吠えても届かない

劇場公開日

吠えても届かない
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世間知らずの青年が一匹の犬を拾ったことをきっかけに、世の中の不条理や歪みを目の当たりにしていくさまを、哀愁を込めて描いたドラマ。居酒屋でアルバイトとして働く孤独な青年・佑司は、職場でも私生活でも外部との接触を極力避けて生きていた。しかしある日、犬を拾ったことをきっかけに紗季という女性と知り合い、彼女に幼い頃に亡くした母親の面影を見出す。母の愛に飢えて育った佑司は、次第に紗季にひかれていくが……。主人公・佑司を演じるのは、「探偵はBARにいる2」「行け!男子高校演劇部」などに出演した若手俳優・冨田佳輔。アルバイト先の居酒屋経営者・道重役で佐藤二朗が特別出演。監督・脚本は、多数の広告映像のプロデュースや演出、WEB短編映画などを手がけてきたマツムラケンゾー。

2013年製作/80分/日本
配給:Wonderhearts Planet, inc.

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

映画レビュー

5.0じわじわくる系

2014年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

少年というフィルターを通して、この世の中の理不尽や不条理を描いた意欲作。。。観た翌日にジワジワと感動が押し寄せてくる感じ、、、。美しい映像と音楽。次々と理不尽で哀しい出来事が起こるが、最後は何故か救われる感じがする?
こういう邦画、最近無かったなって思う。つーか今まであったか?
ありきたりのようで、ありきたりじゃない。
新しい映画のジャンルを見つけてしまったかもしれない、、、。
佐藤二朗以外、知られた俳優は見当たらない。ただ、スクリーンという非日常の中に、非常に自然体で溶け込んでいる。
静かだけど、展開は早くて飽きさせない。
緊張感の中に差し込まれた笑いもツボ。
もう一度観たい、、、。むむむむ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画ラバー
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る