シアター・プノンペン

劇場公開日

シアター・プノンペン
16%
64%
16%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これが初監督作となるカンボジアの新鋭女性監督ソト・クォーリーカーが手がけ、2014年・第27回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した作品(映画祭上映時タイトル「遺されたフィルム」)。カンボジアの首都プノンペンに暮す女子大生ソポンは、ある日、映画館で1970年代のポル・ポト政権下に作られた古い映画の存在と、そこに若き日の母が出演していたという事実を知る。しかし、母は自分が女優であったことを全く語ろうとしない。その映画をどうしても見たいと思うソボンは映画のフィルムを探し始め、ポル・ポト時代に蹂躙された母国の映画史を発掘していくことになる。

2014年製作/105分/カンボジア
原題:The Last Reel
配給:パンドラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2014 HANUMAN CO.LTD

映画レビュー

3.5メロドラマの背後に横たわる歴史の重み。

村山章さん
2016年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

1970年代に政治勢力クメール・ルージュによる粛清と虐殺の嵐が吹き荒れたカンボジア。その悲劇の歴史を踏まえた一種のメロドラマだ。

現代の女子大生が、もう営業していない映画館で館主がひっそりと映写していた映画を偶然見る。そこに映っていたのは若き日の母。なぜ母は女優だったことを隠していたのか? 彼女は真相への好奇心と老いた母親のために何かしたいという想いから、未完成の映画を完成させようと決意する。

歴史ドラマとしてもメロドラマとしても決して優れているわけではない。明かされる謎とその顛末も強引ではある。ただ、わずか40年ほど前に、同じ国民同士で殺し殺された事実がのしかかる。その時、父親や母親は、どちら側について何をしたのか?

時間とともに戦争の記憶が消えゆく日本にあって、この映画の「忘れてはいけない」という想いの真摯さと強さに胸を打たれた。まさに歴史を背負った作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

3.0カンボジアの今。

ハチコさん
2017年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

3.5過去と云うスクリーンが、映す未来

2016年8月10日
スマートフォンから投稿

誰しも、人に言いたくない過去は、あるわけで。それでも、過去と向き合うことで、新しい未来が拓けるとしたら…。
 パンフレット買ったんですが、監督さん、大変だったんですね。しかも、取材に行けば、「ルック オブ サイレンス」状態。(すごい映画です。観て損はありません。きっと。)監督さんが、その気になれば、恨み節炸裂ムービーにできたはず。それでも被害者も人なら、加害者も人、目線なのは、監督さんの人柄ですかね。
 過去は、弾劾するものではなく、もっといい未来(ラストリール)のために、あってほしいものです。恩讐の彼方に、赦しがあるなんて素敵な話です。と云うか、本作を創り出すまでの、監督さんの心情が、映画にできそうなくらい素敵です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
機動戦士・チャングム

4.0二重の悲劇を生きる

2016年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
monogusataro
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シアター・プノンペン」以外にこんな作品をCheck-inしています。