劇場公開日 2015年3月13日

  • 予告編を見る

「互いへの敬意が織り成す、唯一無二のラブストーリー」博士と彼女のセオリー ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7199
19%
59%
18%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0互いへの敬意が織り成す、唯一無二のラブストーリー

2017年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

英国、ケンブリッジ。自然と文化に満ちたこの学術都市では数多くの天才たちが輩出されてきた。その中でもホーキング博士ほど身体の自由を失いながらしかし誰よりも伸びやかに、精神性の跳躍を繰り出した人は他にいまい。彼の半生を演じるレッドメインは期待の一枚も二枚も上をゆく極めて軽やかな存在感とチャーミングさで、この役を見事に演じ切った。そして本作のもう一つの軸となるのはフェリシティ・ジョーンズ。その「受け」の演技が揺るぎないからこそ、二人はその遠心力で映画の可能性をどこまでも遠くへ放つことができたのだろう。ミクロと宇宙を繋げ、神の存在を問いかけ、己の感情に素直であり続けた二人。そこには彼らにしか成しえない世界があり、彼らにしか下しえない決断があった。まさに二人だけのセオリー。とりわけお互いに対してずっと抱き続ける「敬意」は印象的だ。本作に触れることで、別れてもなお彼らが最良の関係性を大切に保ち続けている理由がわかった気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら
「博士と彼女のセオリー」のレビューを書く 「博士と彼女のセオリー」のレビュー一覧へ(全199件)
「博士と彼女のセオリー」の作品トップへ