劇場公開日 2015年1月23日

  • 予告編を見る

ビッグ・アイズ : 映画評論・批評

2015年1月20日更新

2015年1月23日よりTOHOシネマズ有楽座ほかにてロードショー

ティム・バートンらしい明暗と名演合戦にゾクゾク!

先頃、東京で開催されていた「ティム・バートンの世界」展の盛況ぶりには驚かされた。老若男女、まだ小さい子どもまでもが押し合いへし合いをしてティムのアートを見ている。ユーモラスでいてグロテスクでもある画風に「キモカワ~!」と魅せられる女子高生がいれば、怖がる小学生も。ショップではシュールな絵がプリントされたパッケージ入りお菓子が飛ぶように売れていく。へえー!

こんなに広く人気を集めるなんて、描いたときのティムは思いもよらなかっただろう。もちろんうれしいとは思うが、面食らっている部分もあるんじゃないか? とくにキャリアの初期、ディズニーでは大衆に受けようなんて狙いを持てず、日の目を見ることがなかった孤高のアーティストだ。「ビッグ・アイズ」のマーガレット・キーンを見ていると、そんなティムが彼女に共鳴したのがよくわかる気がする。

題材は60年代初めに起きた、佐村河内ナニガシもビックリのゴーストペインター事件。マーガレットが描く、大きすぎる瞳に悲哀の色を浮かべた女の子のアートシリーズが爆発的な人気を博すが、世間では夫のウォルターの描いたものだと思われていた。口のうまいウォルターが内気な妻を言いくるめ、自分の筆だと偽って猛烈な売り込みをしたからだ。妻ほどの画才がなかった夫は、商才と人を騙くらかす才能でアート界のスターになっていく。絵をコピーして売りまくり、“ポップアート”を先導したのはこのウォルターだ。彼の功と罪、アートと商売というジレンマ、ポップであることの喜びとそら恐ろしさを皮肉たっぷりに浮かび上がらせるあたりは、さすがティム。しかも、ユーモアたっぷりに!

というふうにティムらしさを見つけていくのも面白いのだが、この映画をこれほど面白くしたのは主演の二人かもしれない。複雑な葛藤を微妙な、そして絶妙な表情でぐいぐい伝えてくるマーガレット役のエイミー・アダムス。そして理不尽極まりないのに滑稽で哀れで、チャーミングとさえ思わせてしまうウォルター役のクリストフ・ワルツ。ゾクゾクさせるこの名演、これぞアートなのである。

若林ゆり

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ビッグ・アイズ」の作品トップへ