ミッション:15

劇場公開日:

ミッション:15

解説

心理実験でエレベーターに閉じこめられてしまった3人の米軍兵士がたどる運命を描いたソリッドシチュエーションスリラー。ワシントンD.C.の米軍医療施設で、戦場での異常な経験からPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱える帰還兵たちへの治療カウンセリングが行なわれていた。アフガニスタンで敵から拷問を受けた女性大尉ホワイトは、カウンセリングを終えて帰宅しようと乗りこんだエレベーターで、女性と子どもしかいない施設を爆撃したオールズマン軍曹や、敵に急襲され仲間を助けられなかったディエゴ上等兵と乗りあわせる。するとエレベーターが急停止し、3人は閉じこめられてしまう。やがて、彼らのもとにワシントンD.C.が核攻撃されたとの情報が入り……。

2013年製作/85分/PG12/イギリス・アメリカ合作
原題:Event 15
配給:プレシディオ
劇場公開日:2014年5月31日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Event 15 AG/Millbrook Pictures 2013

映画レビュー

4.5見応えのある作品です

2024年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:その他

興奮

知的

登場人物はたったの6名、エンディングの無音ビデオ映像の人物を加えても10名以下。描かれる場面も殆どがエレベーター内と事務所。
それでも脚本が素晴らしいと、これ程の秀作を創れるという事なのでしょう。感心致しました。
主演のジェニファー・モリソンは適役でした。美貌と兵士らしい動きは素敵。吹き替えの声も良い。
ただカメラワークと無音時間の活かし方、それと映像編集は手抜きとハッキリ分かるほどのレベルなのでマイナスです。

最近観た作品では、エンディングの字幕スーパーを見ながら余韻に浸ることが出来た秀作です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
灘波蔵人

2.0映画のレベルやないな

2015年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

事前知識無しで見たから、あぁそういう内容なんやと途中で気付きはしたものの、広がりがなくストーリーも映像も驚きはなし。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
JK

3.0情報公開の難しさ

2014年11月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 0件)
ゴッチン
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る