キル・ユア・ダーリン

11%
50%
30%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ビート・ジェネレーションを代表する詩人アレン・ギンズバーグが大学時代に巻きこまれた殺人事件の顛末を、「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ&「アメイジング・スパイダーマン2」「クロニクル」のデイン・デハーンという注目の若手俳優共演で描いたドラマ。1944年、詩人の父を持つアレン・ギンズバーグは名門コロンビア大学に入学するが、大学の堅苦しい教育方針に不満を抱くように。そんなある日、型やぶりで知的な美青年ルシアン・カーと出会ったアレンは、ルシアンを通してウィリアム・バロウズやジャック・ケルアックらと出会い、親交を深めていく。魔性の魅力を放つルシアンに友情以上の思いを抱きはじめるアレンだったが、ルシアンは旧知の同性愛者デビッド・カマラーから執拗に言い寄られており、そんなカラマーの存在がやがて悲劇を引き起こすことになる。

2013年製作/103分/アメリカ
原題:Kill Your Darlings

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0デインデハーンの愛らしく放っておけない雰囲気にダニエルラドクリフの...

2021年10月27日
iPhoneアプリから投稿

デインデハーンの愛らしく放っておけない雰囲気にダニエルラドクリフの古風で人間思いな演技がぴったりだった

ハリーポッターシリーズ以外の彼が見れてよかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
その辺にいるJD

5.0The New Vision

2021年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

凄かった!これは作家や詩人の黎明期なんだな! また、この映画作品が3人の芸術家の新文化の芽生え、50年代に起こって行く新世界をうまく表現してると思う。

アレン・ギンズバーグとジャック・ケルアックはよく知っているが、あとは誰も知らなかった。ウィリアム・バロウズも聞いたことがなかった。映画を観る前に、この二人は著名な作家だが、後の人々はどんな関係があるんだろうかとか、ギンズバーグとジャック・ケルアックとはコロンビアでどんな友人関係を築き上げたのだろうとか考えた。
私の娘はジャック・ケルアックの『On the Road (路上)』を読んでいたので私は彼についてはかなりよく知っていた。 文無しのジャック・ケルアックはこの長編小説で脚光を浴びたと聞いた。7年(???)ぐらい山にこもっていて、その後、この作品を3週間で書き上げたと読んだ。この映画でギンズバーグもこのような勢いてタイプライターに向かって原稿を書いていたので被った。
コロンビア大時代の逸話を初めてこの映画で観て、驚いた。それも、本当の話をベースにしていると字幕に書いてあった。アレン・ギンズバーグは大学生の頃も『爆発』がピッタリ合う性格だったんだ。

アレン・ギンズバーグの詩歌、はっきり言って、社会政治批判の散文詩のようで、ヒップホップ調に詠じるのを聞いたことがある。ポールマッカートニーのギターで叫ながら朗読したものだ。 この原動力になったのが、コロンビア大学時代なんだ! なるほど。

それに、40年代大学生だから、この映画ではキャンパスに女性が数人しかいないというよりいることに驚いた。当時の伝統は女性は主婦になって子供を産んで育てるということで、ル-ス ギンツバーグ(最高裁の判事)のように1954年に大学を卒業したときですら女性は主婦と決まっていたらしい。

フランスのアルチュール・ランボーのような詩歌を愛する、その時代、思春期を迎えた、青年たちが、ホモセクシャルに走らないはずはないと思ってみていた。それに、米国19世紀の「自由詩の父」ウォルトウィットマンの詩もランボーように思われたかもしれない。(?) ルシアンが持っていたイェイツの詩集『 A Vision』も当時憧れだったのかも?
でも、痴情の縺れで殺人にまでに発展するとは?! それも、シカゴでガス自殺を図ったルシアンを病院に運び助けたのはデビット。それに、アレン・ギンズバーグに弁護させ片棒を担がせるとは。それにもまして、この痴情の縺れをThe Night in Question(ぴったりの題だね)という論文にして、伝統的なステーブ教授やアカデミックディーンにまで読ませるとは。また、アレン・ギンズバーグを目の敵のようにしたカチカチのステーブ教授が『続けろKeep This, Keep Going』と論文を送り返してくるとは。それも、ウォルトジュニアー(ウォルトウィットマン二世と言う意味)と書き出しで、すごい!なんと勇気の出ることか。それに、最後の終わり方が好きだ。ラジオでフランスとヨーロッパが自由になって、やっと暗い時代が終わると。そして、アレン・ギンズバーグの人生も暗い部分が終わり、黎明にと。 これこそがThe New Vision。アレン・ギンズバーグの微笑みが心に残る。

アレン・ギンズバーグはすでに才能を大学時代で開花させていると思う。ルシアン・カーもジャック・ケルアックも感服して褒め言葉を与えている。 デビット(多分?)もアレン・ギンズバーグは世界を変えるかもしれないと敬意を表している。
ルシアンとアレンとジャックがボートの上にいて、アレンが詩を詠む。あくまで私感だが、この時のこの詩でアレンはすでに自分の詩文を確立しているんではないか?ルシアンは『斬新な言葉とリズム』という褒め方をしている。 アレンはボートを盗んだのに自分のアイデアからだと学校側に伝えてたことにより、ルシアンを助けている。ここで、二人でいるからこそ、世界を変えることができると言ってると思う。 しかし、そうは問屋が卸さない。

かっこいいシーンはジャック・ケルアックと奥さんが二人で送られてテープを聞いていて、Shelly's Elegy for Keats という。その時奥さんが 『どういう意味?』と聞く。ジャック・ケルアックは『死だ』と。これがデビットの死に結びつけて脚本が出来上がっている。 私はこの詩を知らないので、反応はこの奥さんと同じ。

ルシアンは才能を爆発できないのか、書く才能がないのか、私にはわからないが、最終的にはUPIの編集者を2005 年まで勤めると字幕に。ウィリアム・バロウズはデビットと友達で、この事件を小説『Junkie and Naked Lunch』として原稿を書いたが、60年間出版しなかったと。 それに、アレン・ギンズバーグはルシアンに捧げるとして作品を描いているがルシアンは全部名前を落としてくれと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice

3.0ビートニク前夜

2021年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ラドクリフ君がギンズバーグの若い頃って容姿に説得力あり過ぎな存在感、もっとビックリしたのはバロウズを演じたベン・フォスターにエンドロールまで気付かなかった、特徴的な声など実に様になっていた。

ビート・ジェネレーションを代表する三人の青臭い青春時代の中心にいたのは最も有名にもならず才能すらない男、なんとなくニール・キャサディ的な立ち位置を感じてみたり、至って普通に生きた一般人なわけで。

歳も考えずに若者と一緒になってヤンチャな行動に混ざるウィリアム・バロウズの破天荒なスタイルがイメージ通りな人物でもある。

豪華なキャスト陣とそれぞれが的役の中、ジャック・ケルアックだけは似付かない不満が残る。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5綺麗。適度に暗い青春。

さん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿

綺麗。適度に暗い青春。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
卵
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る