失礼です。

いちとら
いちとらさん / 2017年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像に引き込まれる

実話を基にしているということで、ストーリー的には評価はしづらい。
とにかく、映像に引き込まれた。
あの絶景を味わってみたいものです。

MIZ
MIZさん / 2017年6月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

下山でがらっと様相が変る

登山を題材にした作品はたくさんありますが、よくできているんではないでしょうか。ベストではないですけど。
登頂まで軽めで進行して、下山でがらっと様相が変る。そこからが本題。
少し登場人物が多めなので、消化不良な部分もあり。それでもロブとベックを中心に構成していることは分かるので問題なし。
ちょっと期待し過ぎていたかもしれません。映像は美しいですが、緊迫感のある映像ということでいうと「運命を分けたザイル」にひけをとりそうです。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画館で見たかったかな

3Dと銘打っているので、劇場で見るべきなのかもしれない。
劇場で見たかったな。

まぁ、エベレスト登山なんて、
過酷であることは分かりきってるわけで、
事実を映画化しただけの映画。

登山のプロなんだけど、
ちょっとの判断ミスが命取りになってしまった。
過酷な状況では情は捨てなければいけない
ということが良く分かる。

出てきた日本人女性、すごい人だったんですね。

so
soさん / 2017年1月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい、けど・・・エベレストは怖いよ

予想以上に淡々とした作風の映画でした。
実話に基づいて映画化されたからなのか、過剰な感動やお涙頂戴はほとんど無し、本当にただただ事実を描いただけ・・・それ故に、山の美しさと同時に山の怖さをまざまざと見せ付けられるような映画に仕上がっていたと思いましたね。
自然は何故これほどまでに美しく、これほどまでに残酷なのか、しかしその危うさがあるからこそ、きっと人は惹きつけられてしまうところがあるのでしょう。
とは言え、私は登山に全く興味を惹かれないし、冷たいことを言うようで申し訳ないのですが、悪条件の中、警告を無視して無理やり登山して遭難したならば、後は自己責任でどうぞとしか思えないんですけどね・・・。

しかしエベレストの登山事情が、まあ今現在はどうなのか知りませんけど、こんなに商業化していて、こんなに登山渋滞しているとは本当にビックリ。
ほんの一握りの人しかエベレスト登頂なんて成功しないものだとばかり思っていましたが、これだけの方が登っている様子を見るともはやそんなこともないのですね(勿論簡単に成功するものではないのも見ていて分かりましたが)
だからこそ悲劇が起こるのも、これ見ると無理もないな・・・。

また経験豊富なベテランの方が、むしろ危うい存在だったのも印象的でした。
過剰な自信が命取り、無駄に栄光を知っているからこそ、自分は大丈夫だと思ってしまうんでしょうね。
まあ多大な時間をかけて準備して、もうすぐそこが頂上なのに引き返すと言う選択をすることは、それはもうホントやるせない気持ちになるのもよく分かります、でもその身勝手な行為が更なる悲劇を生むのもまた事実、そう言う事実を淡々と見せられると、やっぱり自然をナメなら駄目なんだなと改めて実感させられました。

一つ映画的な難点としては、あくまで主役はエベレストであって、人間ではないこと、なので豪華キャストで登場人物多数であるにも拘らず、誰に焦点を当てている訳でもないので、ヒゲのおじさんだらけで誰が誰だかいまいち見分けが付かないし、かろうじてジェイソン・クラークとジョシュ・ブローリンが演じた人物に少しだけ感情移入できるエピソードがあったぐらいで、後はホント淡々と事実が描かれているだけの映画になっていましたから、正直中だるみ感を感じた部分はあったかなと。
まあでも、臨場感溢れる雪山の映像は一見の価値あり、私は映画で十分、登山は好きな方だけどうぞ。

スペランカー
スペランカーさん / 2016年12月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話おっかない

実話おっかない

たかしきー
たかしきーさん / 2016年10月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカ人の命は高いんです

誰目線で描くのかというのは映画にする以上は非常に重要だと思うのですが、とっ散らかっております。
ただ、私のように何も知らない者からすると商業公募登山=エベレストが目的地のパッケージツアー旅行というものが存在していて、エベレスト登頂=冒険家のものという図式が崩れていることを知れて、興味を持って調べるきっかけにはなりました。
あと、同行してたジャーナリストのジョン・クラカワーってショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』の原作者だったのか!という驚きもあったりして、本編以外に色々興奮要素がありました。
少しひねくれた人間の感想にはなりますが、2016年にこの映画を観ると表題のような感想が大きなウェイトを占めてしまう映画の作りにはなっているかと思います。あの最後の方のあのシーンは実際の話と変えてしまってるようですしね。

do_nothing
do_nothingさん / 2016年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間の無力さが感じられる

です

bluelank
bluelankさん / 2016年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通

迫力はある。内容も実話に基づいて作られているためしっかりはしてる、、
でも物足りないかな

toshiki
toshikiさん / 2016年9月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3Dの意味ある?

壮大な険しい景色が3Dで邪魔に感じる。

3Dとしての迫力が全く伝わらず2Dの方が堪能出来た感は否めない。

観たことのない迫力の映像を期待したが驚く場面も見当たらず物語も単調で物足りない。

エベレストに登る過酷さがコノ映画を観なくても理解出来ているそんな位にしか演出されていないので感動も驚きも皆無。

J・ギレンホールの役者としての存在感だけは素晴らしくJ・ギレンホールを観る価値のみ。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見えない怖さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これ、底本はものすごく面白い。だけど、映像化は難しかったんじゃないかなと。

この遭難事件の原因って、山の険しさなど映像的に表現しやすい事ではなくて、酸素が薄くて精神と内蔵がやられるという視覚的にはわかりづらい部分が要因だったりする。蝕まれている当人たちも自覚できなかった状況なので、余計に映像化しづらい。(酸素ボンベのくだりも真相がはっきりしてないしなあ。)

酸素の薄さって、ほんと表現しづらいことだと思う。視覚化できない「見えない怖さ」。

酸素の件だけでなく、吹雪で場所が見えない、人の顔を見誤ったのが、被害を大きくしていて、これも「見えない怖さ」だし。

高山病で視力を失う隊員もいて、これも「見えない怖さ」だなあと思う。

「見えない」を映像化する難しさは、撮る側の人も重々承知してたと思うんだけど。


だからこそ、エミリー・ワトソン他、これでもかっていうくらい演技派の俳優を大量投入したんだろうなあと思う。

この映画の凄いところは、こんだけ演技派投入したのに、「何で彼らが山に登るのか」が、さっぱり分からないところ。

お金・野心・ビジネス・名声・夢…いろんな理由がそれぞれあるんだろうけども、今ひとつ釈然としない。なんで、そんな苦労してまで手にいれようとするのか。ジョン・ホークス演じる登山家なんて、捨て鉢になってるようにしか見えない。彼の動機が一番わからない。

原作読んでも釈然としない。書籍の方が、様々な人の言葉を大量に引用して、人が山に登る理由を探ろうとしているんだけど、それでも説明つかない。ああ、これは、登山家じゃないと分からない、もしかしたら登山家自身にも分からない事なのかもねと思う。

説明できないないことに惹かれてしまう、そうさせてしまう山の深潭が、この映画にはあるなあと思う。それを演じたジョン・ホークスが上手かったなあと思う。


ジョシュ・ブローリン演じる登山家は、日常から逃げたくて山に登る(この人は割合、理由がはっきりしている)。「普段は霧の中にいるみたいだけど、山に来るとその霧が晴れる」。それでも、その逃げたかった日常に、必死で戻ろうとする。その必死さが感慨深い。


追1:本を読むと、ビジネス登山が遭難を招いた部分もあるけれども、ビジネスという秩序があるからこそ防げている事もあるらしくて、中々難しいもんだなあと思った。

追2:『エベレスト 3D』とタイトルにもあるくらいだから、3Dで観たけども効果は薄かったような。

小二郎
小二郎さん / 2016年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

別世界なので、安易に踏み入れてはいけない領域だということを実感でき...

別世界なので、安易に踏み入れてはいけない領域だということを実感できるようなカメラワークだった。
実際、地上の頂を制覇したら、神を信じたり、存在を実感できたりするのかなぁ。

susumu takeda
susumu takedaさん / 2016年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神の領域

人が安易に立ち入ってはならない神の領域。

上みちる
上みちるさん / 2016年8月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

192件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報