フットノート

劇場公開日

フットノート
13%
56%
25%
0%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ボーフォート レバノンからの撤退」のイスラエル人監督ヨセフ・シダーが監督・脚本を手がけ、2011年・第68回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞、第84回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた人間ドラマ。大学教授のエリエゼルは長年にわたって宗教学を研究してきたが、今ひとつ成果を出せずにいた。一方、同じく宗教学を研究する息子のウリエルは、学会から高く評価されていた。そんなある日、エリエゼルに有名な賞が贈られるとの報せが届く。しかし、実はその賞はウリエルに授与されるはずのものだった。世界三大映画祭の受賞作で日本未公開の作品を初公開する「三大映画祭週間2014」にて上映。

2011年製作/103分/イスラエル
原題:Footnote
配給:熱帯美術館

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

ノミネート

外国語映画賞  

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞

コンペティション部門
脚本賞 ヨセフ・シダー

出品

コンペティション部門
出品作品 ヨセフ・シダー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2011 All Rights Reserved Footnote Partnership

映画レビュー

4.0コメディーみたい。

ku-chanさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

知的

イスラエルのヘブライ大学で教えている親子(父と息子)。息子は有名でカリスマ的な教授。でも父親は頑固で教え方も古いさえない教授。イスラエル賞(イスラエルの文化人にあげる賞)が果たしてどちらに行くかという心理描写のよくできている映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan

2.5なんとも不思議な…

chibirockさん
2014年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

イスラエルが好きだもので、これはと観てみましたが…

同じ仕事に従事する、息子と父親の複雑な心情が、こまか~く巧みな演出で見事に表現されています。
が、テンションが一貫していないので、イマイチのめりこめない。
コミカルにもってきたいのか、掴みどころなくぼんやりとさせたいのか、どっちかにしてほしかった。
それも含めて、珍しい作風に仕上がってるけども…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
chibirock
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る