劇場公開日 2017年5月20日

  • 予告編を見る

夜に生きるのレビュー・感想・評価

3.357
8%
50%
36%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全57件中、1~20件目を表示

3.5「ザ・タウン」の別バージョンのようにも感じられる一作

2017年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0映像美も楽しめるギャング映画

2017年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

禁酒法時代のギャングを描く映画というと、古色然とした映像タッチになることが多いが、このベン・アフレック最新作はクリアで高精細な映像美を追求した印象。マイケル・マン監督の「パブリック・エネミーズ」も似た傾向があったが、あちらはデジタルカメラ特有の冷たさが気になったと記憶している。本作はクールだが味わい深い絶妙な映像に仕上げてきたように思う。

中盤まではアクションを比較的抑えめに進めるぶん、終盤のホテルでの銃撃戦シーンが大いに盛り上がる。アフレックの仏頂面も、感情を押し殺すこのキャラクターにプラスにはたらいたようだ。アクションといえば、屋上から人を突き落とすシーンなど、VFXをさりげなく使ってインパクト大の効果を生んでいる点でも楽しませてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.5無法地帯

たけおさん
2019年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

ギャングが好き勝手なことをはしていた中で生きる男の生き様です。
かなりチープなどんぱちは多いですが、飽きせずに流れが良かったです。
また、いい役者がたくさん出ているのも見どころです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

3.0ブレンダン・グリーソン祭りー

なおさん
2019年6月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ここでは厳格な警察官の父ちゃん役。好感の持てない人物だが、この父親との関係がメインの筋かと思ったら…。
役の上でもアイリッシュだと明言されている役が多い気がするが、アイリッシュとはっきりわかるような特徴があるのだろうか。

ルヘインの原作は未読。正直なところ、出所するまでの父親との関係をもっとじっくり描いて欲しかったが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.0ベン・アフレックによる語りで進むハードボイルド風作品でもあり、一味違ったギャング映画だった。

kossyさん
2019年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 簡単には説明できないくらい、人種問題、政治問題が絡んでいて、最初はアイルランド系とイタリア系マフィアの対立というお馴染みの構図から始まり、ベン・アフレック演ずる主人公のジョー・コフリンが父親(ブレンダン・グリーソン)が警察幹部であることから、なんとかマフィアの傘下ではない少人数の強盗グループで生きてこられた。しかも、アイルランド系ギャングのボス・ホワイト(ロバート・グレニスター)の情婦エマ(シエナ・ミラー)と愛し合っているという、一歩間違えれば即暗殺という立場にあった。やがて、ジョー自身はアイルランド系であるものの、愛人関係を嗅ぎつけたイタリア系マフィアのマッソ・ペスカトーレ(レモ・ジローネ)に誘われることになる。そして、情婦エマは自動車事故で死亡・・・

 失意のもと、ホワイトに対する復讐心のみでペスカトーレの部下となり、中西部に逃げたホワイトを追うように、フロリダ州タンパを任されることになったジョー。禁酒法時代、密造酒で瞬く間にのし上がっていったジョーだったが、そこでは警察署のフィギス本部長(クリス・クーパー)との密約があったからだ。ボストンでは父親の庇護のもとで刑も軽くなったし、今度は汚職警官かよ・・・といった感じで、とにかく悪はこうして蔓延っていく光景を見せつけられる。

 タンパでは仕事仲間であったグラシエラ(ゾーイ・サルダナ)と恋愛関係になったジョー。アイリッシュと黒人という組み合わせも人種問題を打ち破る自由人ぶりだったが、ここでは対立するマフィアもいなくなり、KKKが彼らの行く手を阻むのだった。KKKの白人至上主義はマフィアよりも怖いことを見せつける。ジョーたちが経営するレストランでも平気で銃を乱射し、爆破もする。仕切っているRDという男と交渉しようにも埒が明かない。何しろRDはフィギスの義理の弟だったのだから・・・

 そんな困難を打破できたのはフィギスの娘ロレッタ(エル・ファニング)がカリフォルニアで薬物中毒になっていた写真を入手したからだ。なんとかカジノを建設できるようKKKに一撃を与えたのだが、彼女が更生してキリスト教に盲信して聖母のような存在となり、カジノ建設をも思いとどまらせることになる。彼女を殺せば上手くことが運んだだろうにと、やがてボスのペスカトーレが乗り込んでくる・・・

 ギャング映画というより、人種問題をテーマにしたジョーの半生といった作品(ただし、ジョー自身は人種のことに無頓着)。タンパの地下通路や脚本家であるジョーの兄なんて伏線もしっかり回収し、冷酷な裏社会の中にあっても愛を貫く男が描かれていた。汚いことは相棒のディオン(クリス・メッシーナ)に任せきりで、人殺しが嫌いだという設定も面白い。最後の映画館ではヒトラーも登場してくるが、第二次大戦までは予測できてなかったんだなぁ。そして、今や日本もギャングが絡んでるカジノを建設できる国になったんだという嘆かわしさ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0親と子と、悪と善と

2018年11月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

デニス・ルヘインの「運命の日」に続くコグリン家の話。

「運命の日」の映画化をずっと希求するも大作過ぎるからなのか映像化はされず、息子の話の方が映画化された。こちらの原作は積読なのだが、映画はしっかりと楽しめた。

相変わらず登場人物が多く、さらに「皆まで言うな的」な場面転換が続くためで頭の中を整理しながら観ることに。

自由は誰にでもあるが、皆が自由を目指すと悪に、自らの自由を他者のために制約する時は善に、という相反する理不尽さが根底に流れ、それを象徴するような形で物語が進んでいく。

おそらく原作には映画の尺で描ききれない重厚な設定や語り口が満ち満ちていると思われるので本棚から探し出してみよう。

ベンアフレック、昔はスリムだったけど、体型はすっかりオッサンになってしまって、それが気になってやや集中を欠くかな…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
北のやまさん

3.5完成度高いけど

2018年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

完成度高いけど、題材がありふれているかな。禁酒法時代のギャング。
で、この映画主人公は、ギャングだがどこか紳士的。自堕落なところはなく、道徳的な振る舞いをする。
それをベン君が演じているわけで、「ひねりがねえなあ」と、ちょっと思う。正統派すぎる。ラストではきれいに人生を語る。まあ、そこがよかったりもする。
たぶんこれはギャング映画ではない。ギャング映画は死生観と美学。
アルゴのあととあって期待しすぎた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
okaoka0820

3.5ダブルのスーツで更に大きく

サラさん
2018年7月12日
iPhoneアプリから投稿

ベンアフがダブルのスーツを着ると更に大きく見える。ギャングものはいつ殺られるかとハラハラしますね。彼の人生はこれで良かったのか...渋い作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サラ

3.5淡々と話が進むギャング映画

2018年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公のギャング半生物語。
前半は「内容薄いのかな〜」と心配してましたが、主人公がボストンに渡って活動する位から面白くなりました。
ギャングものですが、凄い銃撃戦がある訳ではありません。人間ドラマに重点を置いてます。
アメリカの時代(移民者、禁酒法、KKK)も楽しませてくれるので歴史勉強にもなります。
(ボリュームある題材の割には扱いはあっさりしてますが)

普通に面白かったですよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
巫女雷男

4.0奇をてらわずクラシカルで美しい

2018年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作を読んでみたくなった。地味ではあるものの画になるし格式を感じる禁酒法時代のギャングモノ。すぐぶっ放さずでもクライマックスでトンプソン撃ちまくる爽快感。
エンディングテーマもあってる。
タンパ、マイアミの川、海、橋の景色が美しい。
最後のシエナミラーのクズっぷりが見もの。イギリスのドーチェスターってそんなに底辺の街なのか。
ゾーイサルダナは相変わらず細い、細過ぎ。
ブレンダングリーソンの親父っぷりがいい。
エル・ファニングも魅せる。
ポスターのシーンがクライマックスとは。
母を失う男家族三代記。
第一次世界大戦に行って誰の命令にも従うのをやめたアウトローの物語。
なるべく人は殺さず正直に夜に生きる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.5夜への憧憬

ひろちさん
2018年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

愛国心、正義、平等、公正、常識、モラル等は、反する事は許されず、守る事が義務となる。また、組織に所属していれば、これらの義務は自分では決められず、指図に従うが、その指図が必ず正しいとも限らない。これらの義務を無視して自分のルールを決める、反社会的サイコパスは願い下げだ。だが、自己都合を優先して夜に生きる。男にはそんな願望がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろち

3.5レビュー

2018年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ベンアフレック監督・主演、ディカプリオ製作、エルファニング出演と、この字面だけでもお腹いっぱいだが、内容も展開がいくつも用意されており、濃いストーリー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みそしる

3.0正統派ギャング映画

2018年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

単純

興奮

父親が警視正の家庭で育った主人公(ベン・アフレック)は第一次世界大戦に出征した後、ならず者になって帰ってくる。
強盗を繰り返し、ボスの情婦と恋仲になってしまう。
三人の女性が登場、エル・ファニング、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナと個性派をそろえている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5現実味のあるギャング映画

素子さん
2018年4月3日
iPhoneアプリから投稿

アクションが比較的に抑えられていて、人間ドラマに重点が当てられていることがとても良かった。父親との確執、マフィアの愛人との別れと再会、KKKやロリッタの宗教色、細部までいろんな現代にも通じるアメリカの社会批判が込められていて、なおかつ成功と代償、筋書きが良くできている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

3.5与えられた人生はひとつだけ、それを生きる

ゆきさん
2018年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

禁酒法時代のボストン。父に反発しギャングの世界に足を踏み入れていく男の人生を描く。

「悪事は不況知らずだ」そんな優雅にかます男達も結局、因果応報な運命には逆らえずなんですよね。
禁酒法の時代を詳しく調べてみたら何とも穴の多い法律だこと。
征圧された生活の中で娯楽のお供となる女性たちはどんな存在だったんだろう。
自己主張なんて可能だったんでしょうか。そんなことも考えながらの鑑賞。
原作を読んでみたくなりました。
男性陣のセットアップにハットのスタイルは素敵。
ただエル・ファニングを筆頭に女性キャストをもっと艶やかに撮ってほしかったなぁ。

完全にベン・アフレック堪能目的でしたがやっぱり「パパが好き」に落ち着く。「ゴーン・ガール」のときのダメ男も捨てがたいけれどへたくそに笑う「パパ」なベンアフが好き…!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆき

2.5駄作

myaa1969さん
2018年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

抑揚もない駄作。興奮や感情の機微を感じたい人にはお勧めできません。暇つぶしの2時間にももったいないかも。劇場で観なくてほんとによかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
myaa1969

3.0良い映画

stoneageさん
2017年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ギャング物なんだけど、なんか違う?…今だに頭の中はゴッドファーザーがこびりついとる…俺の頭が錆びついとる(笑)映画は面白かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.5順当なノワール映画

shotgunさん
2017年11月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

殺しを好まず、どの組織にも属さないジョーはある組織のボスの娼婦と恋に落ちる。しかし、その事が彼の道をさらなる闇に染め…。
B・アフレック監督脚本主演作。禁酒法の時代を描いたノワールで最後まで予想の域は出ないが淡々とした雰囲気は好き。E・ファニングがとにかく可愛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

アフレックの2流品

そんぼさん
2017年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

たぶん、導入部の写真をみるとアメリカ人はぐっとくると思う。
建国と正義と、そして義務と責任。禁酒法が悪かったとは思わない。ひとは右へ左へと右往左往する存在だ。国もおなじだ。禁酒法時代の話は、面白いし、ぼくも大好きだ。だから、たくさん観てきた(笑)それは、きっと日本的な管理社会と対局だったからなのかもしれない。
つまり、個人の自由度が高くて、起業のチャンスが高かった。当時はひとを殺し、いまは業態をAIとロボットで変革する。どちらも殺すことに変わりない。それが時代だ

ベン・アフレックらしくなくて、全体はどうでも良い映画になっている。演技は良いけど、映画はむずかしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そんぼ

3.5大人のTHEギャング映画

yookieさん
2017年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

近年の活躍が目覚ましいベン・アフレック。ゴーン・ガールやザ・コンサルタントなど、次々と面白い作品への出演や製作に関わっています。自らがメガホンをとり主演も務めた本作も、映画愛に溢れた上質な”THE映画”でした。とにかく映像が、どこを切り取ってもカッコイイ!時代感の演出、ギャングや宗教の世界観を怖くもあり美しくもある描き方をしていて、本当に素晴らしかったです。何よりストーリーが面白く、成功と墜落を繰り返しながら登り詰めていく波乱の人生にハラハラさせられながら、哀愁たっぷりの締め括りにジーンとなる終幕。あぁ〜いい映画観たなぁ〜という気持ちになります。主人公ジョー・コフリンを演じたベン・アフレックはもちろん、父親役のブレンダン・グリーソン、ロレッタ役のエル・ファニング、最愛の妻を演じたゾーイ・サルダナ(肌を青く塗ってないと、こんなに美しいお方なんですね笑)、そして相棒役ディオンを演じたクリス・メッシーナさんと、最高の演技を見せてたと思います。エンドロールで驚いたのは、製作にレオナルド・ディカプリオの名前が!大人のギャング映画、上映館数少なめですが、劇場鑑賞マストです。オススメです!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yookie
「夜に生きる」の作品トップへ