劇場公開日 2015年3月13日

  • 予告編を見る

「私は機械では有りません」イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

3.9379
29%
57%
13%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0私は機械では有りません

2018年12月31日
PCから投稿

推理物と勘違いしていた。同性愛、発達障害、個性、いじめ、偏見、友情、ありとあらゆる人間が人間であるために、人間であるからこそ、大切なこと、向き合うべきことが詰め込まれている。

キーラナイトレイがこれ程に演技が出来るとは!
まさに、予想もしない人が、予想もしない偉業を成し遂げる。

ゲイが犯罪であるなんて。
孤独である必要はないなどと、傍観者だから言えること。

キーラナイトレイの演技も素晴らしいが、そのモデルとなる女性も素晴らしい。
ゲイの婚約者を友として愛し、離れてもなお尊敬と慈愛の絆を忘れない。
涙無くして観れない物語です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のレビューを書く 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のレビュー一覧へ(全379件)
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」の作品トップへ