劇場版 零 ゼロ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
劇場版 零 ゼロ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シリーズ8作で累計130万本のセールスを記録した人気ホラーゲーム「零」の実写映画化。「多重人格探偵サイコ」「黒鷺死体宅配便」などで知られる大塚英志によるノベライズを映画化し、深夜0時に女の子だけにかかる呪いや、学園で起こる神隠しの真相に迫っていく2人の少女の姿を描く。閉塞感漂う山間の町にある学園寮に暮らす月守アヤは、「自分が死ぬ」という幻に襲われたショックで自室に引きこもってしまう。すると、学園内で生徒が次々と失踪し、水死体となって発見される事件が起こる。やがて亡くなった生徒たちが、生前にアヤそっくりの少女が写った写真を見ていたことが判明。アヤは、親友を失ったクラスメイトのミチとともに、事件の真相を追うが……。ファッション誌「Seventeen」専属モデルの中条あやみと森川葵が主演。「リアル鬼ごっこ」シリーズや「バイロケーション」など、ホラー作品を多数手がける女性監督・安里麻里がメガホンをとった。

2014年製作/104分/G/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原案
「零 zero」(コーエーテクモゲームス)
原作
大塚英志
脚本
安里麻里
製作総指揮
角川歴彦
襟川恵子
エグゼクティブプロデューサー
井上伸一郎
製作
安田猛
小沼修
藤岡修
襟川陽一
木村憲一郎
企画
菊池剛
プロデューサー
小林剛
稲葉尚人
今安玲子
撮影
月永雄太
照明
木村匡博
美術
古積弘二
録音
藤丸和徳
装飾
鈴村高正
編集
村上雅樹
音響効果
大河原将
スクリプター
小林加苗
アシスタントプロデューサー
新井宏美
助監督
海野敦
制作担当
鍋島章浩
花山康大
音楽
林祐介
主題歌
JAMOSA
音楽プロデューサー
和田享
VFXプロデューサー
井筒亮太
ラインプロデューサー
山形亮介
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2014「劇場版 零 ゼロ」製作委員会

映画レビュー

3.0水の上を歩くシーンが圧巻

2018年9月25日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

2.0うーん…

ルキアさん
2018年7月25日
iPhoneアプリから投稿

ゲームを実写化ではなく小説を実写化なのでゲームファンにはイマイチ感がすごいです
ホラー:サスペンス=3:7くらいのホラーサスペンス映画ですね
ホラー映画嫌いな人は見やすい作品にはなってると思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ルキア

3.0満点 ~中条あやみの美貌と魅力~

近大さん
2017年11月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

萌える

いつもながら元ネタのゲームは知らんが、公開時からちょいと気になってた作品。
と言うのも、主演の中条あやみにイチコロ!
本作ビジュアルで初めて彼女を見た時、本当に驚いた。なんちゅー美少女じゃ!
本筋にも触れてしまうので詳しくは言えないが、本作では霊的な役柄もあり、それがまた彼女のルックスや佇まいにぴったり。
文字通り、この世のものとは思えない美貌。
その美貌と相まって、女学生たちの前に幽霊のように姿を現すミステリアスさはゾクゾク。
「私の呪いを解いて…」と憑き纏われるのなら、憑き纏って欲しいくらい!(…と妄想爆発)
モデルとしてだけでなく、当然映画界が放っておく訳がなく、あっという間に売れっ子に。
映画デビュー作で主演、いきなり彼女の魅力をたっぷり堪能出来る。

もう一人の主演に、こちらも若手実力派として注目株の森川葵。
気になる可愛い女の子だらけで、得した気分!

すっかりミーハーな見方になってしまったが、作品の方の感想を。

ある山間の女学園寮にまつわる、女の子だけにかかる呪い。
その呪いを試した女学生たちが失踪し、変死する怪事件が発生。
呪いの原因と噂されるアヤと友人のミチは謎を究明しようとする…。

残念ながら怖さは皆無だが、ミステリアスなムードは悪くない。
それが、女の子同士の友情・恋慕など何処か儚く切なく官能的な百合の匂いとマッチし、耽美なムードを醸し出している。
が、話は今一つ面白味に欠けた。
オカルト的な要素を含みつつも、一応は“事件”。
真犯人はいるが、意外と言うより、えっ、あんたなの!?…と、ちょっと拍子抜け。
シスターの姉と障害持ちの弟とかも何か…。
それにしても、“メリーさん”とか“イタコの宅配便カップル”とか、可憐な女の子たちを取り巻くは、特異な人物だらけで…。
意外と面白かった『バイロケーション』の安里麻理監督と言うのも楽しみの一つだったのだが…。

ゲーム経験者からは“零点”級の酷評レビューが寄せられてるようだが、ゲーム未経験の自分としては、可もなく不可もなくのミステリアス美少女ホラー、何より中条あやみの美貌と魅力は“満点”であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.5中途半端

syocoa95さん
2017年1月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
syocoa95
すべての映画レビューを見る(全28件)