鳥の歌(1995)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南米ボリビアでアンデス先住民の価値観に基づく作品をつくり続けてきた映画制作集団「ウカマウ」が、1969年の長編作品「コンドルの血」の撮影中に体験した出来事をもとに、映画スタッフと先住民の価値観の違いから起きた対立と葛藤を描いた作品。ボリビアの映画制作集団が、16世紀にアンデスを“征服”したスペイン人遠征隊を題材にした映画をつくるため先住民村を訪れる。ところが、村人たちは彼らに非協力的で、撮影は一向に進まない。映画スタッフたちは、いつしか自分たちが村人に対し、スペイン人征服者と同じような偏見に満ちた振る舞いをしていることに気づく。

1995年製作/100分/ボリビア
原題:Para recibir el canto de los pajaros

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ベアトリス・パラシオス
脚本
ホルヘ・サンヒネス
撮影
ラウル・ロドリゲス
ギレルモ・ルイス
セサル・ペレス
音楽
セルヒオ・プルデンシオ
  • ジェラルディン・チャプリン

  • ホルヘ・オルティス

  • ギド・アルセ

  • リネス・エルバス

  • マルセリーノ・グスマン

  • タチアナ・アビラ

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る